急に無口になった人!どうして急に無口になったのか?その理由は!

自分の身の回りに最近無口になった人、
さっきまで明るかったので急に無口になった人…

そういった人はいませんか?

元々無口な人は、
無口でも何も不思議ではありませんが、
元々はよく喋っていた人が無口になると
不思議ですよね。

そして、何の理由もなく無口になる、ということは
あまり考えられないことです。

無口になる、ということは
何か理由があるのでしょう。

その理由と、
理由ごとの対処方法をそれぞれご紹介していきたいと思います。

理由と対処法まとめ!

急に無口になってしまった人が周囲にいる場合、
その原因として考えられることは
いくつかあります。
あなたに原因がある場合もありますし、
本人の問題である可能性もあります。

色々な可能性が考えられるので
「なぜ」相手が無口になっているのかを
しっかりと把握することも大切なことのひとつになりますね。

では、無口になった際に考えられる理由は何なのか、
という点と、
無口になった際にどのように対処することが
できるのかどうかを、それぞれお話して行きたいと思います。

何か相手にとって不愉快なことをした

それまで相手が普通にしていたのに
突然無口になった場合、
あなたが相手にとって何か不愉快なことを
してしまった、言ってしまった可能性があります。

その場合は、相手はあなたに怒っていることに
なりますから、
その後の対応は重要になります。

もしも自分自身の発言や行動を振り返ってみて
何か思い当たるような部分があるのであれば
しっかりと謝ったほうが良いと思いますし、
相手が何かそれを示唆するようなことを
言ってきた場合に関しては
その点も、注意するようにしましょう。

とにかく、相手を不快にさせてしまった場合に関しては
素直に謝ることが大切になります
(相手が明らかに悪い場合は状況によりけりですが)

ただ、その場で急に相手が無口になったとして
確実にあなたが悪いとは限りませんので、
“相手が何故無口になったか”分からない場合は
急に謝りだしたりはしないようにしましょう!

その場の状況をしっかりと判断していくことが
大切になります。

悩みを抱えている

少しずつ無口になってきた、と言う場合は
その本人が何らかの悩みを抱えている可能性があります。
人間、悩みを抱えてしまうと、次第に無口になったりだとか、
そういうこともしてしまうものです。

仕事上の悩みかもしれませんし、
プライベートの悩みかもしれません。
なかなか、何に対して悩んでいるのかは分かりませんが、
もしも親しい間柄であれば、
何か悩んでいるのかどうか、勇気を出して聞いてみるのも
1つの方法だとは思います。

ただし、あまり親しくないのにも関わらず、
ズケズケと相手のプライベートに踏み込んだりだとか
そういうことは良くないので、
相手との距離感は間違えないようにしながら
対応していくようにしましょう。

あまり親しくないのであれば、
あまり深追いはせずに、しばらく様子を
見ると良いかと思います。
相手が悩んでいる事柄が解決すれば
自然と無口になっている状態からも
回復してくれるのではないかと思います。

また、これより酷い状態になってしまって、
稀に精神的に病んでしまう人もいます。
心の病気になってしまうと、途端に暗くなってしまったり
別人のようになってしまう人もいますから
このあたりは周囲がしっかりと把握して
対応を行っていく必要があるかと思います。

体調が悪い

どこか調子の悪い部分がある、という可能性も
充分にあります。
どんなに隠そうとしても、人間、体調が
悪いとどこかに表面化してしまうものです。

いつも明るい人、ほどほどに喋る人が
突然無口になってしまった場合、
どこか体調が悪い、ということも
充分に考えられます。

明らかに体調が悪そうだな、と感じたら何か心配するような言葉を
かけてあげるのも良いかもしれません。

体調不良で無口になっている場合に関しては、
その本人の体調が回復すれば、元通り元気に
なるかと思いますが、
稀に、倒れる前の前兆だったり、
そういったことも世の中にはありますから、
普通の体調不良なのか、そうではないのか、
ここはしっかりと見極めることをおすすめします。

体調不良の場合は、
無理して話しかけても、
相手からしてみても辛いでしょうから
そっとしておいてあげることも
1つのポイントになります。
仕事中などであれば、出来る限り本人の仕事を減らしてあげるよう
配慮してあげることも、一つの大切なポイントになりますね。

機嫌が悪い

無口になっている理由の一つとして
「機嫌が悪い」という可能性も挙げられます。
他で嫌なことがあったり、
何となくイライラしていたり、
そういったことでも無口になる人は存在します。

相手が何故イライラしているのかを知ることができれば
安心ですが、多くの場合、相手が何故イライラしているのかまでは
分からないかと思います。

もしも、相手が無口な原因が
”機嫌が悪いこと”であると気付いたのであれば
必要以上に話しかけたりせずに、
ある程度の距離を取って接するように
した方が良いかと思います。

あなた自身のせいで、機嫌が悪くなった!という場合を
除けば、時間の経過と共に機嫌も直してくれることでしょう。

気分屋の可能性

日によっておしゃべりだったり無口だったりする人の場合、
考えられることの一つとして
”相手が気分屋”である、ということですね。
気分屋の人を実際に見たことのある人はすぐに
ピンと来るかと思いますが
機嫌の良い日は本当ににこにこ話している感じの人が、
機嫌の悪い日だと、とたんに嫌な性格になったり、
人によっては無口になったりもします。

相手が気分屋なのであれば、一緒によくいる
間柄であれば、なんとなくだんだん分かってくるはずです。
「気分屋をやめてよ!」と言っても、人間はそう簡単に
性格を治すことはできませんから、
機嫌が悪い時は、少し距離を置いて様子を見守る、というのが
ベストな選択であるかと思います。

相手に嫌われた可能性

もしも、あなたに対してだけ無口になった、
という場合は、これまで書いた理由のうち、
一番最初のもの以外は当てはまりません。

上で書いたのは、その場で何か相手を不愉快に
するようなことを言ってしまった場合のお話ですが、
それ以外にも、日々の行動がどんどん不満となって
積み重なっていき、最終的に嫌われてしまう、という
可能性は十分にあることです。

もしも、露骨にあなたに対してだけ無口に
なったのであれば、それは」高い確率で何かが原因で
嫌われてしまった、という可能性は高いかと思います。

原因が思い当たるのであれば早めに謝るようにしましょう。

忙しい

単純に忙しくて無口になっている場合もあります。
特に仕事中の場合、あまりにも忙しい場合、
話すことも忘れて仕事に没頭するような人も
いるでしょう。

そんな場合は、仕事が終わるまでの間、無口に
なることもあるかもしれません。
が、これは仕事が終われば元通りになりますから
特に心配する必要はないかとは思います。

仕事をサクッと終わらせるようにしましょう。

まとめ

それまでお喋りだったり、おしゃべりとはいかないまでも
明るい感じだった人が、突然無口になった場合は
何らかの理由が隠れている、と
考えた方がふつうでしょう。

基本的には本人の体調だとか、気持ち的な問題だとは
思いますからそっとしておくのが一番だとは思いますが
あなたに対してだけ無口、などの場合は
上でのようなことも考えられますから
難しいところですが、人間関係を円滑に進める為にも
ポイントだけは覚えておくと良いかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする