個人情報の取り扱い!流出で店は終わる!漏洩防止策5つ

店員Kです!

今日は個人情報についてお話していきましょう。

個人事業主として、仕事をしていくのであれば、
何かしらの”個人情報”を人から得る機会もあるかと思います。

取引先だったり、お客様だったり、
色々な方面の個人情報が集まるでしょう。

しかしながら、この個人情報、扱いには細心の注意を
払わなくてはなりません。

何故なら、流出させてしまえば、
それこそ、店・事務所の終わりが待っているからです。

今日は、個人情報を流出させてしまうと、どうなるのか?
そして、個人情報を守るために、2つの視点から、
個人情報流出を防ぐための手段なども解説していきますよ!

スポンサーリンク

個人情報が流出すると…?

まずは、個人情報が流出してしまうとどうなるのか。
これをお話ししていきましょう。

まず、個人情報の管理を不適切に行い、
漏洩・流出させてしまった場合、下記のような
ことが予想されます

刑事罰

これは法律によって、
・6か月以下の懲役
もしくは、
・30万円以下の罰金 と決まっています。

罰金にせよ、何にせよ
個人事業主はお店にとって、たとえ30万以下でも
非常に大きなダメージを受けますし、
信用面でも傷がついてしまいます。

民事賠償

これは流出させてしまった顧客への賠償ですね。
過去の事例から大体一人あたり数千円~数万円
賠償することになります。

ちなみに、これはあくまでも一人あたりの数字。

例えば、数万人の個人情報を流出させてしまえば…
トンデモナイ金額の賠償になるわけです。

信用面の損失

個人情報流出を引き起こせば、当然信用を失います。
取引先とのやり取りなども困難になるでしょうし、
お客様からの見る目も冷ややかなものになります。

結果、来店数や、あなたに仕事を依頼する人間の
数が減り、事業も立ちいかなくなってしまいます。

また、個人情報を流出させれば、その問い合わの電話なども
多くかかってきます。

その対応にも追われることとなり、
業務自体が停止してしまいます。

流出した場合まとめ!

個人情報の流出。
これは絶対にあってはならないことです。

特に、個人事業主の場合、資金的にも余裕等も
ないでしょう。

なので、ゼッタイに流出させてはなりません!

流出させてしまったら”廃業”
そのぐらいに思っておいて間違いないです。

個人情報を守るために・・・

では、ここからは個人情報を守るために、
大事な事、そして個人情報保護のために
導入しておきたい備品を順番に紹介していきます。

個人情報流出はさせてしまえば、取り返しがつきません。

1度でも流出させてしまえば、
”そういうお店””そういう会社”
というイメージが”永遠に”ついて回ります。

そうなれば、もう再起などできません。

なので、個人情報に対しては神経質すぎるぐらい、
しっかりと管理した方が良いですよ!

守るために導入したいモノ

個人情報を守るためにお店にぜひ設置しておきたいものを
説明・紹介していきます。

この2つはできる限り、自分の事業がスタートする前までには
準備しておくことをおすすめしますよ!

シュレッダー

まず、準備しておきたいものがシュレッダー。
事業をやっていると、色々と個人情報が書かれているモノを
手にする機会も多くなります。

しかしながら、それをそのまま捨てれば、
個人情報がゴミ袋の上から見えてしまったりと、
捨てた紙から個人情報が流出することだってあるのです。

ただ、いちいち手で切断していると時間がかかってしまいますし、
効率も良くないです。

そこで、シュレッダーを導入して
個人情報の書かれた紙は全てカットして処分することを
おすすめします。

流石にシュレッダーで粉々になった紙をつなぎ合わせてまで
個人情報を盗み出そうとする方はいないでしょうから・・・(汗

書類がものすごく大量に出る!という店舗や事務所でなければ
こんな感じのシュレッダーで良いと思います。

実際に私も↑を使ってみましたが、手軽に使えて便利です!

値段も2000~3000円なので、
お手頃価格だと思いますよ!

日常的に数百枚単位で個人情報を処分するようなお店・事務所でもない限り、
数万円もするような上質なシュレッダーをわざわざ買う必要は
無いと思います。

ウイルスセキュリティソフト

個人情報保護のために導入しておきたいもう一つのもの。
それがウイルスセキュリティソフトです。

今のご時世、パソコン上に個人情報を保存することも
多いですよね?

ネット販売などをしていれば、日常的に個人情報を
パソコン上で取り扱うことになると思います。

そんなパソコンを無対策で使うのは大変危険です!
ウイルスセキュリティソフトは必ず導入しておきましょう!

ウイルスセキュリティZEROやカスペルスキーなど、
色々なセキュリティソフトが世の中には出回っているので、
どれか一つ選んで、導入するのがベストです!

私が使っているモノとは別物ですが、
一番手軽なのは”ウイルスセキュリティZERO”という
ウイルス対策ソフトですネ。

更新など不要で、一度パッケージを購入してダウンロードするだけで
無期限で使えるというスグレモノ!

ちゃんとした実績のあるセキュリティソフトなので、
ウイルス対策も安心ですよ!

まぁ、もちろん、日々の予防
(怪しいファイルを開かない、怪しいサイトに行かない)だとかは
重要ですけどね!

日々の行動で守る!

次に、日々の自分の行動で個人情報を守ることについて
書いていきましょう。

当たり前のことですが、お店のカウンターに個人情報を置きっぱなしに
していれば、そこから流出する可能性だってあります。

上で紹介したシュレッダーやウイルスセキュリティソフトを導入することは
勿論ですが、日々の自分の行動にも気をつけましょう!

○人目につくところに置かない!
当たり前のことですね。上でも書いたようにカウンター上に個人情報を
放置したり、個人情報が記録されているパソコンを画面側が見える状態で
操作したり…。これは非常に危険です。
シュレッダーやセキュリティソフト以前の問題なので、
気を付けましょう。

○保管場所に鍵を。
個人情報を申込書などに記入してもらうような業種の場合、
その用紙を保管することになると思いますが、
保管場所は、分りやすすぎる場所は避け、
なるべく鍵などのかかる場所にしておきましょう。

現金と同じような感覚で、厳重に保管するのがベストです。

○人を雇う場合は…?
アルバイトスタッフさんなどを雇う場合は、
アルバイトさんにも個人情報の管理についてはしっかりと
教えておきましょう。
例えば、アルバイトさんがミスで流出させたり、
アルバイトさんに個人情報を盗まれたりした場合でも、
責任を取るのはあなたなのですから・・・。

プライバシーポリシーを作る?

お店や事務所の信頼をUPさせるため、
プライバシーポリシーを作っておくのも良いかもしれません。

内容は簡単なもので良いので、
「預かった個人情報は厳重に管理し~~
目的以外には使用しません~~」
のようなことを書いておけば良いでしょう。

それだけで、信用面が全然違いますよ!

まとめ

個人情報を流出させることは自分の事業の”死”に
直結する。そう考えておきましょう。

流出させられたお客さんも当然、大変ですし、
何より、自分自身の事業が個人情報の流出によって、
潰れてしまうかもしれません。

なので、個人情報の管理はしっかりとしていきましょう!

慎重すぎるぐらいがちょうど良いと思いますよ!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする