飴を飲み込んでしまった場合の対処法と予防策まとめ!

店員Kです!

皆様は飴玉を舐めたりしますか?
飴を全く食べない人も居れば、
飴が大好きな人も居ると思います。

が、時として飴を飲みこんでしまうことも
ありますよね。
私も何度か、飴を飲み込んでしまったことがあります。

もしも、飴を飲み込んでしまった場合、
どうすれば良いのか、その対処法を書いていきます。

スポンサーリンク

アメを飲み込んでしまった!

飴を飲み込んでしまった場合、
基本的に心配する必要はないことが多いですが、
場合によっては急を要することになる可能性もあります。

飴を飲んでしまったあとに、どのような状況に
なっているかで判断する必要があります。

飲み込んでしまったのが自分自身であれば
状況が良く分かると思いますし、
子供や高齢者など、自分以外の人の場合は、
本人が判断できなさそうであれば、周囲が判断して
あげる必要があります。

緊急を要する場合

緊急を要するケースは少ないです。
飴が気管に入ってしまった場合、
もしくは喉などに詰まらせてしまった場合。
この場合は、急ぐ必要があります。

呼吸困難になったり、
激しく咳き込んだりした場合は、
詰まらせている可能性も高いです。

意図的にむせたり、背中を叩くなどして、
早急に吐き出す、もしくは吐き出させるようにしましょう。

状況によっては救急車を呼ぶことも視野に入れて
対応して下さい。
とにかく、吐き出させることです。

喉に違和感がある場合

喉に違和感がある場合でも、
呼吸などが普通にできていれば、とりあえず気にする必要は
ありません。
そのまましばらくすれば違和感もなくなるでしょう。

原因として「本当に飴が引っかかっている」場合と
「飲み込んだことによる気のせい」のどちらかです。

気になるのであれば、飲み物などを飲んで流し込むことを
目指すと良いと思います。
後は、放置しておけば良いかと思います。
飴は基本的に溶けていくものなので、万一、喉に残っていたと
しても、飴は自然と溶けていき、ラクになっていくはずです。

その他の部分の調子を崩した場合…

飴を飲んだ後に、頭痛がしてきたりだとか、
ドキドキしてきたりだとか、そういうことがある場合でも、
基本的に気にする必要はありません。

時々「飴を飲みこんでしまった!」という精神的な
状態から、体調が”悪い気がしてしまう”ことがあるようです。

が、上でも書いたとおり、飴が入ってはいけない場所に
入ってしまっていた場合、
普通にしていることはできません。
なので、普通に行動できている!という異常は違和感があっても、
スルーしておけば大丈夫だと思いますよ!

健康的に害は無いの?

その場で激しく咳き込んだり、呼吸困難になっていなければ、
基本的に問題は無いはずです。
しばらくすれば、違和感も無くなるはずです。
健康的な影響は無いはずですから、心配はしなくても大丈夫です。

ただし、上でも書いたように、
その場で苦しんでいる場合は、飲み込んだものを吐き出すように
しましょう。
無理な場合は救急車も検討して下さい。

飴を飲みこんでしまった後に、どうしても違和感が消えない!
という場合もあるかと思います。
多くの場合、飲み込んだ!という気持ち悪さから来る不快感などに
よるものだと思いますが、心配であれば、
医師に相談してみるのも良いと思います。

飴を飲み込まないために…

まぁ、一番良いのは飴を飲み込んだりしてしまわないことです。
飴を飲み込まないためには、どのようなことに注意すれば
良いのでしょうか。

・子供や高齢者に注意
飴を与えるときは、子供や高齢者には注意しましょう。
子供に飴を与えるのは、ある程度年齢が行ってからに
したほうが良いかと思います。
また、ご高齢者の方にも注意しましょう。
喉に詰まらせてしまったりした場合、大変なことに
なる可能性も否定はできません。

・寝ながら飴を舐めない
寝ながら飴を舐めるのは危険な行為です。
ウトウトしながら舐めるのも同じことです。
ふとした瞬間に飲み込んでしまう可能性もありますし
危険なので、アメは起きている間に楽しむようにしましょう

・悪ふざけをしない
悪ふざけをしながら飴を舐めるのも危険です。
急に、飲み込めてしまう可能性もありますから、
こちらも気をつけておきましょう。
あっ!と思ったときには、もう手遅れかもしれませんからね…。

・まとめて口に放り込まない
飴は1個ずつなめるようにしましょう。
当たり前のことですが、知り合いに欲張って2個ずつ、飴を
なめる人が居ました。
その人は別に飲み込んだりしてしまったことはなかったみたいですが
危険な行為であることに変わりはないので、
飴は1個ずつなめるのが、ベストです。

・飴で遊ばない
口の中でペロペロしてみたりだとか、そういうことはしないように
しましょう。
飴で遊ぶと、飴を飲み込んだりしてしまう可能性も
飛躍的に上がります。
私も小さい頃、ペロペロ遊んでいて飲んでしまったことがありますから
気をつけて下さい(汗)

こんなところでしょうか。
まずは、飲み込んだりしてしまわないように、
自分なりに注意することです!

まとめ

飴は、できる限り飲み込まないようにしたほうが良いですが
飲み込んでしまっても、気持ち悪いとは思いますが
詰まったり、呼吸困難になっていたりしなければ
ひとまず心配する必要はありません。

気持ち悪さも時間の経過と共に無くなっていきます。

が、やはり飴をなめるときはある程度注意してなめるように
しましょう!
何度も繰り返していれば、そのうち喉に詰まらせる可能性も
ありますからね…


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする