宇宙人は居るのか?もし地球に宇宙人がやってきたらを本気で考察

店員Kです!

かなり話題がそれてますが…(笑)
私は宇宙系の話題が結構好きです。
小学生~中学生ぐらいの頃には、宇宙の本なども結構読んでいました。

考えれば考えるほど、
頭がおかしくなってしまいそうな、宇宙ですが、
皆様は宇宙人はいると思いますか?

今回の記事では宇宙人が居るかどうか、
そしてもし映画のように地球に宇宙人がやってきてしまったら
どうなるのかを真剣に考えてみますよ^^

あくまでも店員K独自の考察ですので、
その辺はご了承ください!

スポンサーリンク

宇宙人は居るのかどうか?

正直なところ、宇宙は果てしないほどに広いですし、
皆様がよく知る太陽系など宇宙全体から見れば
塵みたいな存在です。

惑星など吐いて捨てるほど宇宙には存在しますし、
実際に地球と似たような環境を持つ(であろう)と
されている惑星も見つかっているワケです。

今の人類の技術ではそこがどうなっているか
確認することは難しいですが、
人間がハッキリと生命体が居ないことを確認している惑星など
宇宙の100分の1にも満たないわずかな惑星のみ。

そう考えると、いるような気がしてきませんか?

店員Kの考え

宇宙人はいると思いますよ。
ただ「人」と評するような存在ではなく、
昆虫のような形だったり、地球からは予想もつかないような
全く違うシステムの生命体だったりすると思いますが…

よく映画で見るような人型の宇宙人だとか、
そういうものではなく、もっとなんか違うカタチの、
予想もつかないような性質をもったものは宇宙のどこかには
必ずいると思います

人間より優れた生命体もどこかに居るでしょうし、
反対にゴキブリレベルの知能しか持たないような生命体も
居ると思います。

宇宙にこれだけ多くの惑星があり、
人間が確認できないような位置にまでそれが広がって
いるのですから、全宇宙で地球だけが特別に生命体が
居る…なんてことは無いと思います。
必ずどこかに何かはいるはずです。

文化も全く違う

どこかに人間レベルの知的生命体が居たとしても
その文化は全く違うでしょうね。
そして、分かり合うことも難しいと思います。

お互い異なる世界で生きているもの同士。
突然出会っても理解し会えるとは思えません…。

言葉も全く通じないでしょうし、
お互いの行動も理解できないでしょう。

そもそも、見えている風景もお互い違うかも
しれませんし…
(人間の目と同じように見えるとは限らない)

宇宙人がもし地球にやってきたら?

宇宙人がもし映画のように地球にやってきたら…
その可能性は0ではありませんね。
ですが、今のところ地球に宇宙人がやってきているような
雰囲気はありませんし
(変な噂は色々ありますけど恐らくネタでしょう)
宇宙人は現状、地球には来ていないものと思われます。

しかし、いつの日か、突然宇宙人が地球に現れる
可能性も否定はできませんね。。

宇宙は広いので、必ずどこかにそういう生命体は居るはずですから…

何故、宇宙人は地球に来ないのか?

最初に私は宇宙人はいる、と書きました。
ではなぜ、宇宙人は地球に来ないのか。

1つは、技術的な問題。
地球も(恐らく)かなり技術は進歩していると思うのですが
それでも月に到達するのがやっとです。
地球に到着するような技術を持った宇宙人が宇宙には
居ないのではないでしょうか。

そしてもう一つは、宇宙が広すぎる、ということ。
宇宙はとてつもなく広いです。
どこかに他の惑星に行けるレベルの技術力を持っている
宇宙人が居たとしても、無数にある宇宙の惑星の中で
わざわざ地球に目をつける宇宙人が居ない、
それだけの事だと思います。

他の惑星を旅できる技術があったとしても
まずは近場の惑星を旅するでしょうからね…。

もしかすると、地球は宇宙の中でも
田舎(?)に位置する惑星なのかもしれませんし(笑)

宇宙人が襲来したら、負け

もしも地球に宇宙人が現れたら…
その時点で試合終了ですね^^
相手が運よく、友好的な種族であればまだマシですが、
そうでは無く、敵対的な種族だったらその時点で終了です^^

地球まで到達できるような技術を持つ相手に
勝つことなど絶対にできませんし、
突然現れた宇宙人を前にしても、各国は法律などに囚われて
大した行動も出来ないまま壊滅的状態に追いやられてしまうでしょう。

宇宙人がもし地球に現れたら
友好的にせよ、敵対的にせよ支配される側に
早変わり…
考えてみると恐ろしいですね。

このブログの文章を書いている今、この瞬間に宇宙人が
現れてもなんらおかしくないですし…。

いずれにせよ、宇宙人が現れてしまえば、
今の生活は一変するでしょう…

敵対的種族が現れた!

宇宙からやってきたのが敵対的な存在だった場合、地球はお終いですね。
まず、圧倒的戦力差による攻撃を受けて大打撃を受けるでしょう。
災害などとはくらべものにならない量の人間が犠牲になるでしょうし、
社会の機能はストップし、大パニックが起き、
生き残った人間による犯罪行為なども横行し、まさに地獄のような
世界になるかと思います…。

相手が支配を目論むようなタイプであれば
敵対的宇宙人の元、生き延びることはできるかもですが
(環境は最悪でしょうけれど…)
相手がただ破壊を目論むようなタイプであれば
1年持たずに全滅してしまう気がします。
残念なことですけど…

友好的種族が現れた!

現れたのが友好的種族である場合…
ただ、これも問題です。
地球まで到達した、ということはやはりその実力差は圧倒的。

仮に友好的な種族だとしても、対応する人間は常に
気を遣わなくていけませんし、なんかの拍子に
宇宙人が豹変してしまう可能性も高いですよね。

そして、この場合も
”自分たちよりこの種族ははるかに格下だ”と
宇宙人が判断すれば
”保護”という名目で支配しだす可能性も…

敵対的にせよ、友好的にせよ、宇宙人が地球に
やってきた時点で試合終了なことに変わりないような気がシマスネ…

宇宙人は倒せるのか?

地球に到達したような種族であれば、技術面で宇宙人を
倒すことはできないでしょう。
ただ、地球上に運よく、そのやってきた種族に対する”弱点”があれば
倒すことも可能かも知れません。

映画「宇宙戦争」のように、
人間にとっては+となる物質でも宇宙人にとっても+とは限りません。

もしかしたら酸素を吸い込んだだけで消滅してしまうような
種族かもしれませんし…。

相手がそういう種族であれば、もしも地球に宇宙人が現れた
場合でもまだまだチャンスはありますね…

人間と体のつくりやシステムが全く違うでしょうから、
こういう可能性も0ではありません。

ただ、逆の可能性もありますけど…
(宇宙から持ち込まれた”何か”で簡単に人類全滅とか…)

宇宙への交信は危険?

地球に宇宙人がやってきていないのは”たまたま”かもしれません。
個人的には宇宙人には関わるべきではないと思いますね。

興味本位で宇宙人とコンタクトをとれば確実に
争いが起きます。

万が一、地球からの交信に気づいたどこかの宇宙人が
地球を侵略しようと考えてしまったら…?

地球に打つ手はないでしょう。
なので、不用意に、興味本位で宇宙人との接触を図る
行為は個人的には”危険すぎる”行為だと思いますね…
本当にアブナイと思います。。

まとめ

なんとなく宇宙人について真剣に考えてみました。

店員Kの考えをまとめると
”宇宙人は必ずどこかに居るハズ”

”宇宙人が地球にやってきたらどんな形にせよ、
 ほぼ100パーセント支配される”

こんなところです。。。

宇宙人について考えれば考えるだけ恐ろしいですね。
ある日急にあらわれでもしたら
人生一変してしまいますからね…

その日が最後の日になってしまうかもしれませんし…

なので、私は宇宙人には関わりたくありませんし、
会いたくもありません(笑)


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする