バイト先の時給が最低賃金を下回っている?騙されてはダメ!

店員Kです!

アルバイト先の時給。
ちゃんと最低賃金を上回っていますか?

こっそりと最低賃金より低い金額だったり、
何らかの理由をつけて上手く言いくるめようとしていたり、
そんなことはありませんか?

最低賃金以上の賃金は基本、
必ず支払われるべきものです。

会社が〇〇と言っていた、
だからうちは最低賃金より時給が低いんだ、というのは
間違えです。

会社の嘘に騙されて最低賃金以下の
時給で働かされたりしないように気を付けましょう!

スポンサーリンク

最低賃金

基本的に、アルバイトでもなんでも、使用者(会社側など)は、
必ず定められた「最低賃金」以上の金額を労働者(バイト含む)に
払わなくてはいけません。

法律で定められているので
「お前は高校生だから」とか「お前は使えないから」だとか
そういう適当な理由で時給を最低賃金以下にすることは、
認められていません。

ちなみに、最低賃金は都道府県ごとにより異なりますので、
気になる方は厚生労働省のホームページなどで確認しておきましょう。

あなたが働いている地域の最低賃金が
あなたの時給より、もしも高いことがあれば、
それはおかしな話です。

時給が最低賃金より低い場合…

基本的に、どんなアルバイトでも時給がいくらか、は教えてもらえると
思います。その時給が最低賃金より低ければそれはおかしいです。
”研修期間中”だとか”会社が苦しいから”だとか、
そんなことは理由にはなりません。

もしも時給が最低賃金よりも低い場合は、
そのバイト先の責任者に尋ねてみるのも良いかもしれません。

ただし、向こうも”分かっていて最低賃金”より低い時給を
払っている場合がほとんどです。
もしも、最低賃金を把握していないのだとしたら
それはそれで大問題ですからね^^

なので、恐らくバイト先の責任者に言っても
何だかんだ理由をつけて、誤魔化される可能性の方が高いです。

その場合は、労働基準監督署に訴えでるしかありません。
訴え出れば会社に対して是正勧告が行われますが、
残念なことにコレをすると、あなたのバイト先での立場が
非常に悪くなり、退職に追い込まれる可能性もありますから、

・最低賃金以下の時給で耐える
・転職を覚悟で、しっかりと訴え出る

このどちらかしか選択肢が無いのが現実的なところです。

特例はありますが…

ちなみに、一応最低賃金の減額が認められる特例の処置もあります。


最低賃金の減額の特例許可制度 という制度です。
ただし、これに適応されるバイト先は一般的にはほとんどないですし、
もしも本当に許可されているのであれば許可証があるはずです。

大抵の場合、一般的なバイト先であれば↑は当てはまらないので
基本的には最低賃金より低い時給=おかしい と考えて下さい。

一応基準としては、
1. 精神又は身体の障害により著しく労働能力の低い方
2. 試用期間中(長くても6か月までが目安です)
3. 基礎的な技能等を内容とする認定職業訓練を受けている方
  ※厚生労働省の定める場合のみ
4. 軽易な業務に従事している人
5. 断続的労働に従事している人。

となっています。
ただし、これは会社やバイト先が勝手に判断していいことではなく、
ちゃんとした許可が必要です。
なので、基本的には当てはまらないと考えても良いでしょう。

もしも、心配であれば会社や基準署などに確認してみると良いと思います。

ただ、基本的に申請には本人の署名なども必要だった記憶があるので
何も無い場合は↑には当てはまらないはずです。

最低賃金より低い理由と言い訳

それでは、ここからは時給が最低賃金より低い理由として、
バイト先側が言ってくる理由などについて書いていきます。
ちなみにこれから挙げるものは全部
「会社の口車」なので、乗らないようにしましょう。

中にはあたかも、それが法律であるかのように
平気でうそをつく人も居ますから気を付けたいものです。

「高校生だから時給が少ない?」

そんなことは認められていません。
高校生だろうと、お年寄りであろうと、
雇用契約を結ぶ以上、必ず最低賃金以上支払う必要があります。

「君は高校生だから、この時給なんだよ」とか
言われてもそれは嘘です。

”高校生は詳しくは最低賃金について知らないだろう”だとか
”うまく言いくるめれば誤魔化せる”だとかそういう風に
思っているあくどい責任者がいるのも事実。

騙されてはいけません。
”高校生だから時給が少ない”というのは全くの嘘です。
高校生であろうと、大学生であろうと、フリーターだろうと
最低賃金以上支払うことは法律で決められています

「仕事ができないから時給が少ない?」

これも間違えです。
「お前は大した仕事が出来ないだろう!
 だからこの時給なんだ!」とか言っている人が居たら
それは間違えです。

仮にどんなにミスが多かったとしても、
指導をするのはバイト先の責任者の責任ですし、
そもそも時給は、どんなに出来が悪い人だったとしても
支払わなくてはいけません。

それをバイトさん本人のせいにして、
時給を減らすのは”違法”です。

仕事がどんなに出来なくても、働いている以上は
最低賃金以上の時給を受け取る資格があります

「会社が赤字だから…」

全く関係ありません。
こんなこと言う会社があるのなら潰れろ!って感じです。

会社やお店が赤字であっても、
最低賃金はしっかりと払う必要がありますし、
そもそも会社が危機的状態なのであれば、まず身を切るのは
会社トップの仕事です。

なので、会社が赤字であっても、上司が給料カットしていたと
しても、アルバイトスタッフさんには関係のないことです。
きちんと全額、受け取る資格があなたにはあります。

ちなみに↑のような理由で説明された場合、
アルバイトさんの時給をチマチマ削るぐらいに苦しい、ということです。
時間の問題でその会社やお店は潰れますから、
早いところ、バイト先を変えた方が良いと思います

「最初の契約時に〇〇だったから~」

バイトとして採用される際に、最初に
「時給〇〇〇円」という感じで、雇用契約書などに記載されていると
思います。中には
「最初はこの金額で契約したのだからあげる必要はない」などと言う人も居ます
(知り合いがこう言われました)

これを言っている人が居るのならば無知です(わざとかもですけど)

最低賃金が上がれば、法律で定められているので
必ず「従う」必要があります。
それを従わない、と発言しているのであれば大問題。

例え、バイトを始めるときに時給いくらで雇用契約を
結んでいたとしても、最低賃金がそれ以上にあがったのならば、
バイト先もそれに合わせて、時給をあげなくてはいけません。l

「試用期間中だから」

上にも書いた通り、減額の特例がありますが、一般的ではありませんので
基本的には試用期間中であっても、最低賃金より低い場合は
オカシイです。
本当に上の特例申請をしているかどうか、基準署などに確認してみても
良いかもしれません。

また、なんだかんだ理由をつけて試用期間を延ばしたりするのも
おかしな話です。
基本的には試用期間であっても、最低賃金以上の時給が普通です。

個人経営の場合…

バイト先が個人経営で、最低賃金より時給が低い場合、
そもそも、バイトを雇う正規の手続きをしていない恐れもあります。
この場合、税の申告などで、あなたも面倒なことになる可能性が
ありますから危険です。

早急にバイト先を変えるなりした方が良いかと思います

まとめ

と、いうことで特例はあるのですが、
それは基本的には考えなくて良いです。
たとえ、試用期間中であっても、最低賃金より時給が低いところは
「おかしい」と考えて間違え有りません。

その場合、そのまま我慢するか、退職を覚悟して監督署に
訴え出るか、そのどちらかになると思います。

今の世の中、平気でうそをついてアルバイトさんを
騙そうとする悪質な会社もあります。
騙されないように、しっかりと知識を身に着けていきましょう!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする