未来からやってきた人って本当に居るの?未来人について考える。

その他

店員Kです!

時々、テレビの企画や、ネットの情報などで
未来人を名乗る人物からのメッセージだとか、
そういう、面白おかしい情報が出ていることもあるかと思います。
ですが、実際のところ、”未来人”というものは実在するのでしょうか。

あまり考える必要も無さそうな話題ですが、
今日は未来人が居るのか、それとも居ないのか、という点に
ついて、真剣に考えていきたいと思います。

未来人って居るの?

未来人とは…まぁ、その名の通り、未来に生きる人間たちの
ことですね。
時折、未来人を名乗る人物がおもしろおかしくネット上で
未来のことを話していたりだとか、
そういったモノも見かけます。
では、果たして未来からやってきた人間と言うのは
居るのでしょうか?

先にお断りしておきますが、これから書くのは
あくまでも私個人の考えです。
地球のこと、宇宙のことなど、人間に全て分かるはずなど
ありませんから、100パーセントこうだ!と断言
することはできないと私は思います。

なので、あくまでも”一個人の考え”ということで、
よろしくお願いします!

未来人は居ない

未来人は、少なくとも現代には居ない。
そう思います。
と、いうことは、未来においても自由に時間を行き来するような
システムは完成することは無い、ということか、
もしくは並行次元的な考え(過去や未来が同時に存在している的な)が
そもそも間違っていて、過去に戻るだとか、未来に行くだとか
そういうことが不可能なのかもしれません。
いずれにせよ、未来においても”自由なタイムマシン”は出来ていないと
言うことになります。

未来人は居ない。
私はこう思いますし、今後も来ることはないでしょう。

もしも自由に行き来できるタイムマシンが未来にあれば?

もしも、未来に自由に時間を行き来できるタイムマシンが完成
していのであれば、恐らくは既に、一度は未来人にあったことがある
世の中になっていることでしょう。

タイムマシンを完成させた未来人が、
タイムパラドックスなどを恐れて、タイムマシンを自由に使えない
世の中になっているのではないか、と思う人もいるかもしれません。

ですが、よく考えてみてください。
そういう法律を作ったとしても、必ず世界中の誰かが、
タイムマシンを不正利用するとは思いませんか?
それも、一人や二人ではなく、何人も。

なので、もしもタイムマシン自体が完成しているのであれば、
未来人が一人は来ているはずであると個人的には考えます。

そもそも世界は一つ…?

タイムマシンが出てくる映画とかだと
「現在」のほかに、並行次元で「未来」「過去」「さらに別の世界」
など、同時に存在している設定になっていることも多いです。
パラレルワールドみたいな設定ですね。

ですが、現実はどうでしょう。
私は恐らく「現在」しか存在してないのだと思います。
並行次元など存在しない。
と、なれば過去に戻ることなんて不可能ですし、
未来に進むことも不可能。
コールドスリープか何かで擬似的に未来に進むことなら
できるかもしれませんが、
誰か一人だけが過去や未来に進み…みたいなのは
無理なのではないでしょうか。

もしも未来人が居たら大変なことになる

もしも世の中に未来人が居たら、恐らくとても大変なことに
なっているのではないかと思います。
未来を知っている、と言うことはやろうと思えば、
色々なことが出来てしまいますし、
それこそ、歴史を狂わせるようなこともできてしまうでしょう。

近未来的な”現代にはない何か”を用いれば侵略的な
こともできてしまうかもしれません。
そのため、未来人がもしも現代に来ていたら、
こんな平穏な世の中ではなく、世の中は混乱に陥っているのでは
ないかと、私は思います。

未来人を名乗る人が居る?

もしも、あなたの身の周りに未来人を名乗る人が
居たりする場合、その人は一体何者なのか?
恐らくは「名乗っているだけ」ですね(汗)
100パーセント、とは断言はしませんが、
世の中に居る未来人を名乗っている人や、
未来から来ました!的な人は、みんな自称しているだけで
あると私は思います。

もしも未来からそんなに自由に現代に来れるような環境が
整っていれば、未来人がたくさんやってきていると思いますし、
法律で縛られていたとしても、必ず何員かは来ていると
私は思うのです。

今後、タイムマシンは出来るの?

私は、今現在において、未来から、過去からなにも来ていないことこそが
”タイムマシンは実現不可能である”証拠だと、思います。
考えてみて下さい。未来においてタイムマシンが出来ているのだとすれば、
既にこの世の中には未来人が居るはずです。
しかし、どうでしょう?
未来から来た人なんていませんよね。
と、言うことはそれこそが、この先の時代もタイムマシンというものが
完成しないことの表れです。

もしできていたとしてもきわめて限定的・・・
老化を止めて、未来に擬似的に移動するような感じだとか、
全世界そのものの時を戻して(記憶も無くなる)だとか、そんな感じのものしか
出来ないのではないでしょうか。

まとめ

深く考える必要も無さそうな話題ですが、なんとなく、あえて
深く考えてみました。
なかなか未知なる部分ではありますが、
恐らくは現代に、未来人は居ないのではないかと思います。

そして、今の時代に未来から来た人が居ない、ということは、
やはりどのような手段を用いても、人間は過去には
戻れない、ということを表しているのだと思います。

過去と行き来が出来るのであれば、
未来人が現代にも居るはずですからね・・・。