ネット上の知り合いが音信不通になった際の原因8つと対処法

ネット

店員Kです!

今の時代では、
実際に会ったことはないけれど、ネット上では知り合い、
みたいな関係
”ネット上だけの繋がり”もありますよね。

しかし、時としてネット上だけのつながりは、
突然音信不通になることもあります。

昨日まで普通にSNSやツイッター、ブログなどで
やり取りしていたのに、ある日を境に突然、何の連絡も
とれなくなった…。

これは一体、どうしてなのでしょうか?
今回の記事では、ネット上の知り合いが突然音信不通になった場合の
考えられる原因について書いていきます。

突然音信不通になる原因は?

ネット上の知り合いと突然連絡がとれなくなった…
なんてことは良くあることだと思います。
相手にも現実の付き合いがありますし、現実の生活があるはずです。
24時間ずっとネットにつきっきり!なんてことができる人は居ないでしょう。

ネット上の繋がりにおいて、
突然”音信不通”になるのには、必ず何らかの原因があります。
考えられる原因を、それぞれ順番に書いていきます。

①相手が忙しくなった

プライベート上で忙しくなると、人間は当然、
ネットよりもリアルの方を優先するようになります。
「ネットへの書き込みぐらい数分で出来るんじゃ…」と思うかもしれませんが
時間が無い人間にとってはその数分さえもおしいことも。

また、疲れていると、ネットを見る気にならず、
とにかく自分の体の疲れを癒すことが優先になったりすることも
ありますから、
忙しくなると、結果的にネット上では一切連絡がとれなくなる
可能性もあります。

このパターンの場合であれば、相手の忙しい期間が終われば、
また急にネット上に姿を見せる可能性はあります。

②ネットに接続できない状況になった

相手が、何らかの原因でネットに接続できなくなった
可能性もあります。

例えば、相手がスマホでネットを見ていた場合、
スマホが何らかの原因で壊れてしまえば、ネットを確認できなくなります。
タブレットでも、PCでも同じことですし、
WiMAX系の端末を使ってネット接続をしていた場合、
それが壊れてしまった場合でも、SNSやツイッターなどを見ることは
出来なくなります。

このパターンの場合で音信不通になっている場合は、
何日か空けば、ネット回線が復旧して、再び姿を見せるかと思います。

③相手に何らかのトラブル

急に連絡が取れなくなった場合、相手や相手の周辺で
何らかのトラブルが起きてしまった可能性も十分に考えられます。

私生活の方でトラブルが発生すれば、当然、大半の人は
ネットの方をしばらく見ることができなくなります。

「それどころではない!」という状態ですね。
例えば、身内が倒れたとか、重大な事態が起きたのかもしれませんし、
本人が体調不良だったり、
本人が急に倒れたりしている可能性もあります。

また、事件沙汰に巻き込まれている可能性だってありますし、
会社や学校などのトラブルに巻き込まれた、という可能性もあります。

考えられることは色々あるわけです。

私も実際に、仕事上の転機が訪れた際には
しばらくネット関連の方は一切見ることのできないタイミングが
ありました。このようなこともあるので、一応それも頭に入れて
おきましょう!

このパターンの場合も、ご本人の生活が落ち着くなり、
トラブルが沈静化するなりすれば
再びネットのほうにも姿を現す(?)かもしれませんから、
気長に待ちましょう。

④ネットに疲れてしまった

ネットって、そういうこともありますよね^^
ネットに疲れてしまって、ネット上の人間関係を一旦白紙に戻したい!
みたいな人も居ます。
ある日を境に、突然SNSやブログなどを止める人も居ます。

こういうパターンの場合は、どうにもなりません。
もう戻ってくる可能性は低いとは思いますが、
そっとしておきましょう。

私も、ネット上で突然消滅してしまった方を知ってますし、
私の旧勤務先のスタッフの一人も、
ある日ツイッターに疲れて、アカウントごと削除して、
ツイッターでやり取りしていた人たちとはそれっきり、
などと言っていました。

まぁ、寂しいかとも思いますが、
そうやって、気軽に関係をリセットできるのも、
ある意味、ネットの魅力でもありますからね。
飽きてしまったり、イヤになってしまった人を
引き戻すことは誰にでもできません。。

⑤あなたが嫌われた可能性

SNSやツイッターなどで音信不通…というよりかは、
あなただけが無視されている状態。
普通にSNS自体は更新されているけれども、
あなたが何か話しかけても返事がない、という場合は、
何らかの原因で、相手があなたのことを避けている、
もしくは怒っている可能性があります。

何か自分に思い当たることがあれば、
それを謝ってみるのも良いですし、
原因が分からなければ、一旦距離をとってみるのも
一つの方法ではあると思います。

⑥使うSNSを変えた

使うSNSを変更した可能性もあります。
SNSやネット関係のものって、結構時代と共に
移り変わっていきます。
ある日、急にSNSを変更する人も居ます。

もしも、今まで連絡をとりあっていたSNSで
連絡が取れなくなった場合、他のSNSなどの連絡先を
知っていれば、それで連絡を試みてみるのも一つの方法です。

⑦何らかの原因でロックなどがかかった可能性

ツイッターなどでは、突然アカウントがロックされたり、
凍結されたりする可能性もあります。
規約違反しているアカウントは当然、その危険がありますが、
時折、そうでないアカウントが凍結されてしまう可能性なども
あります。

その場合、突然、相手のアカウントが見れなくなったり、
削除されてしまう可能性もあります。

このパターンの場合は、アカウント凍結などになってしまった
本人が、何らかの方法であなたに連絡をとってくる可能性も
ありますから、待つしかありません。

⑧相手の身に何かが起きた

ネットで関わる相手は、当然人間です。
AIじゃありませんから、当然のことながら、
パソコンの中に住んでいるわけではなく、
現実の世界に住んでいます。

なので、相手の方本人が、何らかの事故だとか、
病気だとか、そう言った原因で倒れてしまったりだとか、
最悪の場合、命に関わる何かが起きてしまう可能性も。

③と同じようなことになりますが、
最悪のケースの場合は、二度と本人がネットを開けない
状態になってしまうことも考えられます。

相手と音信不通になった際の対処法

対処法としては、

「他に、その連絡がとれなくなった人と知り合いの人が居れば
その人に確認してみる」

「その相手の他の連絡方法(SNSなど)を知っていたら
それを通して連絡してみる」

などの方法もあります。

ですが、基本的にはネット上だけの付き合いの場合、
それ以上のことはできません。

最終的には、”待つ”しかありません。
もしかしたら、相手からまた、なんらかのリアクションが
忘れたころにあるかもしれませんし、
そのまま何のリアクションも無いかもしれません。

ですが、ネットではそういうことも良く起きるものです。
どうしてもの場合は、諦めるしかありません。

まとめ

ネット上の付き合いから、結婚や、実際に会って友達に
なる人も居る時代です。
一方で突然、連絡が途切れてしまうような関係もあります。

ですが、ネットとはそういうものです。

ネット上で人と関わっていると、
ときに上で書いたような事例のようなことが原因で、
突然音信不通になることも。

そのまま二度と連絡がとれないこともありますし、
また忘れたころに連絡がある可能性もあります。

…が、相手にも相手の都合がありますから、基本的には
音信不通になった場合も何もせず「待つ」ことが
個人的にはベストだと思います!