店員への告白 告白された側の反応・心理は?&実例4つ!

店員Kです!

皆様はお店の店員さんに好意を抱いたことがありますか?
告白したことはありますか??

・・・店員Kは好意を抱いたことも、告白したこともありませんが(笑)

しかしながら、5年以上接客業をしているので、
時にアルバイトスタッフさんが告白されたりすることも
時々ありました!

今回は告白されたあとの店員側の気持ち、
そしてお店の中でどのようにして話題になるのか、という
「裏側」を実際の事例を交えてご紹介していきますね。

スポンサーリンク

基本的には…

店員さんへの告白。いつも気持ちの良い接客をしてくれているから、
好きになった、など色々あるでしょう。

しかしながら、あくまでも店員側からすれば、あなたは
「お客様」でしかありません。
お客さん一人一人に特別な感情を抱いたりだとか、
親近感を持っているような店員さんは少ないと思います。

愛想が良いのは、親切なのは、それが仕事だから…
それを覚えておきましょう

(まぁ、時々愛想の無い店員さんも居ますけれど…)

告白された店員の本音

お客さんから告白されて「嬉しい」と感じる人は
あまり多くは無いと、思います。
少なくとも、私の身の回りにはあまりそういう人は居ませんでした。

愛より金が欲しいって人も多いのです!

告白された店員がどう感じるか、
基本的には3パターンかと。

・喜ぶ
・何とも思わない
・迷惑、怖い

そんな感じですね。

ちなみに喜んでもらえたとしても、OKが貰える可能性は低いと
思います。

何故なら、店員側からしてみれば、
お客さんの事を何も知りません。

なので、いきなり告白されたりしても、
戸惑う人が多いですし、場合によっては
「この人、断っても大丈夫なのかな…」と
怖がられてしまうこともあります。

また、あくまでもバイト・仕事はプライベートとは全く別物!と
考えている人間も居ます。
そういう店員さんには告白したところで、
何とも思っては貰えないでしょうし、
「面倒くさいなぁ…」ぐらいに内心思われてしまいます。

返事がないのが返事

アドレスやLINEを渡して、返事が無い…。
そういうう場合でも再度確認しに行こう!などと思ってはいけません。
返事をしない=穏便に終わらせたい ということです。
なので、返事が無かった場合はそのまま、忘れましょう…。

告白後、スタッフ間で…?

お店の店員さんに告白すると、スタッフの間で話題になるのかどうか、
…これはもちろんイエスです。

場合によっては、そのお店などの集まりなどでネタとして語り継がれることに
なってしまう可能性も0ではありません。

まぁ、スッキリとした感じで告白してスパっとあきらめるのであれば、
それほど話題にはならないでしょうけれども、
やはりそれでも話題になります

「さっき連絡先聞かれました」

「え?そうなの?」

みたいな、会話があるわけです。

笑いものにされるってことはあまりないでしょうけれど、
告白の際に挙動不審だったり、しつこかったりすれば、
お店の中で笑いのネタとして、語り継がれることになってしまうので、
気を付けましょう!

もう一度その店に行っていいの…?

普通にお店を利用する分には全然問題ないかと思います。
何事も無かったかのように平然と。
店員側は「あ、あの人だ」とは思いますが、あなたが何もしなければ
店員側も特に何とも思いません。

余計なひと言などはかけないことと、
間違っても、告白した際の話は蒸し返さないこと、
これさえ守れば再度利用してもらっても大丈夫です。

実際に私の旧勤務先でも、スタッフに告白した人間が
何回か買い物に来てましたが、特に「あ、あの人です」ぐらいの
会話しかありませんでしたし、
普通に買い物して大丈夫ですよ!

行き難い…というのはあるのかもしれませんが…。

怖がられる…

いきなりの告白…結構怖いものです。
別店舗ですが、お客さんに告白されて、怖がってしまった子が
そのままバイトを辞めた、という事例もありました。

告白される側にとっては負担になることもあるので、
告白する場合は、その覚悟を持って、告白しないといけませんよ。

実際にあった店員への告白

ここからは、実際に店員Kが雇われ店長をしていたお店であった
お客さんからの告白事例についてご紹介していきます。
その告白は成就したのか、そして店員間での反応は
どうだったのか…?

もし、お店の人に告白したい!と考えている方は参考に
してみてくださいね。

事例①連絡先を…

男性のお客さんが女性スタッフに、もし良ければ連絡先を…という感じで
声をかけたそうです。

スタッフの返事は「そういうのはちょっと…」という答えでした。

当時の店長は、それに対して終始ノーコメントだったようです
(その当時の店長はその手の話が好きでは無かったので…)

ちょっとだけ告白されたスタッフは気まずかったのだとか。

ちなみに、その告白したお客様はしっかりと気持ちの切り替えをし、
以降はそういった話を持ちかけてくることも無く、
お店の方にも普通に来ていました。

なので、お店の中でもその方がネタとして話題になることは
ありませんでした。

成就しなかったとは言え、理想的な告白ですね。
断られたらすっぱり諦める。
お店側としてはそうして下さると、一番助かるのです。

②連絡先を書いた紙を…

これも男性のお客さん→女性スタッフ のパターン。

今度は普通のサラリーマン風の方が上で書いたスタッフとは別の
スタッフに「良ければ…」というカタチで紙に連絡先を書いて
お渡ししようとしたそうです。

スタッフはこれをお断りして、紙も受取はしなかったとのこと。

このお客様はそれ以降はお店には来ていないようです。

こちらの事例の時は、私が店長だったのですが、
告白があった、という時間、私は休憩で近所のモスバーガーに
行っていたので実際に現場は見ていませんでした。

休憩から戻ってきた後に
「今、告白されたんですけど(笑)」みたいな感じで
そのスタッフから直接お話しを聞きました。

特に悪口は言われていませんでしたが、
このスタッフはおしゃべりだったので、結構話題にはなっていました。

最終的には店舗のスタッフ全員が告白された、という
話を知っている、というような状態になっていました。

③怖い…?

これは旧勤務先の別店舗の話。
男性のお客さん→女性スタッフ ですね。

連絡先を書いた紙を渡されて受け取ったそう。
しかしながら、相手の事も何も知らないし、連絡はせず
そのままにしておいたのだとか。

しかし、そのお客さんは返事が欲しいのか、毎日のように
親しげにお店にやってきていたらしく、結局その女性アルバイトスタッフは
バイトを辞めることになってしまったようです。

恐ろしいことですね…。

こういう事例はよろしくないです。
返事が無ければそれが返事だと思ってほしい。

それが店員さんの想いです。

④相手の事を知らないから…

これは女性のお客さん→男性店員のパターン

これもある日、良ければ読んでください、と
カウンターで紙を渡されたパターンですね。

紙の中には、接客中の雰囲気から好意を持ったというようなこと、
そして良ければ連絡下さい、というようなことが書かれていました。

結局、この事例の時は、そのまま反応せず、紙も処分し、終わりました。

理由は「相手の事を何もしならないから」とのこと。

確かに、お客さんと店員の間柄だと何もお互いの事が分からないので
告白された側も、戸惑い、迂闊に行動できないものですよね…。

まとめ

お客さんから店員への告白。

店員側からしてみれば、基本的には
「面倒くさい」「怖い」というイメージの方が強い印象。
少なくとも、店員Kの周りではそういう方が多かったです。

私自身も、面倒だと思いますし、余計なトラブルに巻き込まれたくない、
そう思うので、できることならば、そっとしておいてほしいなぁ…
と思う、というのが本音でしょうか。

まぁ、もちろん、告白されて喜ぶ店員も居るには居ると思いますけどね!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする