ネットに顔写真を載せることの危険性!知っておくべき危険な点

ネット

店員Kです!

SNSやブログなど、あらゆるネット関係のものが
広がり、昔よりも個人が色々な情報を発信しやすい
世の中になっています。

中にはツイッターやフェイスブックなどに
顔写真を載せている方も多いですよね。

ですが、ネット上に顔写真を載せる、ということは
どういうことなのか、
その危険性とリスクを知らないまま顔写真を載せている人も
多いのではないでしょうか。

今回はネット上に顔写真を載せることの危険性について
語っていきます。

ネットに顔写真を載せるのは危険

ネット上に顔写真を載せるという行為が
「危険」か「安全」か、の二択で問われれば答えは一つです。
「危険」です。
安全と言うことはありません。
それがブログであっても、ツイッターであっても、
その他どこであっても、です。

顔写真を載せるということは、常に危険があって、
リスクがあるということを理解しなくてはいけません。

みんな載せている、そう思う人も居るかもしれません。
が、載せている人の一部が悪用されたり、被害に
あったりしているのもまた事実です。

必ず何かトラブルに巻き込まれるとは限りません。
ですが、巻き込まれる可能性も常に存在する、というわけです。

そのため、顔写真を載せる前には
下記のような危険性やリスクがあることを
覚悟しておかなくてはいけません。

個人が特定されやすくなる

まず、当然ながら個人が特定されやすくなります。
仮に本名を載せていなかったとしても、もしもあなたのことを
知っている人が見れば、一発で誰だか分かってしまいます。

例えば、職場や学校の愚痴などを平気で書いていた場合、
顔写真を載せていれば「あ、あいつじゃん!」となって
しまうわけです。

また、顔が分かるだけでも個人情報の特定目的の人には
大事な”手がかり”になってしまいます。
顔から得られる情報も非常に多いのだとか。

なので、顔写真だけなら全然大丈夫だろう、というのは
非常に危険な考えです。

顔写真を載せる=個人情報を全て公開する
ぐらいに考えておいた方が良いでしょう。

一度出回った写真は消せない

一度ネット上に載せた写真は不特定多数の人間の
目に入ります。
中にはその写真をコピーしたり保存したりする人も
居るでしょう。

そうなってしまうと、あなたがSNSなどから写真を
削除したとしても、もう手遅れです。
自分の顔写真がありとあらゆる場所に広がり、場合に
よっては悪用されることもあります。

掲示板などに顔写真が使われてしまった場合、
笑いのネタとして使われ続ける可能性もありますし、
瞬く間に拡散されてしまって、取り返しのつかない
事態になってしまうこともあるのです。

宣伝素材にされてしまう

出会うことを目的としたサイトなどの、
自己紹介の写真にあたかも自分自身であるかのように
写真を使われるケースもあるようです。

使われたからと言って実害が出るかどうかまでは
分かりませんが、
他人が自分の写真を「これが私です」などと言って
使っているなんて、考えただけでも怖くないですか?

もしかすると、そこからさらに別方面に広まって
いく可能性もあるわけですし、
実際にこういったサイトに使われてしまうケースは
結構あるみたいですから気を付けた方が良いのは事実です。

怪しい連絡が増える可能性も…

顔写真に一目ぼれしてしまったり、
出会いを目的とした人から連絡が来てしまう可能性もあります。

自分の容姿なんて大したことないし…と考えている人は
特に注意です!
世の中にはありとあらゆる人がいます。
そして、ネットはありとあらゆる人間が見ています。

「自分の容姿なんて…」というのは油断です。
どんな容姿だったとしても、それを気にいったりする可能性も
あるわけです。

そうすると、容姿を気に入った人などから、連絡が
入るようになったりして、その対応や恐怖に追われることに
なります。

中にはSNSなどからストーカー行為に発展したケースも
あるみたいですから、
顔写真一枚でそんな大げさな…と思う方もいるかもしれませんが、
決して油断してはいけない事柄なのです。

悪用されるケースも…

最悪の事態を考えるのであれば、何らかの犯罪に
顔写真が使われてしまう可能性も考慮に入れるべきでしょう。
顔写真を悪用される、とは恐ろしいことです。

例えば極端な話、あなたの顔写真を勝手に使った
ツイッターアカウントが誕生したりするとします。
そして、そのアカウントが、いわゆる迷惑行為をツイートしたり、
犯罪を匂わせるような発言をしたらどうなるでしょう?

ぞっとしませんか?

恐らく、そういう発言をしたアカウントは瞬く間に
”炎上”します。
徹底的に叩かれて、アカウントの発言内容は拡散されるでしょう。

当然のことですが、その写真も拡散されます。

そして、炎上が起これば、あっという間に住所の特定だとか、
個人情報の特定だとか、そういう事態に繋がって行く可能性は
十分にあります。

もちろん、あなたの写真を悪用している人間ではなく、
あなたの情報などが出てきてしまう可能性が高いです。
恐ろしいことですよね。

さらには、事件性のあるような発言を偽物が行った場合、
警察の捜査対象などにされてしまう可能性もあります。

これが、顔写真による考えられる最悪のケースの一つでしょうか。

誰かが悪用しようと思えば、簡単に悪用できてしまうわけですから
覚悟が無い場合は止めた方が良いです。

勝手に友達の写真を載せるもNG

これは自分の事ではないですが、友達や知り合いの写真などを
載せるのもNGです。
それは何故かと言うと、自分はOKでも、相手は写真を
載せたくない、と思っている可能性があるためです。

もしも本人の許可なく、写真を載せた場合、その相手との間に
亀裂が入る可能性があります。

さらに、勝手に写真を使った相手の写真が上でも書いたように
万一、悪用でもされてしまった場合は、大変なことになる、
というのは安易に予想できるかと思います。

勝手に友達に写真を載せられて、その写真が他の第3者によって
勝手に悪用されてしまった…
そう考えれば、どんな風に思われるかは分かると思います。
恐らく、その友人との関係は破綻するでしょうし、
破綻するだけでは済まない可能性もあります。

安易に人の写真を勝手に載せる、という行為が相手の人生をも
狂わせてしまう可能性があるのです。

安全に顔写真を載せる方法は?

では、安全にネット上に顔写真を載せる方法はあるのか…。
答えを言ってしまえば、残念ながら「そんな方法はありません」
”安全”に顔写真をネットに掲載する方法なんて存在しないのです。

顔写真をネットに載せた時点で
「100%」の安全は失われます。
誰にでも目が触れる範囲に顔写真を載せた時点で、
そこには”危険”がつきまとうわけです。

ツイッターなどに鍵をかけたらどうか?と思う方もいるかもしれませんが
それでもやはり100パーセント安全、ということはあり得ません。
必ず、どこかに不安は付き纏うものです。

フォロワーさんの一人が写真を保存して、どこかに流してしまえば
もう安全ではない、ということです。

まとめ

ネット上に顔写真を載せる以上、
常に危険と隣り合わせになります。
もちろん、何事もなく、日常を過ごせている人、
何のトラブルにも巻き込まれていない人がほとんどなのも事実です。

ですが、自分の知らないところで顔写真が拡散されている可能性もありますし、
「全体の割合から見れば少数派の被害者」に自分が入ってしまうこともあります。

「自分は大丈夫」と油断してはいけません。
もしも顔写真を載せる場合は、紹介してきたようなリスクを背負う覚悟で
顔写真を載せるようにしましょう。