バイト先の給料明細に要注意!結構間違えられてます!

店員Kです!

今回はバイト先の給料明細について。

私は雇われ店長としてアルバイトスタッフさん達に
経理部から送られてくる給料明細を渡す立場でしたが、
私の店長時代に、経理を担当していた部署がとてもいい加減な部署で
間違えを乱発していました。

なので、バイト先によっては給料の支払関係などが間違われている
可能性もあります!

給料明細はしっかりと確認しましょう!

今回の記事では、実際にあった給料明細にまつわるトラブルと
その時どうやって対処したかについて書いていきますよ!

スポンサーリンク

明細をよく確認して…

アルバイトさんでも給料明細が配られたらちゃんと確認することを
おすすめします。
私の旧勤務先では結構、明細に纏わるトラブルがありました。
内容が間違っていることもありましたし、それ以前の問題も
ありました。

やる気のない経理部

私の旧勤務先の経理部はとても”ヤル気がなく”
”いい加減”な経理部でした。
私が社長だったらあの経理部の人間は全員解雇するレベルです。

と、いうのも私の店舗の親会社にあたる経理部がやっていたので
態度は終始エラそうでしたし、
何かミスをしても「修正してやっている」と言う感じで
お詫びの言葉すらないようなトンデモナイ経理部でした。

実際に、本部社員が
「経理部はウチらの経理を”やってやっている”という感じだから
仕方ないよ」などと言っていました。

しかも、こちらの提出書類には
”間違えは許されません!”などと書いてあるのに
自分たちは間違えしまくり…
あまりにもひどいので、一回言いましたよ。「間違えだらけですね」って…笑

明細関係のトラブル

では、ここからは実際にあった給料明細関係のトラブルと
その対処法について書いていきます。
中には気づかなければ損をしてしまうレベルの重大な間違えも
ありました。私の旧勤務先は、
とてもいい加減だったわけです。

皆様もバイト先によって違うとは思いますが、
いい加減な経理部の会社でバイトをしていると
間違えられる可能性もあるかもしれません。

もしも明細を見ていておかしな部分を見つけたりしたら
ただちに店長か責任者に伝えましょう。

何も言わずに時間が経過すると、どんどん修正して
貰えにくくなりますから…。

アルバイトスタッフさんの場合は、直接個人で経理を担当している人や
部署に連絡しても良いのですが、そのお店の店長さんが話を
分かってくれる人なのであれば、店長の協力を求めるのが
一番良いかと思います!

やっぱりアルバイトスタッフさんが言うと、どうしても
経理部など、本社にいるような人間からは
なめられたりしますから、ある程度は立場のある店長の
協力を仰ぐことができればそれが一番良いです!

①明細が届かない!

そもそも給料明細が届かない場合も良くありました!
やはり明細は基本、給料日までには欲しいものです。
私の勤務先のバイトスタッフさんたちも給料日に明細が無くて困る!
と言っていました。

経理部が親会社に移管される前はちゃんと届いていたので
ただの怠慢です。

アルバイトスタッフさんも困っていたことですし、
私は遅れるたびに経理部に早めるようにお伝えしていました。

しかし、詫びることもなく完全無視。

なので、少し強硬姿勢のメールを送らせて頂いたところ、
ようやく改善。

子会社の経理だからって舐めていたのでしょう。
皆様も給料明細が届かずに困っている場合は、店長や
責任者に相談してみると良いですよ。
(対応してもらえるかは分かりませんが…)

②名前が違う

アルバイトスタッフさんの一人の名前の漢字一文字が違いました。
恐らく大丈夫だとは思いますが、申告などに使う際に名前が違うと
突っ込まれる可能性も0ではありませんし、
何よりアルバイトスタッフさん本人に失礼です。
皆様も間違えられていないかよく確認してみましょう!

この時も経理部の方に下手に修正をお願いしました。
しかし、修正お願い後も治らず、
この経理部はどこまでも…ということで、

「〇〇(担当者)様は、社長や上司、お客様の名前を
 間違えたまま放置するのでしょうか?
 当店スタッフの名前を間違え、それをお願いしても
 修正頂けないということは、名前などどうでも良いと
 お考えでしょうか?」

みないな内容を送りました。
そしたら、ようやく名前表記が治りました(笑)
ただ、お詫びの言葉はありませんでしたね。
本人にお詫びするのが筋だと思うのですが。。

③住民税の引き落とし?

アルバイトスタッフの一人に、住民税が支払われていない、という
電話がかかってきたようです(役所から)
しかし、今まで住民税は会社を通して給料から天引きされていました。

なので、どういうことか電話で経理部に尋ねると
「何らかの手違いで、住民税の支払方法を
 天引きから本人支払に変えてしまった」とのことでした。
何言ってるかもはやよくわからない…

これは非常に重大なミスですね…
皆様も税の支払いで違和感を感じたら確認をとった方が良いです
(こんなミスする経理部、なかなかないと思いますけれど…)

結局、経理部に文句を言い、修正してもらいました。
該当のアルバイトスタッフさん本人も経理部と電話で
話をしましたが結局、お詫びの言葉は無かったようです。

謝ることもできないとは…。

④詐欺?

学生のアルバイトさんで雇用保険に加入する条件を満たしていない方
(当然、失業手当も出ない方)からある日言われました。
「何故か雇用保険料が引かれている」と。

確認すると確かに雇用保険料が引かれていました。

つまりはボッタくりです。

すぐに経理部に確認をしたところ、ミスだったとのこと。
結局、料金は返還されましたが、
そのアルバイトスタッフさんは気づいていなければそのまま
不要な保険料を引かれ続けるところでした。。

完全なる経理部の落ち度です。

⑤営業終了^^

これは心底驚きました。
他の記事でも書きましたが、給料関係で経理部に問い合わせを
したところ、

「担当者が18時30分に戻るので
 その時に折り返し電話をお願いします」

とのことだったので、分かりましたと答えて
一度電話を切りました。

そして18時30分、電話をかけると
自動音声が…

「営業時間は18時00分で終了となっております。
 また後日おかけ直してください」

みたいな感じで流れました。

唖然としましたね!
営業時間後にかけ直すよう要求するなんて!

ここの部署の人は自分のところの営業時間も
知らないのでしょうか?

⑥発送もしてない…

経理部からとある書類(給料関係)を取り寄せた時の話。
「送りました」と連絡が来たのにもかかわらず全然到着せず。
そして、問い合わせ番号などの連絡も来てないため確認できず。
1週間経過しても届かないので経理部に確認したところ
(恐らく本当は送ってなかった)
翌日に速達で送ってきました。
最初から速達で送ってくださいよ…

信用しすぎない!

アルバイト先から支払われるお金、そして給料明細。
これらは自分で確認することをおすすめします。


↑の事例のようにずさんな経理部である場合は、
ミスや間違えを連発している可能性もありますし、
ブラック企業などの場合は、減らしたりしている可能性もあります。

会社は疑ってかかるぐらいがちょうど良いです。
ぜひ、アルバイトの皆様も明細を確認することをおすすめしますよ!

まとめ

明細の確認。結構しないでそのまま明細を捨ててしまう方が
多いですよね。
ですが、会社に誤魔化されてしまっている方もいるかもしれませんし、
何か損をしている可能性もあります。
ですから、必ず確認した方が良いと思いますよ!
思わぬところで損をしている可能性もありますから…


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする