クレジットカードとデビットカードって何が違うの?違いを解説!

クレジットカード払い。
デビットカード払い。

色々と聞いたことがあると思います。

クレジットカード払いの方は
なんとなくイメージが湧く人も多いと思いますが
デビットカードの方は名前は聞いたことが
あっても、あんまりよくわからない…という人も
多いのではないかと思います。

では、クレジットカードと
デビットカードは何が違うのでしょうか。
その違いについてを解説していきたいと思います。

2つとも現金を使わない支払方法

まず、クレジットカードでもデビットカードでも
「現金」をその場で支払う必要はありません。
カードだけで買い物ができる、というものになりますね。
最近の言葉で言うならばキャッシュレスの一つと
言ってもいいと思います。

ですが、クレジットとデビットは同じようなものだと
思ってしまいがちですが、
決定的に違う部分があります。

その違いについてはしっかりと理解しておき、
どちらを使うのか、自分自身のライフスタイルに
合せて決めて行くのが良いかと思います。

では、2つのカードの違いを解説していきましょう

支払のタイミング

まず、支払のタイミング。
クレジットはその場での支払ではなく、
1か月後(分割した場合やボーナス払いはまた別)など、
その後、しばらくしてから口座から引き落とされる、
というカタチになります。
つまりは、商品を購入する際には、お金は一切払わず、
その後、一定期間後に口座からお金が
引き落とされる、ということになります。
月末に支払額が確定⇒翌月指定日に引き落としみたいな
感じが多いですね。

一方、デビットカードは「その場」で支払です。
その場と言っても現金ではなく、
その場で即時、銀行口座から現金が引き落とされる、
ということになります。
実質上は、その場で現金で支払いをするのと同じようなものです。
クレジットのように分割だとか、そういった支払いはできず、
購入したその時に、口座から現金が引き落とされるかたちになります。

「後払い」のカードか、
「その場払い」のカードか、というのが
大きな違いになりますね。

支払いの形式

クレジットカードでは、利用しているカードにもよりますが
一括払い、分割払い、ボーナス払い、リボ払いなど
色々な支払方法を選ぶことができます。
使い方には注意しなくてはいけませんが
利用方法を自由に選ぶことができる、というのは
一つの魅力でしょう。

デビットカードについては先ほど
説明した通り、その場で支払うものになりますから
基本的には一括払いのみになります。
高額の商品を購入する際などにも
全額払うことになりますから、
クレジットよりも支払いの幅は狭い、
というのがデビットカードになります

ポイントの違い

クレジットカードは、カードによって異なりますが
基本的に利用すればポイントが貯まって行きます。
クレジットをしょっちゅう使っている人は
なかなかの量のポイントが貯まるはずです。

しかし、デビットカードはごく一部を除き、
ポイントが貯まったりすることはありません。

そのため、ポイント面を考えるのであれば
クレジットカードの方が優れていると言えるでしょう。

作りやすさ(審査)について

クレジットカードは作る際に審査が必要なため、
場合によっては作れない可能性もあります。
「現金を後払い」ですから、信用がないと
作れない、というのもうなずける話ですよね。
自営業者などの場合だと、サラリーマンと比べて
作りにくかったりすることもあります。

一方、デビットカードは基本、審査なしです。
現金で支払わないとは言え、その場で口座から
引き落とされるわけですから、逆に言えば
口座に現金が入っていなければその場ではじかれます。
なので、クレジットが作れない人でも
デビットであれば簡単に作れるはずです。

作りやすさに関してはデビットカードの方が
圧倒的に作りやすいでしょう。

キャンセルなどの違い

カードで購入した商品キャンセルに
関しては、クレジットカードのほうが
基本的には容易です。
まだ、お金が引き下ろされていないわけですからね。

逆にデビットカードはすぐにお金が
下ろされるため、場合によっては
キャンセルが困難だったり
非常に手間がかかったりする可能性もあります。
その点は、注意しなくてはいけません。

返品対応の対応方法はお店などに
よってもまちまちですが、
クレジットの方が比較的手間は
かからないでしょう。

ただ、どちらにしても、あとからキャンセルは
相手に迷惑をかける行為ですので、
会計前にしっかりと考えてから
購入するようにして下さい。
(初期不良などであれば仕方がありませんが
 自分のミスで返品は、迷惑行為なので
 できれば避けるようにしましょう)

防犯面(セキュリティ面)

これは、クレジットの方が優れています。
デビットも決して何の対策もないわけでは
ありませんが、クレジットであれば
毎月しっかりと利用額を確認していれば、
引き落とされる前に「不正利用」に
気が付くことができます。

が、デビットカードの場合は、
不正利用された瞬間に現金が引き下ろされて
しまいますから、その点に関しては
デビットの方が不安が残るのは
事実だと思います。
返金するにしても手間がかかりますし
確実に取り戻せるとも限りません。

使用できる範囲

クレジットカードとデビットカードであれば、
使える範囲はクレジットカードの方が
広いですね。
基本的にはクレジットカードに対応しているお店であれば
使えることが多いのですが、
稀にデビットカードには対応していないお店も
ありますから、その点は注意するようにして下さい。

案外、デビットカードが使えるのかどうか
はっきり明記されておらず、分かりにくいお店や
サービスなどもありますから、もしも分からない場合は
お店や運営に問い合わせてみると良いかと思います。

どちらが良いの?

クレジットカードとデビットカードの違いに
ついてご説明しました。
で、どっちが良いのか。

と、いうことに対する答えは
「人による」というのが答えになります。

サイトや人によっては
「クレジットカードの方が良い!」だとか
「デビットカードの方が良い!」だとか
断言してしまっているような人もいますが
性格は人それぞれですから
断言はできないと思います。

例えば、計画性なくお金を使ってしまう
タイプの人は、デビットカードの方が安心でしょうし
(以前、職場にクレカ破産直前の人がいました)
逆にちゃんと管理できるのであればポイントが
つく点は、セキュリティの点などを考えて
クレジットカードのほうが良いかもしれません。

ただ、本当に考え方は人それぞれですから
「これだ!」と断言することはできません。
最終的には自分自身で2つの特徴を
しっかりと比べてみて、
自分にぴったりなものを選ぶように
すれば良いかと思います。

クレジットでも管理できる!だとか
アプリを使って管理すればいい!だとか、そういう声も
聞きますがそれは”管理できる人”視点の話ですよね。

管理が苦手な人はアプリ云々とか関係なく
破産しますから、デビットが向いていると思いますし
支払いはその場でしないと落ち着かない!という人も
デビットの方が向いているかと思います。

どっちが良い!ということはありません。
自分の生活スタイルに合わせて決めるのが一番でしょう。

まとめ

クレジットカードにもデビットカードにも
それぞれのメリット、デメリットがあります。
どちらを使うか、あるいは両方使うのか、使わないのか、
それは自分の生活スタイルと
自分の性格から判断して決めることです。

どっちが良い!と断言している人もいますが
それはあくまでも「その人にとって」であり、
決めつけることなど、できません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする