どうして子供嫌いなの?子供嫌いの人が嫌いな理由&原因7つ!

店員Kです!

世の中にはたくさんの子供がいます。

子供が好きな人も居れば、子供が大がつくほど嫌いな人もいるでしょう。
これについては他人がとやかく言うことではありません。

子供が好きであっても、
子供が嫌いであっても、
好みは人それぞれです。

好きな人が、子供嫌いな人に「子供はかわいいものだよ」なんて
言うのは全く意味のないことですし、
子供嫌いの人が、「子供を見せるな!」というのも、
自分勝手なことです。

ですが、子供嫌いな人はなぜ子供が嫌いなのか、
気になる人もいると思います。

そこで、今回は子供嫌いな人が子供を嫌う理由に
ついて書いていきたいと思います!

スポンサーリンク

子供嫌いを知る

子供嫌いの人は、世の中にたくさんいます。
それを表に出さない人もいるでしょうし、堂々と子供嫌いを
公言している人も居ます。
その差でしょうね。

では、子供嫌い=悪い人間なのか。
答えは違います。
別に子供嫌いであっても、その人が悪い人間、というわけではありません。

嫌いなものは人によってそれぞれですからね。

子供嫌いにも、色々な種類が居ます。

「赤ちゃん」がダメな人も居ますし、
幼稚園児ぐらいまでの「幼児」がダメな人も居ます。

または小学生、中学生ぐらいの子供が嫌いな人も居ます。

もちろん、全部嫌いな人もいるでしょう。
それは、何故なのか。

子供嫌いの人にありがちな理由を一つ一つ見ていきましょう。
下で紹介する理由一つで嫌いになっているのではなく、
複数が合わさって…という人がほとんどだと思います。

①うるさい

子供はうるさいものです。
赤ん坊であれば急に泣きだしますし、
幼児の場合は奇声をあげたりもするでしょう。

そして小学生ぐらいになると群れて甲高い声をあげたり、
中学生ぐらいになるとバカ騒ぎを始めたり…

とにかく、子供とはうるさいものです。

ですが、それは仕方がないことです。
中学生は置いておいて、他はまだ思考的にも成長段階ですから
ある程度は仕方がないのです。

ですが、それを分かった上で「子供がうるさい」のが嫌いな人がいます。

うるさいのが嫌いな人にとって、
子供の甲高い声や騒ぐ声は「騒音」でしかありません。

子供は泣くのが仕事、騒ぐのが仕事、と言われても
子供が嫌いな方たちにとっては
「嫌いなものは嫌いなんだ」としか思えない方も多いのです。

多くの人は、当然、我慢はしますが、
たまに”子供がうるさい”と態度に表してしまう人も居ますね…。
(態度に出すのは問題ありです)

と、いうことで”うるさい”という理由で、
子供を嫌う人は多いです。

②生意気な態度

子供と言うのは年齢上、まだまだ生意気です。
たまに礼儀正しい子供も居ますが、
超がつくほど生意気な子供居ます。

そんな子供とばかり接していると、当然のことながら
嫌気がさして来る人も多いのです。

成長途上で仕方の無い事ではありますが、
相手によっては嫌われてしまう、ということですね。

実際に子供の”生意気な態度”が我慢できず、
子供と距離を置いたり、子供とかかわらないように
している火人も多いと聞きます。

私個人としては”年齢的に遭い方がないかな~」
なんて思ったりもします。

ただ、中学生や高校生になって、
生意気な態度を取っているようなのだけは
お話になりませんね。

中学生、高校生にもなって、礼儀をわきまえないようなのは、
論外です。
もう既に十分分かる年頃でしょうからね。

高校生で生意気な口をきいていたりすれば、
周囲の子供嫌いの人からは大変嫌われるでしょうし、
中学生や高校生が嫌いな人は、そういうことがきっかけに
なっていることも多いです
(知り合いがそうでした)

他にも、子供はまだ、物事を深く考えることができませんから、
礼儀知らずにも、失礼な事を口走ることがあります。
そういった、子供たちの悪気のない、心ない発言を聞き、
子供が嫌い!という人も居ます。

③人の迷惑を考えられない

子供は、知能的に人の迷惑を考えたりすることができません。
そのため、子供の行動によって「迷惑をかけられて」しまう人も居ます。
仕事上で子供と関わる人は、子供に邪魔をされることもあるでしょう。

こういうことが続き、
自分の作業を邪魔されたり、子供によって迷惑をかけられたことを
きっかけに子供が嫌いになる人も居ます。

相手は子供。
そうは分かっていても、自分の邪魔をされればやはり不愉快でしょうし、
迷惑をかけられれば、不愉快でしょう。

そうして不愉快な思いをした結果、子供が嫌いになっていくのです。

④泣き声が嫌い!

子供の泣き声が特に嫌い、と言う人も居ます。
泣き声が嫌いだから子供が嫌い。そういうことですね。
では、何故泣き声が嫌いなのか…
と言っても、キライなものは嫌いだからしょうがない と
言うことになります。

「子供は泣くもの」という理屈はこの場合は通用しません。

このタイプの方たちによっては子供は「泣くから」嫌いなのです。
つまり「子供は泣くもの」だから嫌い、ということです。

泣き声が嫌いな人からしてみれば、これも騒音と言うことに
なるのでしょう。
騒音を耳にすれば不愉快なのは誰だって同じです。

⑤面倒くさいから嫌い

子供っていうのは何かと面倒くさいものです。
目を話していると、何かトラブルを起こす可能性もありますし、
大人に媚を売るような面倒くさい子供が居たり、
いちいち大人の反応を見るような面倒くさい子供がいます。

また、子供が身近にいればいちいち配慮する必要も出てきますし、
子供というものは無邪気に話しかけて来たりもします。
それも「面倒くさい」と思う人がいるのは事実です。

とにかく、子供とは何かと”面倒な一面”を持つ存在です。

そんな面倒な部分が、面倒だから嫌い、という人も居ます。

⑥餓鬼が嫌い…

子供嫌いの中には、子供は平気だけれど「餓鬼は嫌い」みたいな人も居ます。
つまりは、子供の中でも群をぬいて生意気な子供だったり、
群れている小学生や中学生だったり。
そういう一部の対象が嫌いな人ですね。

理由としては、やはり生意気だから、とかそんなところなのでしょうけれど、
生意気そんな子供「餓鬼」を見ると拒否反応が出る人も居ます。

⑦群れているのが嫌い

小学生や中学生、高校生などの”群れ”
時々居ますよね。
この群れているのが嫌いな人も居ます。

小学生や中学生、高校生は群れるとたいてい、生意気になるものです。
一人だと意外と素直なのですが、大人数になると
モンスターに変化するパターン。

こういうのを嫌う人も居ます。

確かに、子供の群れによっては
とても醜い醜悪な群れもあります。

私は自営業ですが、売り場を散らかすのを指摘しても
すっとぼけたような顔をして、日本語すら理解できない
チンパンジーみたいな群れも居ます。
私もチンパンジーキッズは嫌いですし、話す気も起きませんが、
他の子供たちは別になんとも思いません。

ですが、人によっては
こういう一部の子供がいるせいで、子供全体が嫌いに
なってしまう人も居ます。

分けて考える人も居れば
「子供」という分類で全てを見る人も居ます。
群れが原因で子供そのものも嫌いになる人は少なからずいると思います。

まとめ

子供嫌いの原因や分類、種類などを色々書きましたが、
要するに、人によって理由は異なる、ということです。
あくまでも↑は、その中でも多いように感じる理由です。

中にはもっと特殊な理由を持っている人もいるでしょう。

最終的には「なんであの人、子供嫌いなんだろう…」と思う人がいる場合、
その本人に確認しない限り、本当の理由を知ることはできません。

ただ単に「嫌いなモノは嫌いなんだ!」と言う人も
いるかもしれません。
本当の理由は「子供嫌いの人 本人の口から聞かない限り」正確にはわかりません。

ちなみに私は…
おっと、、、時間ですネ では!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする