自営業は結婚できない!?10の理由とは?結婚したければ自営はNG

店員Kです!

皆様は結婚についてどうお考えですか?
”したい”と言う人も居れば”どちらでもいい”と言う人も
居るでしょうし、”絶対にしない”という人も居ると思います。

今回はこの結婚について。

自営業の結婚。
これは大変難しいことです。
自営業として事業を始めれば結婚という道からは
遠のく、そう考えても良いでしょう。

なので、結婚したい!という人には自営業はおすすめしません。
何故なら、自営業には色々な”結婚から遠のく要素があるから”

今回はそのあたりについて書いていきましょう!

スポンサーリンク

自営業は結婚できない?

…ということはありません。できる人はできます。
ですが、自営業になれば一度は結婚から遠のくのも事実。
自営業の人間と言うのは色々な面で結婚にはフリになるのです。

私のような気にしない人間であればともかく
「結婚したいなぁ」と考えている方には自営業は
個人的にはあまりおすすめできません。

自営業が結婚できない理由

それでは、ここからは自営業の人間が結婚から遠ざかって行く
理由について書いていきましょう。
理由はさまざまありますが、
これから書いていく部分は、「結婚」という要素に対しては
あまり良いものではありませんし、
結婚が遠のいていく要因になります。

①お金が無い!

自営業は案外儲からないものです。
一部の成功した人たちは儲かっていますが、
中にはギリギリまで切り詰めてやっと、な人も居ますし
貯金を崩して月々の支払などをしている人が居ます。

そうすると、もはや結婚どころじゃないですよね。
いくらメルヘンチックなことを相手が言っていたとしても
やっぱり結婚をするにはお金が必要、とうことです。

お金が無い人間と結婚する人は居ません。
結婚できたとしてもそのあとが続かないでしょう。
やはり、世の中、お金です。

なので、事業が軌道に乗るまで結婚なんて出来ないと思いますし
それどころか恋愛どころでもない、というのが
現実的なところだと思います。

②時間が無い!

そして結婚できない理由その2が”時間が無いこと”
なんだかんだいって、自営業には時間がありません。
帰宅したあとにはもう疲れていてくたくただったり、
まだ仕事が残っていたり…

週休2日とるなんてなかなかできませんし、
儲かってない商売の場合は、それこそ休日なんて
とることもできないかもしれません。

そうすると人と出会うこともありませんし、
万が一相手が居たとしても、その相手を構うことも
できず…。

最終的には破局するのがオチなのですよね。

③将来に不安

自営業は、招来が不安定です。
例えば、今月 数十万の収入が利益であったとしても
来月は0かもしれませんし、マイナスかもしれません。
そういう不安定な状況の人とはなかなか結婚したがる人も居ません。

付き合うところまで言ったとしてもそこどまりで、
それ以上進まない!というパターンですね。
無理もないです。

結婚相手が事業に失敗して、もし自分に借金がまわってきたら…
自分の立場になって考えてみれば分かりますよね。
あ、結婚したくないわ…って思いませんか??

④相手両親の反対の可能性も…

世間一般的に”自営業”は信用のないものです。
相手の両親から反対に遭う可能性も高いです。
実際に、反対された、という人も知っているので…

相手が自営業に対してどのような感情を持っているかに
よりますが、良いイメージを持っていない方が
両親だった場合、説得は非常に困難ですし、
自営業者に対するイメージを変える!なんてことは
なかなかできないでしょうから、大変なことです。

最悪の場合、結婚どころか、
別れさせられる可能性もあります。

自営業に悪いイメージを持つ方、
そして「ウチの子を自営業のところに行かせるわけにはいかん」
みたいな方が一定数存在するのは事実です。

⑤手伝わされそう…

恋人の方がそう思ってしまう可能性も…
例え、あなたにその気が無くても相手はそう感じるものです。
そして、やっぱりサラリーマンと自営業では勝手が違うので
手伝わせる!とかそういう事が無かったとしても結婚相手は
戸惑うものです。

そういった1面もあり、より結婚しにくい環境を作り出します。

とはいえ、大丈夫だと思いますが恋人にはちゃんと
”自営業”であることは明かしましょうね。
隠しながら付き合うのはNGですよ^^
結婚した後にどうせ気づかれますし、もし隠していたことに
気付かれれば、関係に亀裂が入る可能性もあります。

⑥忙しい

これは自営業として働く本人の問題ですが、
仕事が忙しかったりして
疲れていて恋愛だの結婚だの考え付かないことも
多いですよ。
それどころじゃない!と言ううちに、年齢を重ねて
結婚できないまま、40や50になるケースも。

まぁ本人が気にしないのであればそれはそれで良いと
個人的には思いますが、結婚したい!という方に
とってはなかなかの問題点ではあります

⑦そもそも出会いも無い

自営業は基本的に一人でやることも多いです。
そうするとサラリーマン時代に比べて
人とのかかわりが薄れる場合が多いですから、
そうすると必然的に出会う機会も失われます。

やっぱり出合いが無ければ結婚相手も
見つからないでしょうし、だからと言って、
婚活したりするのも面倒でしょうし・・。

と、いうことで自営業は、誰かと結婚するのは
非常に難しいことなのです!

⑧賭けにでるようなもの

自営業と結婚する、ということはその人に人生を賭ける、
ということです。パートナーが事業に失敗したら
はい、さようなら。というわけには行きませんから
結婚に慎重になるのは当然です。
自営業との結婚はここも怖いところの一つですね。

自分の人生をこの相手にかけることができるのかどうか。

そう考えたときに多くの人間は
別の道を選びます。

自営業の廃業率が高いのはご存じのとおり。
「この人も結局廃業するだろう」
多くの人はそう思い、自営業との結婚を避ける傾向にあります

⑨手続きなども面倒くさい…

やはり、世間一般で多いのはサラリーマンです。
自営業と同じ家庭に入れば家計などの手続きも面倒に
なりますよね?
確定申告なども自分たちでしなくてはなりませんし、
経費に混ぜるために領収書を…だとか
自営業の過程は何かと面倒なことになります。。
こういう一面も自営業が敬遠される理由の一つだとは
思います。

⑩子供に継がせることになるかも?

もしも結婚して子供が出来たとき。
その子供にも自営業を継がせることになる…

そう考える人も居ます。

勿論、成功してれば安定した将来を約束できて
メリットだと考える人も居れば
子供に最初からレールを敷いてしまうなんて
可愛そうだと考える人も。

この辺は相手次第ですが、嫌がる人が居るのも事実です。

とにかく自営業と結婚したい!という人は少ないのは
まぎれもない事実ですね。

自営業は結婚できないの?

「結婚できない」わけではありません、ただ「可能性は低い」です。
家庭を作りたい!という想いが強い人は自営業はやらない方が良いです。
私のように、それが二の次で、別の方面に力を入れたい人間は
良いと思いますが、そうでない場合は、よほどの理由が無ければ
普通にサラリーマンをやっていた方が良いのではないかな、と
思いますよ!

まとめ

いずれにせよ、自営業の人が結婚するのが難しいのは事実です。

特に、開業してから日が浅い方や、事業の規模が小規模な方は
尚更。爆発的に稼いでいる人なら別ですがそうでない人の
結婚は非常に難しい、ということは覚悟しておきましょう!

相手方の家族に「自営業」だと伝えた瞬間に
反対されたりするパターンはよくあるみたいですね。

まぁ、その辺はあまり気にならない!という人であれば
別になんら気にする必要はありません。

100パーセント結婚できないわけではないですからね。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする