自営業を始める前に頭の中で描いておくべき3つのビジョン!

店員Kです!

自分で何かを始めたい。独立したい。
そう思う人は世の中にはたくさん居ると思います。

私もその一人で、ブラック企業の雇われ店長を退職後に、独立の道を
選びました。

が、独立、開業の道を選ぶには、
”それ相応の覚悟”が必要です。
生半端な気持ちで自営の道に進めば必ず失敗しています。

世の中では自営業の道に進む人も大勢います。
ですが、大半は「失敗」に終わっているのです。

なので、私は自営業として開業するのであれば
先に「3つのビジョン」を描いておく必要があると思います。

この3つを考えず、軽い気持ちで開業すれば、必ずあとで
後悔することになります。

スポンサーリンク

開業する前に3つの未来を描く

自営業として商売を始める前に、必ず3つの未来、ビジョンを
考えてから開業するようにした方が良いです。
最初にも書きましたが、自営業の世界は多くの人が挑戦して、
そして「失敗」しています。

これが意味することは何か。
「あなたも失敗する可能性が高い」
そういうことです。

なので、何の考えもなしに開業すれば、必ずあとで
後悔するでしょうし、地獄のような生活が待っています。

そこで、あらかじめ”3つのビジョン”を考えておかなくては
ならないのです。

3つのビジョンとは何か。
それを順番に説明していきますね。

①成功の未来を描く

まずは、成功までの未来を描く。
そもそもこれができないようであれば開業なんか
しない方が良いです。絶対に失敗すると言い切っても良いです。

自分のやろうとしている事業をどのように初めて、
どのように成長させ、そしてどのように生活できるレベルまで
安定させることができるか。
これを考えるのです。

この際に、具体的な予想の利益やかかる費用などを計算してみて
本当にやっているかどうか、確認してみると良いと思います。

開業して、最初はどのようにやっていくのか、
そしてどのように成功するために発展させていくのか。
それをしっかりと頭の中で思い浮かべましょう。

ただ、ここで考える未来はあくまでも”妄想”でしかありません。
大抵の場合、開業前に考えていたことよりも
”悪い方向”に進むことが多いです。

それでも、開業前に”成功までの未来”を思い浮かべて色々
計算することは大切です。

妄想の中ですら成功を思い浮かべられないような事業は
そもそも最初から試合になりません。
ほぼ100パーセント失敗すると言っても過言ではありませんから、
「自分のやろうとしていること」を頭の中でしっかりと考えてみて
”成功した未来”が浮かべられないようであれば
事業を開業前に見直しした方が良いです。

もしもそういう未来が頭の中で描ける場合も成功するとは
限りません。

私もそうでしたが、
実際には色々な”不確定要素”が混ざってきますし、
想定よりも日々の売上が…なんてことも十分にあり得ます。

私の場合は、開業1か月後にすぐ側に
”同業の大手店舗”が出来てしまったという”想定外”がありました。
事前に調査したときには出てこなかった情報です。

このように、必ず”想定外”はありますし、
最初に想い描く未来よりも「厳しい」未来が待っている可能性の方が
高いですから、開業前の段階で成功の未来を考えてみて、
どうしてもイメージが湧かない場合は、企画・事業内容を
初めから練り直した方が良いです!

自営業は軽い気持ちで開業すると、本当に大変なことになりますし、
後戻りもできませんから、注意が必要です。

②失敗した時のビジョンを考える

次に「これからやろうとしていることが失敗したら」どうするのか。
これを考えておく必要があります。

中には「初めから失敗を考える人に成功はない」だとか
「自分が100パーセント成功すると信じて突き進め」だとか
言う人もいるかもしれません。

それは、勇気・挑戦などではなく
ただの無謀です。

最初にも書いた通り、多くの人間はザンネンながら「失敗」するのが
現実です。
誰だって、最初から「駄目だ~」と思って開業する人なんていないでしょう。
皆様はあくまでも”自分ならできる”だとか、
何らかの勝算があって、開業しているはずです。

しかし、それでも多くの人は廃業しています。

なので「失敗した場合、自分が何をやるのか」
これを考えておく必要があります。

むしろ、考えないで開業すると言うことで
「命綱なしで綱渡りをする」ようなものです。

必ず、失敗した時は、自分がサラリーマンに戻るのか、
それとも何らかの別の事業を始めるのか、
考えておかなくてはなりません。

失敗した時の自分の状態を思い浮かべて
その次にとる行動。
これをちゃんと描いておかないと、
いざと言う時に大変なことになります。

「自分は絶対に失敗しない!」と現実から目を背けることは
誰にでもできます。

ですが「成功の未来」だけ思い浮かべて
もしも「自分が失敗したら」を思い浮かべられないのであれば
自営業を始めることはおすすめしません。

仮に失敗したとき、何の計画もしていない人は途方にくれますし、
大変なことになります。

「成功した場合のビジョン」
「失敗した場合のビジョン」
両方を思い浮かべることができて、
初めて個人事業主として独立できるのではないかと、
私はそう思います。

私は昨年11月に小売業のお店を開業しましたが、
当然ながら”開業前”から、「失敗した場合のこと」を考え、
現在では具体的なビジョンもまとまっています。
このように、成功時の自分、失敗時の自分を両方思い浮かべた上で
それを受け入れることができる人であれば、
自営業は向いていると思いますが、
そうでない人、現実から目を背ける人は、身を破滅させる
可能性もありますから、開業するのは思いとどまることをおすすめします。

③失敗した時のビジョンが失敗した時のビジョン

これも考えておきましょう。
つまり、どういうことかというと、

開業 失敗⇒失敗したときやろうとしていること⇒(ココです)

自営業に失敗したときに「失敗したら〇〇で何とか切り抜けよう」と
考えておくとします。
ですが、それもうまくいくとは限りません。

例えば、別の事業を始めようとしているとしても
果たしてそれがうまくいくのかどうかは不透明です。
既にその時点で”一度、失敗”しているのですから、
それも失敗する可能性だって高いわけです。

失敗は繰り返すものですからね…。

私も「次」は考えてありますが、
それが失敗する可能性はある!ということです。

サラリーマンに戻るにしても、一度自営業の期間がある人って
地味に敬遠されることもあります。
サラリーマンに戻ることすら許されない可能性があります!

なので「次にやろうとしていることが上手く始められない」場合や
「次にやったことも失敗した」場合の未来も考えておかなくては
なりません。

「そこまで考えないといけないの?」と思うかもしれませんが
2つ、3つ先の未来まで考えられないような方に
自営業の成功はありえません。

私も、今の事業の先の先までは具体的なビジョンを持っています。

面倒なことではありますが、そのぐらい先まで考えておかないと
本当にうまく行かないのです。

まとめ

自営業は、誰でも始めることができますが、
生活していけるのはごく一部です。
安易に自営業に手を出すと、身の破滅を招きます。

最低限、上で挙げた3つのビジョンを
思い浮かべて、具体的なカタチにしておくことをおすすめします。

失敗してから「どうしよう、どうしよう」では遅すぎます。

最初に、開業する前に
・自分が成功した場合の未来(成功するまでの道筋)
・自分が失敗した場合の未来
・失敗した場合の未来が上手くいかない場合の未来

この3つのビジョンを必ず頭の中に想い描きましょう。

成功のみを目指す!というのは
ただの無謀だと、私は思います。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする