オリンピック選手を批判する人は自分が出場すれば良い!

その他

店員Kです!

オリンピックがあると、必ず選手を批判する人も
居ますよね。

もちろん、自分の心の中で思うのは自由ですが、
堂々と批判したり、
好き放題言ったり、
あそこがダメだっただとか、
やる気がないとか言ったり。

そういうのはやめた方が良いと私は思います。

好きで失敗しているわけではないのですからね…。

前の勤務先にも何故かやたらと文句ばっかり
言っている人がいました。
そんなに文句言って何になるの?という感じです。

今回はオリンピック選手を批判することに
ついて書いていきます。

オリンピック選手への批判

もちろん、オリンピック内で不正を行ったり、
問題行動をした選手に対しては別ですが、
普通に種目に参加していたのにも関わらずに
批判される、ということは本来おかしな話です。

ですが、冷たいことに成績不振だったり、
ミスがあったりすれば批判する人がいるのも事実。

プライベートで、知り合いとの会話の最中に
批判するようなのは、別に良いとしましょう。

ですが、公の場で堂々と批判したり、
誹謗中傷したりする行為には首を傾げてしまいます。

本当に、そんな批判して良いのですか。と。

好きで失敗しているわけじゃない

オリンピックに出場する選手たちも
何も好きで失敗しているわけじゃないでしょう。
誰にだってミスはあります。
日常生活でも。どんな場でも。

それがオリンピックの場ともなれば
さらに話は変わってきます。
いつもとは違う環境。
そして独特の緊張感。

”全世界から観られている”という重圧。

学校行事での発表か何かで緊張した経験は
ありませんか?
学校と言う小さなコミュニティでさえも緊張するのですから
オリンピック選手ともなれば、さらに緊張するでしょう。

誰も、好きでミスしているわけではないのです。

成績がいつもより悪くても…

成績がいつもより悪くても、それは当たり前のことです。
上で書いたように、オリンピック特有の緊張感もあるでしょうし、
疲れや、プレッシャーなど、いろいろな要素があるはずです。

そして何より、対戦相手となる選手たちも
世界の強豪たちなのです。
ですから、普段、圧倒的強さを誇る選手たちだったとしても
振るわない成績を残してしまうのは仕方がないことなのです。

プレッシャーをかけすぎ?

報道などもそうですが、オリンピック選手に
プレッシャーをかけすぎな感じがします。

スポーツは勝負の世界ではありますが
本来は楽しむものでもあります。

「絶対にメダルを!」だとか
「メダル確実!」だとかそういうプレッシャーを
かけてしまうような報道だとか、
そういうのは止めた方が良いと個人的には思います。

また、メダルを取った人と、取れなかった人に
対する落差も激しすぎるとうに思います。

メダルをとればそれこそ英雄みたいな感じで
報道が繰り返されますが
メダルをとれなかった人は画面に映りすらも
しないですし、
「残念」だとか「ガッカリ」だとか、
マイナスの言葉が使われているのも目立ちます。

勝手に残念と決めつけるのはどうなのか、と
個人的には思いますね。

文句を言う人は…

中にはオリンピック選手に文句を言う人も居ますよね。
ですが、オリンピックに出場しているだけでもすごいことですし、
裏では並大抵ではない努力をしているのだと思います。

部外者が口をはさむことではありません。
プライベート内で勝手に文句を言っているだけならともかく、
公の場で文句を言う人は疑問ですね。

テレビの解説者などにも、心ない言葉を投げかける人は居ますし、
週刊誌やネットなどにもそういう人は居ます。

ですが、文句があるのであれば
自分がオリンピックに出れば良いと思います。

選手に「やる気が無い」というのであれば
自分が出場して「やる気」を見せてあげれば良いですし、
「メダルとれよ!」みたいなことを言うのであれば
自分がオリンピックに出場してメダルを取れば良い。

そう思います。

あーだこーだ、言う前に
選手に対してかけるべき言葉があるはずです。
文句ではなく、もしも言葉をかけるなら労いの言葉で
あるべきだと思います。

文句があるのであれば自分が同じことをできるのか、
よく自問自答してみると良いと思います。
それで出来るであれば、口を挟んでも良いかとも思いますが
多くの人は出来ないでしょう。

選手からすれば
「出来もしないのにごちゃごちゃ言って…」という
感じだと思いますよ。
絶対に口には出さないと思いますけどね…。

人前では言わない方が…

解説者が、上から目線でコメントを行ったり、
週刊誌や報道が勝手に残念な印象をつけたりだとか、
人の集まる場所でオリンピック選手を批判したりだとか、
そういうことはしない方が良いと思います。

余計な反感を買うだけですし、
周囲も嫌な気持ちになるかもしれません。

オリンピックの雰囲気はオリンピックに出た人にしか
分かりませんし、出場できた時点で、相当な努力をしているのでしょう。
自分で出場もせずに、批判を繰り返しているだけの人は、
まず、自分がオリンピックに出場してみれば良いと思います。

どれだけきついことか、
自分が批判した選手がどんな気持ちだったか
良く分かると思います^^

まとめ

努力している人をあざ笑うことは簡単です。
確かに観戦しているだけであれば「何でそこで」みたいな気持ちに
なるのも分かりますし、
若い人が金メダルを取ることを気に入らない人も居るでしょう。

ですが、堂々と批判することは、しない方が良いです。

人間誰でも不満に思うことやつまらないと思うこともあるでしょうから
思うことは自由です。
ですが、オリンピック選手だって負けたくて負けているわけでは
ないでしょうから、それを心の無い言葉で迎えるのは間違えだと思います。

成績に文句があるなら自分で出場するべきだと思いますよ!