とある親友の裏切りの話…。実際にあった裏切り!AとBの話。

店員Kです!

店員K-NETではバイトや職場の話を中心に
記事を書いてますが、
時々人間関係の話題もこっそり書いています(笑)

以前、友達を裏切る人の心理、みたいな記事を書きました。
友達だと思ってても、突然裏切られることも
ありますからね…

まぁ、せっかく先日 友達の裏切りについての記事を
書いたことですし、
今回は店員Kが実際に体験した裏切りについて
お話していきましょう。

スポンサーリンク

裏切りの話…

親友だと思っていた人間が裏切る…
大変傷つくと思います。
勿論、裏切る側にも何らかの事情はあるのだと思います。
ですが、裏切られた側は辛いですよね。
と、いうことでここからは店員Kが体験した”裏切り”の
お話をしていきますよ!

遠い過去の話…

遠い過去の話。小学生時代の頃まで話はさかのぼります。
小学生高学年の頃、初めてクラスが一緒になった
「A」と「B」という2人の男子が居ました。

二人は好きなゲームの話などをしていくうちに意気投合。
いつも休み時間、一緒に遊ぶぐらいの親友となりました。

AもBもお互いを親友として認識していて、
自他共に認める友人関係となっていました。

好きなゲーム、
バイオハザードだの当時はやっていた無双だの、
そんなゲームの話で盛り上がったり、
お互いの家を行き来したり、とにかく当時、二人は
仲良くやっていたものです。

5年生、6年生と2年間で二人は、とても仲良くなり、
親友と言える間柄でした。

そして迎えた卒業式。
卒業式後の打ち上げのような会場で
AとBは、4月からの中学校生活の話をします。

中学校もすぐ近くの場所にあり、
二人とも、またクラスが一緒になればいい、などと
冗談交じりで話していました。

そして、楽しい小学校生活はここで幕を閉じることに。

突然の別れ?

しかし、中学校生活の始まり。
Aは市立中学へ進む道を選びました。
Bには最後まで言いだせなかったのでしょう。
Aは市立中学で、新しい仲間たちと共に中学校生活を送ることに。
この時のAには色々な思いがあったのでしょう。

そしてBは公立中学校へと進みました。
クラス分けの表を見て、Aはここには来ない、ということを知ったB。
その時は悲しかったことでしょうね。

ですが、Bは中学校で出会った新しい仲間と仲良くなり、
次第にAのことを忘れていきます。

そしてAはAで市立中学校で出会った新しい仲間たちと
共に中学時代を過ごし、
Aにとっても、Bにとっても、新しい道が始まり、
2人の親友は別々の道を歩んでいきました。

しかし…

まさかの再会…

Aは私立中学校で色々なことを体験しました。
そしてー1年が経ったある日。
Aは決意しました。

公立中学校への転入を。
市立中学から公立中学校へ戻ることにしたA。

そしてAは懐かしい名前を目にします。
小学校時代の親友、B。

そして転入したAのクラス分けは
”B”と同じクラスでした。

また、あの時と同じように、親友であるBと同じ時間を
過ごし、たっぷり遊ぶことができる。

新しく担任になる先生は言いました
「このクラスに仲良い人はいるかどうか?」と。

そしてAは答えました
「Bと仲が良いー」と。

時は人を変える

Bは、ある日の朝、Aが転入してくることを知りました。
そして、自分のクラスにやってくることを…

しかし、Bにも1年の間に色々な事があったようです。
体調の変化や、新しい友達との出会い。

人は1年あれば変わるのかもしれません。

廊下でAとBは再会を果たすことに。
そしてBはAと目線があった時に目を逸らしました。

学活の時間、Aは先生に紹介されて、
クラスメイトの一員に。

しかしその日、ついにBはAに声をかけることはありませんでした。

何故かはわかりません。
ただ、Bもいろいろ苦労して、色々と心境に変化があったのでしょう。
”Aが何も言わずに居なくなってしまった”
そういう想いもあったのかもしれません…

永遠に失われた友情

Bは、Aを無視しました。
中学校で出来た友達と楽しそうに話すB。
Bには新しい友達が出来ていました。
Aのことは全く目に入れようとせず、
そんなBを見たAもまた、
次第にBが変わったことを悟り、
離れていきました。

こうしてついに2人は、同じクラスでありながら
一切話すこともないまま、進級し、
3年生になってクラスが別れることに。。

AはAで新しい友人を作り、
BはBで新しい人間関係の中、楽しい中学校生活を送りました。

Bからすれば何か理由があったのでしょう。
幼稚な考えで、なんとなく話しかけにくいままズルズルと引きずり、
また”ある部分”が変わってしまった自分を見せたくない、だとか
そういう複雑な要素があったのだと。

そしてAからすれば、久々に再会し、また小学生時代のように、
と思っていたBに全く話しかけられず、無視されているように
感じ、Bに”裏切られた”と感じたAはBから離れていったのだと思います。

そのまま永遠に…

そして、卒業までに彼らが話したのは1回だけ。
連絡網が回ってきた際に、順番がB⇒Aの家になっていました。
これもBと仲が良い!と言っていたAの話を聞いて
担任が決めたことなのかもしれません。

Bからの電話でAは、連絡網を受け取りました。
このとき、二人が業務的な会話だけ行い、
そのまま電話を切りました。

Aは聞きたかったかもしれません。
何故Bは自分を無視するのかと。

Bも、本当はAと話したかったかもしれません。

しかし、ついに何も業務のこと以外
話すことなく、会話を終えました。

そして2人は卒業。
別々の進路を歩み、
小学生時代、あれほど仲の良かった2人は、
それ以降、一度も連絡をとることなく、
AはBがどうなったかは知らないですし
BもAがどうなったかは知りません。

友人が友人を裏切る、なんてことのきっかけは
分かりません。
特に↑のような私が経験した事例の場合、
中学生という思春期の最中で精神的にも不安定。

このケースの場合、BがAを無視してしまい、
Aからすれば戻ってきたのにBに全く相手にされず、
裏切られた… そういう感じになっています。

BはAの側で新しい友達と、Aと良く話していた
ゲームの話をしたりしたこともありました。
Aの気を引きたかったのかもしれません。
面倒くさいですね…(汗)

終わりに…

これが、店員Kが経験した”親友”の裏切りです。
BがAを無視したことにより、
あれほど仲の良かった2人の絆(?)は永遠に
裂かれてしまいました。

しかし、あの時、何故話しかけなかったのかと…
今でも思いますね。
お互い、どちらかが歩み寄ることができたのならば
小学生時代のように楽しい時間を過ごすことが
できたかもしれませんし、
もしかしたら今でも繋がりがあったかもしれません。

けれど、今更遅い事ですよね^^

本当に、あれだけ仲が良かったのにどうして(汗)

あ、ちなみに私が
「A」なのか「B」なのかは
ご想像にお任せしますよ^^

まとめ

僅かな擦れ違い、ちょっとした感情から裏切りは起きてしまいます。
片方が裏切ったつもりが無くてももう片方が”裏切られた”と
感じてしまったらそれは裏切りです。

裏切った側も後悔しているかもしれませんし、
裏切られた側も、もしかしたらもう一度、仲良くしたいと
思っているかもしれません。

人間関係。
一歩間違えれば↑のようなケースと同じで
永遠に元の状態に戻れないこともあるかもしれません。。

Bのように後悔しないためにも、
Aのように、裏切りを経験しないためにも、
人間関係においては後悔しないように、
行動していくことが大切なのかもしれませんね!

・・・おっと、面倒そうな記事を書いてしまいましたよ^^
まぁ、たまには良いですよね?


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする