お店のモノ・備品が壊れたら?対処法と経験談を大公開!

店員Kです!

お店を毎日営業していると、必ずいつかは
店で使っているモノが壊れます。
店員Kも旧勤務先時代、色々なモノが壊れて大変でした…

しかも、たいていのモノは予備など用意していませんから
大変なのですよね…

今日はお店でモノが壊れてしまうとどのような影響を
与えるかについて書いて行こうと思います!

スポンサーリンク

備品が壊れる…

お店の備品が壊れる。。これはとても恐ろしいことです。
特に家電系はある日急に壊れますからね…
店員Kも何度も苦しめられました…
「え?今それ壊れちゃうの!?」みたいな感じで…(汗

と、いうことで壊れたモノと与える影響、対象法、
経験談などについて書いていきます。

レジが壊れた!

レジが壊れた場合。複数台レジがあるお店なら良いのですが、
一台の場合だと大変!
私の旧勤務先はPOSレジだったのでただちに修理業者を依頼しました…。
POSレジでない場合はそれほどでもないと思いますが
POSレジを導入している場合、その被害は甚大です。
データで商品を管理していますからね…。

対応策は”手書きで全ての売買を記録”でした。。
これが相当大変でした…。
レジが治った後に全てレジに入力しましたが、
やはり多少の間違えもありましたし、苦労しましたよ…。

エアコンが壊れた!

これもなかなかに厄介です。
レジ以上に来客という点で考えると大問題。
寒かったり、暑かったりすると、お客さんも減りますから…
私は、数機あるうちの一機が壊れる経験をしましたが、
どうしよう、と思っているうちに閉店になったので、
それ以上は悩みませんでした…

対象法としてはただちに修理を依頼、しかありません。
ただ、シーズン中は依頼しても実際に修理が始まるまで
時間がかかりますけどね…。

夏場はどうにもなりませんが、
冬場はストーブなどを用意してしばらく凌ぐことはできますね。

パソコンが壊れた!

これも現代においてはなかなか辛いですよね!
パソコンでの作業も結構ありますから…。
これも修理か買い替えしかありません。
また、あらかじめデータのバックアップを取っておくことをお勧めします。
ある日急にデータが全部飛ぶと恐ろしいので、
外付けハードディスクやUSBメモリーを使いましょう。

こんな感じので充分かと思います。

またパソコンが壊れてしまった際は、スペアが無いのであれば
スマホやタブレットなどを一時的に代用すると良いかと
思います。
無い場合は、早めに買い替えなどの対処をしましょう。
仕事が滞りますからね…。

私の旧勤務先ではパソコンが何回か壊れています。
急にブルースクリーンになっただりだとか…。
ただ、スペアのパソコンは常にあったので、
それを使ってしのいでいましたが…

シャッターが壊れた!

これも早いところ修理を依頼した方が良いです。
「あの店、シャッター壊れてるぞ!」なんてなってしまえば、
防犯上もよろしくないですからね…
なるべく早く修理を依頼した方が良いです。

私の場合、旧勤務先時代にシャッターが危ないことはありましたが
なんとか閉店まで持ちこたえました(笑)

印刷機が壊れた!

プリンター…これはよく壊れましたね。
プリンターや代用品もあったので、その日はそれを使って
すぐにアマゾンなどで発注する!という感じにしていました。
やはりお店だと印刷物を印刷できないとなかなか困ってしまうので
なるべく早く買い替えた方が良いです。

今の時代だとアマゾンなどですぐに取り寄せできますからね!

ネット環境が壊れた!

ルーターやポケットwifiなど、ネットに繋いでいる環境が壊れる…。
これはお店にとってかなりの恐怖です。
ネットがつながらないだけでこんなに不便だとは…と
思ったぐらいです。
これもいち早い復旧が必要ですね。
復旧するまでの間は、ご自分のスマホなどを代用したりして、
上手く持ちこたえましょう。

旧勤務先で何度かルーターが壊れましたが、その都度大変でした。
しかも、私はガラケーでしたから、絶望的…(笑)

照明器具が壊れた!

寿命の場合もあります。蛍光灯などが1本消えているだけでも
かなりみっともなく見えますから、早めに交換しましょう。
照明器具に関しては予めスペアを用意しておいた方が
良いかも知れませんね!

もしもスペアが無い場合はアマゾンなどのネットショップで
早めに取り寄せすると良いと思います
(今はネットですぐに購入できますからね…)

私も、照明器具は常に余裕を持ってストックしています。
急に消えてしまうことも多いですからね…

建物そのものが壊れた!

これは賃貸の場合はただちに大家さんに連絡して指示を
仰いでください!
持ち物件の場合はただちに修理しましょう。
壊れた建物をそのままにしておくと、良くないですからね…。
自然災害や人災などの場合、破損個所の写真を撮っておくことを
おすすめしますよ!

建物の保険に入っている場合、保険料がもらえる可能性も
ありますから、しっかりと写真撮影しておきましょう。
窓ガラスの場合も同様ですよ!

私は、ガラスが割れたことがあります。
このときはすぐに大家さんに連絡して支持を仰ぎました…。

トイレが壊れた!

・・・死活問題ですね。
従業員用だとしてもお客様兼用だとしても、すぐに修理業者を
呼んで、直してもらいましょう。
トイレの破損、と言うと水周りのトラブルだと思いますので
早めに対処してもらいましょうね!
店員Kはトイレ破損は経験したころがありません。

調理器具が壊れた!

飲食店の場合、これはかなりの致命傷になります。


営業自体が危ぶまれるレベル。ただちに修理しないといけませんね。
店員Kは飲食店ではなかったのでこの経験はありませんでしたが…

その他備品が壊れた!

そのほかの細かい備品についても書いておきます!

・シュレッダーが壊れた!
シュレッダーはそんなに高いものではありませんから
買い替えをおすすめします。
その間に重要書類(処分するもの)が出てきた場合は
1箇所にまとめておくと良いと思います

・商品が壊れた!
業種によってはそんなこともありますよね…
例えば家電が壊れてしまった!などなど…
そんな場合は本社や上司に指示を仰ぎましょう!

・棚などが壊れた!
これはまずないとは思うのですが、商品を陳列している
棚などが壊れてしまった場合。
これは代用品があればそれを使い、なければ新しく手配しましょう。
店の雰囲気を壊しさえしなければ、別のデザインのものでも
良いかとは思います。

・私物が壊れた!
これは、まぁ…自分の判断で…。
お店で”壊された”のであれば問題ですが、
そうでないのであれば、仕事時間が終わるタイミングまでは我慢しましょう!

・時計が壊れた!
お店で使っている時計。お客さんは意外と時間を気にしているものです。
なので、もしも時計が壊れてしまったらできるだけ早く変えてあげると親切です。
まぁ、↑にあげたような他のモノに比べると、時計の破損は
全然可愛いものではありますけれど…(笑)

・警備関係!
お店に入れているセコムやアルソックなどの警備会社。
これらに入っている場合、端末の故障には気をつけましょう。
万一、故障している場合は、すぐに警備会社に連絡して
直さなくてはなりません!

心が壊れた!

・・・(汗)
まぁ、過酷な勤務を続けていれば人間の心が壊れてしまう
可能性も0ではないですよね…。
心が壊れてしまった!と自分で感じてしまった場合は
一度、背負いすぎずに、少し仕事を休むのも良いかもしれなせん。

予防としてはメンタルを強く持つことですが、、
職場にも色々種類がありますからねぇ…。

まとめ

お店・職場におけるモノの破損。
結構ヒヤっとさせられるものです。
そんな時も焦らずに、冷静に対応していきましょう!
焦っても良いことないですからね…。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする