絶対に遅刻しないようにするためには? 遅刻しない方法7つ!

店員Kです!

今回はバイトや職場、学校など…
「どうしても遅刻クセが直せなくて困っている」という方の為に、
遅刻しないようにするためにはどうすれば良いか、を
書いていきたいと思います!

ちなみに、店員Kは学生時代・バイト時代・雇われ店長時代、
そして自営業になった今、
一度も遅刻したことはありません。

なので、少しでも参考になれば!と思います。
(遅刻しまくってる人がこんな記事書いても説得力が無いですからね…)

スポンサーリンク

遅刻を繰り返すと…

遅刻しない方法に入る前に。
遅刻を繰り返すと、どうなるか…?

遅刻を繰り返していれば、当然、
”信頼”を失っていきます。

学校では評価が落ちるでしょうし、
バイト先や職場で遅刻していれば、場合によっては何らかの処分が
くだってしまう可能性だって否定はできません。

勿論、プライベートでも遅刻を繰り返していれば、
徐々に人は離れていくでしょう。

なので、遅刻はなるべくしないようにした方が良いです!
言われなくても分かってるよ!って言われてしまいそうですが…汗

遅刻の原因を知る!

まず、遅刻を無くすためには遅刻の原因を知ることです。
遅刻の原因として、主なモノは下記が考えられますね。

<寝坊>
<出発時間>
<都合>

大体はこの3つが原因のはずです。

原因1・寝坊

これで遅刻している!という人は多いのではないでしょうか。
どうしても朝、起きることができない。
それゆえ、学校や仕事、バイトに遅刻してしまう。

そういう事もあるかも知れません。
寝坊しがちな人が寝坊しないようにするのは、なかなか大変なことでは
ありますが、下に寝坊しない為の方法なども書いておきますので
ご覧ください!

原因2・出発時間

勤務先や学校に出かけ始める時間が遅すぎて遅刻するパターン。
これは改善が一番簡単なパターンです。
単に出発時間をその分早くすれば解決しますからね…。
これについても下で詳しく書いていきます。

原因3・都合

前のアルバイト先の勤務時間や学校の時間などの都合で、どんなに早く動いても
現実的に間に合わない!というパターン。
これは遅刻してしまう原因をその現場の責任者によくお話しして、
指示を仰ぐことをおすすめしますよ。

原因まとめ!

原因はこの3つに分類される場合がほとんどです。
自分がどの原因で遅刻しているのかをしっかり分析した上で
これから書いてある対処法を試してみて下さい!

遅刻しない為には…

それではここからは店員Kが実際に用いている方法なども交えて
ゼッタイに遅刻しない方法!を伝授していきますね。


…と、言ってもそんなに簡単な事ではないのですが…。

一つ一つ、順番に説明していきます。

①睡眠時間を増やす

遅刻の原因の1つが寝坊すること。それを防ぐためにはやはり睡眠時間を
増やすのが一番です。睡眠時間を増やすことで、朝しっかりと起床できる
可能性は格段に上がりますからね。

ただ、睡眠時間を増やすことができない!という人も居るでしょうし、
少しは遊ばせろ!って人も居ますよね。


睡眠時間を増やせる人はそれが一番手っ取り早いのですが、
そうでない人は、別の方法で寝坊しないようにしなければいけません。

ちなみに私も、プライベートで色々やりたいことがあるので、
睡眠時間は1日4時間ちょっとです。
なので、睡眠時間は少なくても、遅刻しないようにすることは
十分可能ですよ!

②目覚まし時計を増やす

店員Kはこの方法で寝坊しないようにしています。
目覚まし時計1個だけで起きようとしていたり、そもそも目覚まし時計など
使ってないわ~という方はそこを改善することからスタートです!

目覚まし時計を増やせば、1個目の目覚ましで目が覚めなかったり、
止めてしまった場合でも、寝坊する心配はありません。

私は目覚ましを3つセットしています。
1個目のあとは5分間隔ごとにセットしているので、
幸い、寝坊したことはありません。

寝起きが悪い方は、必要に応じてさらに目覚ましを増やすと良いですね。
スマホのアラーム機能などでも良いかと(あれば、ですが)

③寝起きに保険をかけておく…

ただし、目覚ましを複数セットしておいても心配…
と、いう場合は 一人暮らしの場合、この方法は使えませんが
同居している家族に「○○分まで起きてこなかったら起こして」と
伝えておくのも手です。

そうすれば万一、寝坊した時でも遅刻せずに済みますよ

④早めの準備・出勤・投稿

これも定番ですが、大事なことです。
いつもあと数分間に合わない!って人は、この出発時間を10分早めれば
その遅刻を無くすことができますよ!

ちなみに店員Kはギリギリ間に合う時間の20分前ぐらいには
出発しているので、途中でトラブルがあっても、問題なく到着できる
ぐらいの時間です。

まぁ、そこまで早く出発する必要はないとは思いますが、
毎回数分遅刻するような人は、
その倍の時間、早めに出ると良いですよ。

(いつも5分遅刻するのであれば、10分早く出る…という感じですね)

⑤時間の調整

遅刻しているのがバイトなどであるならば、
「掛け持ち先のバイトの仕事が伸びる」ことによる遅刻や
「学校から急いで向かったが間に合わなかった」という遅刻の場合もありますよね?

そんな時は、店長や責任者に伝えて、シフトを変えてもらった方が
(たとえば出勤を30分遅らせてもらう など)良いと思います。

この原因で、毎回遅刻している場合、あなたの努力ではもはや
どうしようもないので、店長のお力を借りるのがベストですよ!

⑥自己管理

シフトや出勤日、登校日などを忘れてしまって、連絡を貰ってから
いつも慌てて出発。結果、遅刻してしまう!という場合は、
そもそも自分のスケジュール管理を見直す必要があります。

バイトの場合はシフト表などを写真に写しておくか、
メモしておきましょう。
それでも、その写真の確認を忘れてしまう!という場合は
忘れないように、毎日必ず見る場所にメモを貼り付けておくぐらい
しか方法はありません。

⑦心構え

あとはもう、精神論になってしまいますが、
「遅刻はいけないものだ」「絶対に遅刻しない!」と自分に
念ずることですね。
私の場合は、ここまでの人生、遅刻ナシで来たので、
「遅刻ナシの記録をここで切るわけにはいかない!」とムキに
なっています(笑)

遅刻しない方法まとめ!

店員Kが今までの人生で遅刻していない秘訣は…

・朝に目覚まし時計を複数セット
・出発なギリギリ間に合う時間の20分前に。
・遅刻しないという心構え

の3つでしょうか。

何よりもまず、遅刻してはいけない!と認識することが一番大切です!

「絶対遅刻しないんだ」という心構えをしていると、
自然に遅刻も減ってくるかもしれませんよ!

遅刻は一度クセになってしまうとなかなか改善できないものですが、
少しずつでも減らしていくよう努力することが遅刻0への
第1歩になると思いますよ!

まぁ、結局のところ
○○をすれば遅刻が一気にゼロ!なんて夢のような方法は無いので、
地道にやっていくしかないのです・・・。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする