自営業のレジ レジの選び方とレジまわりの準備!

店員Kです!

自営業として開業するまでには色々な準備が必要です!

”店舗の備品を揃える”これも大事な準備の一つです!

しかしながら、お店に必要なモノなんて、
普段なかなか見ないので、どれを買ったり、
何を買ったりすれば良いかなかなか難しいですよね。。

と、いうことで今日は自営業のレジまわりの準備とおすすめレジに
ついて書いていきますね!

これさえお読みいただければ、
レジまわりの準備は完璧!?・・・かもしれません。

スポンサーリンク

レジを準備!

レジまわりの準備、まずはレジが無くては始まりません。
事務所系ならば、レジは必要ないかも知れませんが、
小売業であったり、飲食店であったり、
お客様からお金を預かるお店であれば、必ずレジは必要です。

レジは長い間、苦楽を共にする(?)存在になるので、
しっかりと選んでいきましょう!

POSの導入は後!

大手の店舗だと、POSレジというものが主に使われていますね。
コンピューター上で在庫などの管理をするあのシステムです。

しかしながら、このPOSレジ、
費用が数十万かかるので、なかなか個人での導入は難しいですし、
最初にあまり費用をかけるのも得策ではありません。

自営業の場合、そこまで在庫量も増えないハズですから、
まずは手打ちのレジからのスタートをおすすめします。

どうしてもPOSレジを入れたければ・・・

どうしてもPOSレジを使いたい!という場合、
方法が無いわけではありません。

この記事では通常レジをメインに解説していきますが、
こちらのエアレジというものを導入すれば
(ipadやiphoneは必要ですが)
初期費用をほとんどかけずに、POSレジを使う事ができます。
(ipad上などで会計操作をする、という感じですね)

レジの選び方

ここからはPOSレジではない、レジを導入する場合の話を書いていきますね。
↑のエアレジを導入する場合はこの部分は読み飛ばしても問題ありません。
下の、レジ以外のレジまわり備品について読んでいただければレジまわりの
準備は完璧です!

では、どんなレジを選べば良いのか?

まず、あまりにも安いモノ(数千円)だと、玩具系の可能性があります。
実際に買ってみたら玩具レジだった!なんてことにはならないように
気を付けましょうね!

基本的にレジの相場は1万円~3万円ぐらいです。

レシート発行、領収書発行、集計機能などがついているものを
選べば良いと思います。

ただ、レジもいろいろありますし、
いきなり○○機能がある、ない言われても分からないと思いますし、
大変ですよね。

私も最初は悩みました。
どれを買えば良いのか…
失敗したらイヤだしなぁ…と。。。

なので、今後レジを買う方のために
おすすめのレジを書いておきますね!

私がおすすめするレジがこれ。

レシート、領収書発行機能、集計機能など、
全てちゃんと揃っており、
デザイン的にも、サイズ的にも自営業で使う分には
持ってこいのレジですね!

私のお店でも使っていますが、
機能的にもなんら不便はありません!

レシートの交換も簡単ですし、
おすすめです!

小銭を入れるスペースも自営業であれば十分かと。

ちなみに上記のレジを導入する場合、
最初からついているレシートのロール紙はテスト用なので、
すぐになくなってしまいます。

それこそ、営業初日もたないぐらいの長さです。
なので、必ずOPEN前にレシートロールも用意しておきましょう。

上のレジに使えるロールはこれですね。

大体1000円ぐらいですね。
5個入りなので、これを買っておけばしばらく大丈夫です。

初日にいきなりレジロール切れ・・・
なんてことにならないように気を付けましょうね!

レジは↑のレジに限らず、最初にある程度の初期設定が必要なので、
それぞれのレジについている説明書を読みながら設定しましょう!

OPEN当日にやるのは大変だと思うので、
OPEN前の準備期間にレジの初期設定も終わらせておくことをおすすめします。

レジまわりの備品

さて、レジを設置したらそれで終わり・・・
というわけにもいきません。

まだ、準備しておくべきものがあります。

ここからはそれらを順番に紹介していきますね。

コイントレー

まずはコイントレー。
お会計時にお金の受け渡しをするために使うヤツですね。

あってもなくても良いんじゃ・・・?
と思われるかもしれませんが、
これがある、ないではだいぶイメージが違います。

と、いうより小売店で、トレーが無い店なんて
ありませんよね?

なので、しっかりとこちらも準備しておきましょう!

100円ショップやホームセンターなどで売っているはずです。

個人的にコイントレーにはそれほどお金を賭ける必要は
無いと思うので、100円ショップのモノで全然OKだとは
思いますが、
少しおしゃれにしたかったり、
トレーのお金を置く部分に宣伝などを挟みたい方は
(ある程度の値段のやつだと、トレー部分に紙をはさめます)
少し高いのを買ってみると良いかもしれません。

ネットで買うのであれば、こういうモノで良いと思います

いずれにせよ、コイントレーは設置しておいた方が良いです。

高い買い物ではありませんし、
トレー一つで利便性・イメージがずいぶんと違ってきますから。。

呼び鈴

これは必須ではありませんが、
店員さんの不在時にお客様が店員を呼ぶためのベルですね。

これがあると、自分が奥に引っ込んでいる時なども、
お客さんに気づかず、放置し続けてしまう!ということも
無くなるでしょうし、
声を出して、店員を呼ぶのが苦手(本当にいるんです・・・)
という人も気軽にベルで店員を呼ぶことができるので、
店側にとっても、買う側にとっても、
なかなか便利なモノです。

ちなみに、この呼び鈴も100円ショップなどで販売されています。

もし、レジに設置するのであれば
100円ショップで購入されると良いと思いますよ。

レジの設置

レジを購入したら設置しましょう。
電源にはコンセントも必要なので、場所の確保を忘れずに。。

レジの設置場所はやはりカウンターが基本です。
お客様に背を向ける向きは避けて、設置すれば大丈夫です。

背を向けていると、接客上もよろしくありませんし、
お金の出し入れが丸見えで防犯上も良くないので、
その点だけは気を付けましょう!

その他備品の設置

コイントレーと呼び鈴の設置。
これはレジの横あたりにしておけばOKですね。

言われなくても大丈夫だとは思いますが、
この2つはお客さんから手の届く場所に置いておきましょうね。

レジまわり チェックリスト

レジまわりに設置しておくべきもの、設置しておいた方が良いモノの
まとめです。

・レジ (エアレジでも良いですね)
・レシート用紙
・コイントレー
・呼び鈴

とりあえず、これだけあれば会計作業、
レジ打ち関連は完璧です。

まとめ!

レジはお店の顔の一つと言っても過言ではないでしょう。
開店前にしっかりと用意して、万全の体制で営業開始できるよう、
しっかりと準備しておきましょう!

ちなみに、開店前にレジの操作方法を一回
試しておくことをおすすめします。

いきなり本番のレジ打ちとなると戸惑いますからね。

できれば、レシートロールの交換も一回試しておくと
良いですよ!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする