店長の残業 サービス残業だらけのブラック企業!残業の”持ち時間”

店員Kです!

店員Kの旧勤務先はブラック企業に分類されている
企業でした。

皆様はお店の店長の給料、どのぐらいだと思いますか?
私は雇われ店長をやっていましたが、
それは酷いモノでした(笑)

残業が多いわりに、お金は増えない。
何故か?
それは残業代がちゃんと出ていないから…。

勿論、ちゃんと払っているところもあるとは思いますが、
私の旧勤務先は残業代はしっかりとは出ていませんでした。

今回は店長の残業についてお話しましょう!

スポンサーリンク

店長の残業

店長にもなると、残業が多くなります。
残業しないと仕事が追い付かない、というのもあると思いますし、
上層部が”店長はお店に居るべき”だとか、
人件費を削減するためにアルバイトの出勤を抑えて
その分店長がどうにかしろ!だとか、そんな空気があります。
私は週休2日休んで、かなり反抗的(?)ではありましたけれど…

さて、店長の残業についてですが…
残業代はちゃんと出ていると思いますか…?

店長はサービス残業

残業をしている店長の多くはサービス残業が多いです。
そもそも、勤務上は”休み”扱いになっているものも多く、
残業どころか、休日出勤(サービス)になっている場合も多いです。

休んでも休まなくても休日は休日として扱われますし、
残業についてもタイムカードを切った後だとか、
居なかったことにされるパターンが非常に多い、
それが店長の世界です。

何故、残業代が払われないのか?

これは会社が表向き”残業を無くそう”というところが
多いからです。
人件費の削減のためですね。

ですが、そんなのは所詮”表向き”の話。
実際には残業がそこら中に存在しています。

そして、残業をするのは
”店長の時間配分ができていない”だとか、
そんな理由をつけられてサービス残業にされます。

時間内に帰れ!と言いながらも
実際に帰れば
”今のお店の苦しい状況分かってるのか?”などと言われたり、
そもそも帰れるだけの人員が居なかったり、
定時で帰るには不可能な量の課題を押しつけられたり…
色々あって、帰れずにサービス残業をしている店長が多いです。

店長なんて、サービス残業や休日出勤の塊ですよ。
有給休暇も存在しない人が多いのではないでしょうか。

店長は何も言わないのか?

サービス残業について。店長は何も言わないのか、と言いますと
裏では上の文句を言ったりしていますが、
実際に上役が来たりすると、何も言わない店長も多いです。

”店長の立場の弱さ”

これが招いている問題なのですが、
会社における”店長”とはかなり格下で、
現場の1指揮官でしかありません。
正直、本部がその気になればすぐに代わりの人間を用意できるレベル。

だからこそ、何も言えないのです。
残業代うんぬん言えば、解雇される恐れだってある。

なので、残業代について文句を直に言っている人間は、
私は見たことがないですね

店員Kの勤務先では?~実例~

私の旧勤務先では、店長に”残業代”が一部支払われていました。
一部出ているだけでもありがたいのかもしれませんが、
とにかく、全部は払われて居ませんでした。
一部だけ払ってごまかしている、、それが実際のところですね。

残業に持ち時間が設定されている

私も最初、店長になった時に驚きました。
経理部に提出する、勤務時間報告書の上の方に小さく書いてあったのです。
悪魔のような言葉が…

それが

”持ち時間=30時間”

はい??
何、持ち時間って??

そう思いつつ調べていくと
店長には残業時間の”持ち時間”が決まっており、
それを超えた店長には残業代は出ない。
つまり、最大でも30時間分しか残業代は払いませんよ~
という内容。

しかしながら、各店長の残業時間は少ない店長でも
恐らく60時間ぐらいは行っていたはず。

つまり、全然足りません。

正直に申請した店長が居た…

しかしながら、店長側もサービス残業は面白くないものです。
なので、ある時、正直に残業時間全てを申請した店長が居たようです。
当然、持ち時間を倍以上オーバーしている状態で。

すると経理部から電話がかかってきて
「これ、間違えですよね?」と言われたのだとか(笑)

そして、フルで支払う気は絶対にないらしく、
最終的には間違えという扱いで30時間分だけ貰ったのだとか。
恐ろしい話です。

旧勤務先の店長の勤務時間

私は、店長の中でも、そういう汚い部分に対しては人一倍
腹を立てて(?)いるタイプだったので、
残業などの時間は極力抑えていました。
そんな私でも、
勤務時間9:40-18:40 となっていたのですが、
毎朝9:00-22:00まで居たので、
毎日の残業4時間程度になります。

で、週5回出勤していたので、
その月が4週間の月だったとしても、
20日出勤しています。
4時間の残業を20日間やると…
なんとビックリ残業時間80時間になるじゃないですかぁ(笑)

ちなみに、私は少ない方です。
もっと長く、深夜まで残っていた店長も居ますし、
休日が2日間も存在しない店長だっていました。

そういう方の残業時間を計算すれば、恐らく軽く100時間は
超えていたのではないかと思います。

それでも、休みたくても、
帰りたくても人員の問題上もこれが限界だったのですよね…

なので、私の場合、50時間分もサービス残業をさせられていた
計算。持ち時間30時間とは何なのか?
会社の上層部に問いただしてみたかったですね…

私は仕事は(おそらく)早い方でしたが、それでも作業量は
多く、なかなか大変でしたから、
私の旧勤務先は典型的なパターンです

”絶対に終わらない量の仕事”を与えてサービス残業をさせる…
そういう恐ろしい会社でした。

店員Kの抵抗

しかしながら、私はサービス残業とか、大がつくほど嫌いなので、
抵抗していました。

例えば、休憩時間を2倍にしたり
(業務に支障がないレベルで)

フルで出勤扱いの日に、午前で帰ったり…。
そうやって賢く立ち回ることで、少しでもサービス残業で
会社に”盗まれた”分の労働力を取り戻していました…。
やっぱり、黒企業で勤める場合は言いなりにはなってはならない。

こう思います。

店長の給料は…

店長の給料についてもお話しておきましょう。
店長の給料は非常に少ないものです。
労働量には確実に見合っていない。

もちろん、これは会社の都合や、あなたの年齢によっても
変わるとは思いますが、
私の場合は手取り20万円前後でした。。

80時間の残業をして20万円。
正直、なかなかやる気のでない給料だったのは
間違え有りません。

お金を稼ぎたい!という目的であれば
店長なんてやってはいけません。

私は、いつか独立しようと思っていたので、
その勉強の為に店長になりましたが、
お金や時間面を考えると、おすすめできるものではありません。。

サービス残業中は…

サービス残業中も、店長は普通に、真剣に働いている人がほとんど。
私も作業時間中はちゃんとやっていました。
ですが、サービス残業中に本社の人間が電話をかけてきても
何も言いませんし、「あ、いたの」みたいな感じです。

加えて、サービス残業だけでなく
サービス休日出勤をする店長も居たぐらいですから、
笑うしかありません。

まとめ

と、いう事で各お店の店長のほとんどが残業代など出ていない、
と考えて間違え有りません。

さらに酷いとアルバイトの勤務業態のまま店長を
やらされる職場があるのだとか。

聞いた話だとアルバイトスタッフさんと同じような時給
(厳密にはちょっとだけ上がっている」で
休みも無く、サービス残業、サービス休日出勤をさせられているのだとか…
恐ろしいですね。

企業には特に、サービス残業の廃止を求めたいです!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする