健康診断で心陰影拡大と言われたら?危険なの?それとも…?

健康診断で
心陰影拡大(しんいんえいかくだい)と言われたり
そう検査結果に書かれたりしていたことの
ある人もいるのではないでしょうか。

心臓は人間にとってとても大事な部分ですし
そこに何か異常がある、なんて言われてしまえば
誰だって不安になってしまいますよね。

私も、以前、健康診断でそのような結果が
出てしまったことがあります。

では、これは何を示しているのでしょうか。
そして、どうすれば良いのでしょうか。
その点について、お話していきます。

そもそもどういうこと?

心陰影拡大とはそもそも何のことを言っているのか。
聞きなれない言葉だと思いますし、疑問に
思う人も多いのではないかと思います。
私自身も最初に見たときは「??」となりました。

これは、レントゲン撮影などを行った際に
心臓の陰影の幅が胸の横幅に対して大きくなっている
状態のことを言い、これが50パーセントを越えた場合
心陰影拡大という結果が出てきます。

つまりは心臓が大きく見えている、という状態ですね。

では、これは病気なのか、
どうすれば良いのかについて、解説していきます。

これは病気なの?

心陰影拡大は病気が原因の場合と
検査した時の状況が原因の場合があります。
前者の場合は、病気に応じて治療を
していかなくてはなりませんが、
検査が原因の場合(写り方が悪かったなど)は
病気ではありませんから治療の必要はありません。

また、実際に心陰影拡大が起きている場合であっても
大きな病気などが無い場合に関しては
経過観察さえ行っていれば
特別心配するようなことはありません。

実際に、心陰影拡大は病的なものが
原因でなくても、検査などで指摘
される可能性があり、案外、もう一度病院などで
改めて検査をしてみると、何でもなかった、
などということも多いのです。

もちろん、心陰影拡大の指摘があった以上、
本当に何らかの病気である可能性もありますから
しっかりと検査を行う必要はありますが、
健康診断などで、指摘されただけで
深刻に考えてしまうような必要はありません。

健康診断で指摘されたらどうすれば?

では、もしも健康診断で
心陰影拡大と指摘された場合は
どうすれば良いのでしょうか。

結論としては、
急ぐ必要はありませんが、
近場の病院などで、検査を受けて
病気が原因なのか
それとも検査の際にたまたま大きく写ってしまったのか、
ということだけは調べておいた方がより確実ですし、
一番良いと思います。
健康診断の結果に「要経過観察」などと書かれているのであれば、
翌年の健康診断まで様子を見てみても
構わないとは思いますが、
万が一ということもありますし、心配に感じるのであれば、
検査を受けておくことに越したことはありません。

健康診断による検査で、
何も異常がないのに心陰影拡大と
言われるようなことも時々あることで、
私も実際に一度、そう言われましたし
(のちに検査をしても、何の異常もありませんでした)
私の職場の人間にも、同じような人がいました。

と、いうことで健康診断で引っかかったからと言って
何か大きな心臓の病気になっているとは限らない、と
いうことです。

ただし、改めて検査をしてみない限り、
何か異常があるのかどうか、
それとも検査でたまたまそうなってしまったのかを
知ることはできません。
「たぶん大丈夫だろう」と思っていたら
実際には病気だった、なんて可能性もありますし、
逆にビクビクしていたら、なんともなかった、
などという可能性もあります。

が、自分自身でどちらなのかを知ることは
できないので、健康診断で引っかかった場合は
時間のあるときに、早めに病院に行っておいた方が
良いかと思います。
病気が隠れているなら早期発見できた方が
絶対に後々のためになりますし、
病気ではないのであれば、それをはっきりさせておくことで
余計な心配をしなくて済みますから、
悪い事は何もないのではないか、と思います。

どこで診察を受ければいいの?

心臓の検査が出来る病院で
あればどこでも良いかと思います。
会社(あるいは市など)の健康診断で
心陰影拡大と言われた、ということを
伝えれば、病院の先生が判断して
必要な検査を行ってくださると思います。

この検査を行い、異常がなかったのであれば、
特に心配する必要はないでしょう。

逆にもしも異常があった場合に関しては
しっかりと先生の指示に従い
治療を行っていく必要があります。

とにかく、まず再検査を受けなければ
結果は分かりませんから検査を受けることが
最優先になるのです。

どのような病気の可能性があるの?

もしも何らかの病気である場合、
どのような病気の可能性があるのでしょうか。

「心陰影拡大」の場合は
肥満、心不全、心臓弁膜症などが考えられます。
もしもこれらであった場合は、
先生の指示に従って対応していきましょう。

ただし、先ほどから書いている通り
心陰影拡大=病気というわけではなく
検査でたまたまそのように見えただけの場合も多いです。
再検査して、何事も無ければ心配する必要は
特にはないでしょう。

まとめ

私自身も会社の健康診断で
心陰影拡大と言われて、え?心臓の病気?と思ってしまったものです。
しかし、実際には再検査をしてみると
何事もなかった!というようなことは
よくあることで、私自身もそうだったので
あまり深刻には考えない方が
良いかと思います。

まずは再検査を行ってみて
それで何も出ていなければ、
特に心配する必要はないかと思います。

出た場合に関しても、しっかりと治療を
行うことで、早期対応することができますから
まずは検査!ということが大事になりますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする