姫路こども園問題を考える 給食抜き?無給勤務?呆れた実態

店員Kです!

姫路にあるこども園、
わんずまざー保育園 が問題になっていますね。。

子供たちにほんの少しの給食しか与えずにいた、という
問題。。
私も映像を見ましたが、アレはひどいですね…。

残飯が出るのを防ぐためとかなんとか言ってますが、
そんなのは言い訳に過ぎないでしょう。

そして、ココ。
問題はそれだけではなかったのです。

働くことに関していても書いているこのブログにとって、
見過ごすことのできない、重大な不正があったのです。

スポンサーリンク

何があったのか?

このこども園では、
欠勤や遅刻、早退をした月は給与から1万円減額する、という旨が
書かれた裏契約書、というものが存在していたそうです。
さらに無断欠勤すれば無給のボランティア勤務7日間が発生し(狂ってますね)
30分以上の遅刻なら2日間などとしていたようです。

他にも、保護者を待たせた場合は「10日間のボランティア勤務、お客さま宅に謝罪」というのも存在していたのだとか。

それに加えて、
祝日などで保育士の休日数が園の規定よりも多い月は、
日数に応じて給与がカットされていた

というお話も…。

あくまでも私が実際に見たわけではありませんし、
ニュースで報じられていただけなので、大げさに書かれている可能性も
否定はできませんが、
少なからずこういうことがあったのは事実でしょうね。

火のないところに煙は立たないとか、なんとやら…。

このこども園は…?

子供たちの給食を奪い、
職員たちの給料を奪っていたともいえる、このこども園。
果たしてどうなってしまうのでしょうか?

話によれば、保育士数を実際よりも多く報告して
給付金を水増し請求もしていたようです。

結果的に県が近いうちにこども園の認可を取り消すとのことで、
また一つ、悪質な職場が淘汰されるわけですね。

ただ、このこども園を利用している皆様や
ここで耐えながら働いていたであろう労使の「使」の方の
皆様には大変悲しいことだとは思いますが…。

今回の問題を考える…

今回のこの問題のうち、このブログでは職員への給料未払いの方を
メインについて考えていきます。

欠勤や遅刻で1万円の罰金。
勿論、欠勤・遅刻はいけないことです。
しかしながら、これはやりすぎでしょう…

以前、このブログで取り上げたセブンイレブンの問題以上に
終わっています。

その、本来払うべき「1万円」は誰が手にしていたのでしょうか?
責任者や園長が手にしていたのであれば
それはもう給料泥棒です。

体調不良や止むを得ない事情もあるでしょうし、そもそもわざとだとしても、
遅刻したからだの、早退したからだの、そんなことは関係ありません。

人を雇う、という事は面倒であったとしても、
根気よく、遅刻・早退をしないよう指導し、監督する立場にあります。

また、採用時に「失敗」な人材を入れてしまったとしても、
それは採用した本人の責任。

「採用したという責任」「指導不足という責任」
つまり、遅刻・早退を生み出しているのは責任者自身。
使われている側の人間が罰金されて良い道理などありません。

責任放棄の連続!お話にならない!

このこども園の園長だか、なんだか知りませんが、
経営者は何を考えているのでしょうか?
数々の呆れた実態を見ると、人を使う資格0ですね。

バイト罰金のセブンイレブンのオーナー同様、
上に立つ器ではないですね。。

それぞれ見ていきましょう。

無断欠勤すれば無給のボランティア勤務7日間が発生

勿論「無断欠勤」をする方にも問題はあります。
しかし、それをちゃんと話し合い、指導するのが責任者の役割です

それをペナルティとして「ボランティア勤務7日間」を科す、という
お話にならない対応。

書面上だけのことだと信じたいですが、もし実際にこんなペナルティを
科していたのだとすれば言葉は悪いですが、頭がおかしいとしか
思えません。狂ってます。

ちなみに、30分以上の遅刻なら2日間などとしていたようですが、
一体何様なのか?と問いたいところですね。

こども園の運営で調子に乗ってしまったのでしょうか(汗
もう一度、自分を一から見つめ直すべきではないかと思います。

保護者を待たせた場合は無給&謝罪

もはや笑うしかないですね。
こういうことを言う責任者様ですから、給食を減らしていた子供たちの
全ご家庭に自らの足で赴き、謝罪なされるのでしょう。ご苦労なことです。

ボランティア勤務も1年超えそうですね?

と…言いたくなりますね。どうせ自分は何もしないのでしょうが。

職員の不都合で「保護者を待たせることになってしまった」場合は、
代わりに責任者が出ていき、待たせないようにするのです。

お店だって同じです。
アルバイトさんが不手際を起こしたら店長が出ていき、対処する。
当たり前のことです。

それを保護者は待たせたまま(対応はしてるのかもしれませんが?)
しかもスタッフに10日ものボランティア勤務を課す。

完全に経営者失格です。

こんなことを、認可取り消しになるまで理解できなかったなんて、
ザンネンなことですね。

ここの経営者様はアルバイト等をされたことがないのでしょうか?
誰かの下で働いたことがないのでしょうか?
全く呆れる話です。お話になりません。

祝日分給料カット

イカレテいる…としか言いようがありませんね…
無給で働くのは…と感じている職員も当然いたとか…

とっても悲しい事です。
上の人間達が私腹を肥やすため
給料も、給食も盗んでいた。そう考えることもできますね。
とにかく、悪しき経営者です
(一人なのか、複数なのか知りませんが)

謝罪…

ここの園長や経営者は即座に謝罪するべきですね。

給食を減らした子供のご家庭一軒一軒を訪れて。
そういうペナルティを職員に科していたのですから、
当然自分たちも自分たちで作ったペナルティにのっとって、
謝罪しにいくべきでしょう。

そして、認可取り消しになるので、もう無理なのは分かってますが、
本来であれば、預かった子供たちを「ボランティア」で経営者が
面倒を見るべきでした。

経営者は軽々しく、裏契約書の問題や給食を減らす問題を
起こしていたのだとは思いますが、
これは自分の私利私欲しか考えない、非常に愚かな行為だと思いますよ?

少なくとも、今後は、人を使う立場に立たないことを願います。

こんなことをする人間に、
人の上に立つ資格はありません。

最下層で永遠に働き続けるべきです。
誰かに使われて。。

責任の放棄!

セブンイレブンのバイト問題の時にも書きましたが、
やはり最近は「責任放棄」をする、責任者や店長などが多すぎですね。

部下の不祥事は上司の責任。
部下にペナルティを科すのではなく、自らも共に責任を負うのです。

それが「責任者」です。

人のミスなんか背負えるか!!とここで思った方は
もう責任者には向いていません。
何故なら、あなたは「責任」を負うことができないのですからー。

そういう方は責任者には不適合です。
不適合であれば仕方がありません。
別のポジションで生き抜いていくしかないですよね?

なので、今回の件の責任者も、
今後は人を使う立場にはならないことです。
それこそ、何かのアルバイトだとか、そういうところから再スタートして、
使われている側が、どんなに辛いものなのか、ちゃんと知るべきだと
思いますね。

まとめ

今回のこども園はたまたま見つかってしまったのでしょう。
世の中にはこういうレベルの職場などがゴロゴロと存在していると思います。

見つからなければいいや、ではなく、
今回のこのこども園のニュースを見て、
自分たちにも後ろめたい部分があるのであればー
スタッフに対して、ペナルティ等を科してしまっているのであればー
この問題から、反省し、今からでも改善することを願います。

店員Kは、半分ブラックな企業(それでも優しいほうだと思いますが)に
居ました。だからこそ、こういう問題にはついつい反応してしまいますね…。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする