買取の裏側全暴露!1円でも高く売る買取のコツと買取の落とし穴

店員Kです!

皆様は「買取」を利用したことはありますか?
ゲーム、カード、ブランド品、色々なモノを売ることのできる
店舗がそこら中にありますよね?

しかし、皆様は何気なく買取をお願いしたりはしていませんか?

買取査定を行うのは
機械でもなければ、天使でもありません。
人間です。

貴方の態度一つで減額されたり、
ちょっとしたコツで少し得をしたり、
色々と”裏側”があるのです。

そこで、今日は元ゲーム店店長の店員Kが、
”買取”にまつわる裏側とコツを全部暴露していきますね!

スポンサーリンク

思わぬ落とし穴!?こんなところで減額に?

買取査定。
どのお店にもある程度決められた値段の付けかたと言うモノがあります。

しかし、皆様はお店の店員を信じすぎてはいませんか?
店員さんは機械ではありません。
思わぬところ、理不尽なところであなたが売ろうとした商品の
買取価格を下げています。

基準外での「買取価格値引き」
これはほとんどのお店で「行われていること」です。

なので、必要以外で値下げされてしまわないように
注意しましょう!

どうせ売るのであれば、少しでも高く売りたいモノですよね?

なので、減額される可能性のある、
注意点を順番にお話していきます。

態度が悪い!

貴方は買取をお願いするときに、高圧的な態度や、
偉そうな態度で商品を差し出したり、
カウンターに売りたいものを投げるような雰囲気で
渡したりしていませんか?

これは大変危険です。

何故なら、査定する人は人間です。
幾らでも理由をつけて、値下げすることができますし、
店員が話が言わなければ値下げされたことにすら、
貴方は気づかないでしょう。。

実際に「態度悪い」お客さんの買取査定時に
値下げされた事例を多々見ています。

しかも、その値下げ額は数百円~数千円。
あまりにもひどいとかなりの額を減額されます。

これは、担当者にもよりますが、
売るときに偉そうな態度はとらない方が良いです。

こんなところで損をしたら勿体無いので。。

急かす

これも良くないパターンです。

買取をお願いするときに
「急いでいるんで。」や
「なるべく早くしてもらえますか?」と一言。

これを言うと、確かに査定自体は早く終わります。

しかしながら、その分、雑に査定をするので、
値付けがいい加減になります。

そんなモンなの?と思われるかもしれませんが、
事実です。そんなモノなんです。

査定が雑になるので、
キズとかを見落としてくれて、査定額が高くなるのでは?
と思うかも知れませんが、逆です。

「もしキズがあったら」という「もしも」の判断で、
減額される可能性が高くなります。

つまり、急かすという事は査定額を下げることに
繋がる可能性が高いのです。

さらに、急かすことによって、あなたの心象も悪くなり、
最初に述べた理由で減額される可能性も
もちろんあります。

持っていき方が悪い

お店への買取商品の持ち込み方が悪い場合。

これも場合により減額される可能性があります

例えばカードを売るとき。
ゴムやケースに入れてある程度整理されていれば問題はありません。
しかしながら、ダンボールにどっさりと向きも種類も
バラバラに入れて持っていった場合。

これはほぼ100%減額されると思って間違え有りません。

ゲームソフトなどでもそうですね。
バラバラにダンボールに入れて言ったり、
ホコリまみれのまま差し出したり、
変なにおいがついていたり、、
そういう場合は減額されます。

何も知らなそうだと思われる

これは売る側には何の落ち度もないのですが、
これも減額のターゲットにされかねません。

例えば、レアなゲームソフトをお店に売りに行ったとしましょう。
買取相場が5000円ぐらいのものを…。

しかし、お店側は売りに来た人を見て、
「この人価値を知らなそうだな」と判断すると、
それを100円で買い取ったりすることもあるのです。

「嘘だ!」と思うかもしれませんが、本当です。

「価値を知らない」というだけで値段を下げられる可能性がある。
買取とはそういう世界です。

「何も知らなそうだな、この人」と思われないようにするためには、
買取をお願いする際に一言、
買い取り金額によっては売ろうと思っているのですが・・・」と
つけ加えるのがベストです。

それにより、お店側に嫌なイメージを与えることなく、
「さっきの言い方は安ければキャンセルするってことだな」という
イメージを与え、減額される可能性を大幅に減らすことができます。

↑これ、かなり効果があります。
私も長年買い取り業務をしていますが、
この系統のセリフを言われた時には警戒し、値段をいつも以上に
高くつけることだってあります。

行く時間が悪い!

買取に持っていく時間が悪いと減額される可能性もあります・・・。

例えば、混雑している時間帯。
たまたまその時間にお店に行ってしまったら不運と思うしかありません。
どうしても混んでいると査定が雑になったり、厳しめに査定されたり
するパターンも多いです。

そして、↑以上に危険なのが、閉店間際の時間に持ち込むこと。
断られる可能性もありますし、査定してもらえたとしても、
減額されたり、査定が雑になる、そういったパターンも多いです。

実際に
「こんな時間に持ってきて…厳しめに査定してやる」という
会話を聞いたこともあります。

その他の減額可能性!

細かいことですが、まだ減額可能性のある事柄も…。

・あまりにも大量
商品を1度に大量に持ち込むと、査定する側は慌てます。
なので、値付けも雑に、安めになる可能性が高いです。

・天気の悪い日
雨などで商品が濡れると減額されます。
「される可能性」ではなく、されると思ってください。
なので、雨の日などはなるべく避ける、もしくは
厳重に濡れないようガードしていくしかありません。

減額されないコツまとめ!

必要以上に減額されないようにするためには、
・自分の態度に気を付ける(人並みであれば問題ないかと)
・急かしたりしない+閉店時間間際などに行かない
・売るものをぐちゃぐちゃの状態で渡したりしない
・何も知らなそう、だと思われないようにする

あたりですね!
これさえ気を付けていれば、基準値以上に
減額されることはないかと思います。

1円でも高く売るコツ!

やはりモノを売るからには1円でも高く買取して
欲しいものですよね?

ココから先は1円でも高く商品をお店に売りつける
方法を伝授していきます。

迷っている演出をする

買取の受付をしてもらう際に
「迷っている」素振りを見せること。

これが買取金額UPに大きな効果を発揮します。

この人は「必ず売るだろう」というイメージを持たせず、
店側にプレッシャー(高圧的にかけると逆効果)を
かけることで、減額を避け、むしろ高額での買取を狙うことができます。

「値段次第では売ろうと思います」という感じで伝えると
効果アリ!
私も、値段を気を付けてつけるようになりますから(気持ち高めに)

これは必ず言った方が良いです。
1円でも値段を上げたければ…。

持って行き方

ある程度綺麗にして持っていきましょう。
その方が好感度も上がりますし、査定の際に減額される可能性も
減ります。

また、一度に爆発的な量を持っていくのではなく、
量が多い場合は分けた方が良いかもしれません。

一度の大量持込みで減額される恐れもありますし、
繰り返しお店ぬに行くことで、店員さんに覚えてもらうことが
できるためす。。

査定終了後に…

査定終了後に値段を伝えられたら、数秒「う~~ん」という
迷う演出を入れてみると良いかもしれません。

そうすることで、店員さん側から
「○○円ならあげられますよ」みたいな提案がある可能性もあります。

え?そんなことで!?と思うかもしれませんが、
実際にあった話なので・・・。

高く売るコツまとめ!

高く売る一番のコツは相手からの心象を悪くすることなく、
商品の状態をそこそこの状態で持っていく!ということですね。

あとは「芝居」
ちょっと悩んでいる演出をすることで、値引きを防ぐことができます。

買取の裏話

ここからは買取の裏話をご紹介していきますね。

売るときに「絶対なんか裏で言われてそうだよな」や、
タダで引き取ったものも売ってるよな?などと
思ったことはありませんか?

と、いうことで気になる裏話をご紹介していきますよ!

裏で何か思われている?

これ売るの恥ずかしいなぁ…などと思ってなかなか売りに
行けない!なんてことはありませんか?

大丈夫です。
例えば大人の男性がハローキティのグッズを売ったり、
少女漫画を大量に売ったりしても、
あまり何も思われません。

逆に、何か思われる可能性が高いのは
下のような事例です

・同じものを何個も売る。
例えばゲームソフトなど、同じタイトルを2個も3個も持ってくと
「あれ?これどうしたのかな?」などと怪しい目で見られます。

・未使用品を売る。
一度も使っていないゲーム機本体やブランド品など、
未使用品を売る場合。
何回も繰り返していると店のスタッフ間で
「あの人盗んでるのかな」などという噂が広がり始まります。

店員に嫌われる!?

店員も人間なので、売り方によっては
「この人、鬱陶しいな」などと思われてしまう可能性も0では
ありません。

例えば、こんなタイプの人は店員さんに嫌われてしまいます。

・いつもキャンセルする
1度、2度なら全然問題ありません。
しかし、毎回のように持ち込んだ商品を全部キャンセルしていると
だんだんと嫌われてきます。

お店にとって査定→キャンセルは時間の無駄でしかありませんので…。

・閉店間際ばかり
閉店間際にばかり売りに来る人。これはとても嫌われます。
ブラックリストに載り、スタッフ間で情報共有されてしまう恐れも。
営業時間内だからいいだろうが!という気持ちももちろん分りますが、
店員も人間。営業時間=仕事時間が終わったら帰りたいものなのです。
なので、嫌われる可能性は高いです。

・査定だけ
「査定だけお願いできますか?」これも嫌がられるパターンですね。。
先ほども書いたように査定だけ=お店のプラスにはならない ということです。
後々売りに来るタイプの方であれば嫌われることはありませんが、
子供が「査定だけ」とカードを100枚ぐらい出してくるようなパターンは
確実に嫌われます。

人によって買取金額が違う

お店によってだとは思いますが、人によって買取金額が違うことは
多々あります。

私の勤務していた前の勤務先でも、
そういうことがありました。

私の休日に別のスタッフが査定した時は、3000円ぐらい。
私が後日査定したときは、4000円ぐらい。
そんな感じです。

どこのお店でも
「査定が厳しめの人」と「査定が緩めの人」が居ます。

行きつけのお店がある場合などには、
何回か色々な担当者相手に売ってみて
「この人は高い」「この人は安い」などと
比べてみるのも良いかもしれません。

買取値段の決め方は?

買取価格の決め方はマニュアル化されている店舗と
そうでない店舗があるはずです。

マニュアル化されている店舗はある程度金額の決め方が
定まっているので大幅なプラスをされることはないでしょうし、
逆に大幅にマイナスされてしまうこともありません。

グループ企業で、本社から買取データなどが提供されている
お店はそういう場合も多いですね
(もっとも、全ての店舗が本社の指示に従うとは限りません。
基本、本社の買取データベースなどというものは
更新が遅く、現場を理解できていない価格であることが
多いモノなので。)

マニュアル化されていない店舗の場合は、
独自の基準で買取をしているハズです。

オークションでの落札相場や他店の買取価格表などを参考に、
色々なデータを照らし合わせて金額を決定している
ことが多いです。

なので、後者の買取パターンの場合は、
担当者によって大幅に増減することもあるというわけです。

無料で引き取りしたものはどうしている?

よく売ってるんだろう!と言われますが、
大半は「処分」されています。

お店も何でもかんでも置いておけるわけではないので…。

人づてに聞いた話ですが
ブックオフなどの「処分しておきます」は
本当に処分しているそうです。

しかも、手間暇かかるので、逆にマイナスだとか。。

なので、決して引き取ったもので儲けたりしているわけでは
ないみたいですね。

売りに行く人によって…?

売りに行く人間によって買取額が変化しているのではないか?
という疑問を時々聞きます。

答えは…非常に残念ながらそういうこともあると思います。

ひどい話ですが、
強面の若者 と 弱弱しそうなおじいさん、
この2人が同じものを売却しに来たら、どうなると思いますか?

答えは言わなくても分かるでしょう。。

美人と汚らしい風貌の女性が居たとすれば??

これも分かると思います。

勿論、私は人の見た目で査定額は変えません。
ですが、そういう変え方をしている担当者を
見たことが何回もあります。

ですから、ザンネンながらこの世はそういう仕組みに
なっているのです。

買取まとめ!

どうしたでしょうか?
買取にもさまざまな裏の部分、闇の部分があります。

基準が決まっていて公正に買取してもらえるー?
そんなのは夢物語。

買取には通常の査定と”裏査定”そういうのが
複雑に絡み合っているのです。

なので、売る側にできることは
なるべく相手の心象を悪くしないようにすることと、
賢く立ち回ることですね。

減額される可能性を少しでも、減らし、
少しでも高く売れるよう、色々試行錯誤してみると良いですよ!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする