店舗の片づけ!片づけをしなかった結果、ゴミの山が誕生…

店員Kです!

お店で働く皆様、お店の事務所の片づけなどは
ちゃんとしていますか?
中にはしていない(もしくはさせてくれない)お店も
あるのではないでしょうか?

しかし、事務所もちゃんと片づけをしなくてはダメです!
片づけをしないとどんどんゴミが溜まっていき、
大変なことになります。

私のアルバイト時代、当時の店長は
「片づけの出来ない」方でした。
そして、アルバイトの私や、他のアルバイトスタッフさんが
片づけようとしても
「それは使うかもしれない」
「それはあとで…」
などと言われてしまい、全く片づけのできない状態…。

その結果、お店に色々な不都合が生まれることになってしまいました。

今回は事務所を片づけなかったことにより
お店がどんな状態になってしまったかを書いていきます。

これを読めばきっと、
お店の事務所を片づけたくなるはずです(笑)

スポンサーリンク

片づけはしっかりと

ついつい、お客様の目に届かないところは後回しに
なってしまう、という気持ちも分かります。
しかし、それでもやはり片づけはしなくてはダメです。
何より自分自身、従業員が働きにくいですし、
もしもお客様から見えたり、視察しに来た本部社員などに
見つかってしまっては怒られるかもしれません。
なので、片づけはしっかりとやらなくてはいけないです。

何を溜めていたのか?

この時代の店長が溜めていたのは過去の会議資料や伝票、
そして店長が「コレは後で使うかもしれない」と思っているモノでした。
基本的に紙類やポスター類は全部事務所のその辺に投げられており、
「絶対に使わないだろう」と思うモノも、店長に聞いたところ
「それは後で使う!」と言われたので、事実上片づけできない状態でした。

片づけなかったことによる弊害

上でも書きましたが私のアルバイト時代の店長はなかなか
片づけることができないだけでなく、私のようなアルバイトが
片づけようとしても、理不尽にも逆に怒られてしまうような
状態でした…

「そういう片づけは後で!」と
怒りっぽく言われ
「はい、すみません」とは言いましたが、
内心は「何で謝ってるんだろう(汗)」って感じでした。

しかもその”後で”が永遠に訪れないのも不思議。

①荷物の置き場がない

私のアルバイト先はもともとものすごく狭い店舗でした。
なので、人が通るのも一苦労。
そして当然荷物を置く場所もかなりギリギリだったのですが、
それをどかすことができない(怒られる)ので、どんどんたまっていき、
最終的には荷物の置き場が無くなりそうになるぐらいでした。
荷物も置けないバイト先…
イヤですよねぇ~

でも、片づけさせてくれない…

②重たすぎるコピー機

コピー機のカバーの上に大量の印刷物やPOPが。
なのでコピー機のカバーを持ち上げる際、
イチイチとても重い思い(洒落ではないw)をしなければ
ならず、とても大変でした。
本当に重かったんですよ…

店長が交代になって、全てのゴミを片づけ終わった後に
思わず私は

「コピー機ってこんなに軽かったんですね」と新しい店長に
言ってしまったぐらいです(笑)

「え…そうだよ~」と笑われましたがw

③モノが見つからない!

当然、店長の机の上も、作業する台も、コピー機の上も
どこもゴミだらけだったので、店長がモノを無くすことも
多かったのです。
しかも、その店長は気分屋。
自分でモノを無くしておいて一言。

「あれ、どこ行った?ねぇよ」
などと八つ当たりが始まるのです。

そして乱暴に紙を散らかし始める店長(イライラして)
正直、かなり苦痛でしたね…。

④休憩場所も…

酷い時は休憩するための机も紙で埋まっていることがありました。
もはや食事する場所がない。
しかし、当時の店長は、休憩すらほとんどとらないお方。
その本人にとって休憩など必要ないからか、意にも介する様子も
ありませんでした。。
流石にこれは「邪魔なので捨てていいですか」と言って
それでも嫌そうな顔をされましたが、なんとか処分しました。。
本当に、大変でしたよ(汗

⑤買取した商品がお店に出ない!

あまり利益の取れなさそうな商品などは「あとで」と称して
ヒマな時でも作業をさせてくれなかったので、本当に
低価格の商品がゴミのように溜まって行きました。
店長が異動直前になることにはダンボール10箱近く
溜まっていたのではないでしょうか。

しかし、中にはそういう懐かしいソフトや低価格のソフトを
探しているお客様などもいらっしゃり、
「〇〇ありますか?」と聞かれた時には不機嫌な店長の横で
大量のダンボールを開けて探す羽目に…。
正直、勘弁してほしい!と思いましたよ。。

アルバイトの抵抗

店長に片づけたい旨を伝えても、
片づけさせてくれない、なので片づけることができない…。
ですが、私も含めアルバイトスタッフ一同も黙っていたわけでは
ありません。

店長の意思に反するのはあってはいけないことなのかも
知れませんが、それでも黙っていてはゴミの山になってしまい
ますからね…。

店長は当初は全く休みませんでしたが、私や後輩のバイトさんたちが
なんとか説得して、そのころには少し休むようになっていました。

そして店長が休みの日、
私がサブ責任者のような形だったので、動きました。

店長が居ない間に、明らかに必要ないものは次々と捨てていったのです。
”思い込み”で捨ててしまうのは問題だと思いますが、
私は一応、契約社員Bだったので
ある程度、必要なモノ、そうでないモノは理解していました。

なので、店長のいない日に必死にゴミを捨てまくりましたね…。
とにかく捨てました。
本当に事務所がゴミの山になってしまうので
そうせざるを得なかったのです。。

しかも、店長は気づきませんでした。。
片づけられない人って、捨てられそうになると必死に反対しますが、
案外捨てちゃうと気付かないモノなのですよね…
悲しいことではありますが…。

ゴミ地獄からの解放!

しかしながら、その店長は突然異動が決定し、
新しい店長が後退でやってきました。
その方は正反対の片づけられる人。

今まで片づけたくてうずうずしていた私と
丁度意気投合(?)して、
貯まっていたゴミを一気に捨て始めました。

いやぁ…あの時は爽快でしたね。

休憩する事務机が広くなった気がしましたし、
荷物置き場もかなりスペースが空きました。
作業机の横のスペースには、空きスペースが出来、
先ほど書いたコピー機は”軽くなりました”(笑)

そして貯まりに貯まっていた古い中古ソフトたちも
一斉に処理し始めたので、1か月後にはかなりお店が
綺麗な状態になっていました。

正直、こんなに変わるのか…と驚いたものです。

後回しはダメ!

店舗における”片づけ”は後回しではダメです。
私のアルバイト時代の店長さんのように、後で!後で!と騒いでいると
上のようなゴミ屋敷…ならぬゴミ事務所が出来上がります!
そしてゴミ事務所での作業はかなり効率が落ちますし、
モノが混ざってしまって紛失した事例も何度もあります。
なので、多少先送りにするのは良いですが、必ずゴミは捨てましょう!

また、「使うかもしれない」という安易な考えでとっておくのも
おすすめしません。
その時”使う”と思わなかったものは捨てる。
そのぐらいでないと、事務所などすぐにゴミ貯めになってしまいますよ!

まとめ

事務所の整理整頓。要らないモノのゴミ捨て。
これは非常に大事なことです。
お客様から見えない場所だから・・・なんてことはダメです!
私は本当にきつかったです。。
そこまでのゴミ山になってしまうと片づけるのにも一苦労しますから、
日々ゴミは捨てるように意識しておくことをおすすめします!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする