熱中症対策!熱中症の症状と対策&体調が悪くなった場合の対処法

店員Kです!

この季節になると毎日暑いですよね…
バイトや学業、仕事などなど、
通勤通学だけでも、暑さでとにかく参ってしまうと思います。

この記事を書いている現在、夏本番。
毎日暑く、熱中症で運ばれている方もチラホラ聞きます。

今回の記事では熱中症について書いていきますね!

仕事やバイトがいかに順調に進んでいても、
熱中症で倒されてしまっては元もこうもないですから…。

ちなみに正確な情報をお伝えしているつもりですが、
店員Kは医療関係者ではありませんので、あらかじめその点は
ご了承くださいますようお願いします!

スポンサーリンク

熱中症の症状

熱中症の症状はさまざまです。
重度になると、死亡してしまうこともあるので、熱中症には
要注意です。
若い方でも亡くなられている方も居るので、
若い方にも他人事ではありません…

症状としてはめまいやふらつき、吐き気、眠気、頭痛…
などなどですね。
体温の上昇や発汗なども熱中症の症状の一つです。
これからが出てきた場合は注意しましょう。

熱中症は外だけではなく、室内で起こる可能性もあるので
この点も注意しておかなくてはなりません!
また、高温でなくとも湿気の強い日は危険なので
こちらも注意しておきましょう。

熱中症になりやすいタイプの人は
・低年齢の子供
・高齢の高齢者の方
・疲れている、眠い状態の方
・体調不良の方
・屋外で仕事や活動をしている方

こんなところのようです。
上に当てはまる箇所があるのであれば警戒しなければ
なりません…

発生は主に夏です。
気温が25度を超えたあたりからポツポツと増え始めて
31度を超えると、爆発的に増えると言われています。

今年も熱中症が原因で倒れている人のニュースなどが
既に何回か報道されているので、気を付けなくてはなりませんよ。

熱中症の対策

熱中症の一番対策は室温を下げることですね。
長期間外で作業をする仕事などをしている場合は、
より注意が必要です。
外作業の場合、室温を下げる、ということは無理だと思いますから
こまめに「水分補給」を行いましょう。
炎天下の中で作業をして、水分補給もできないのが
一番危険です。

水分はお茶やスポーツドリンクが良いみたいです。
また、水で濡らしたタオルを体に巻いたり、
保冷剤などを使うなどして、外での作業の場合は熱中症対策を
していきましょう。

また、室内の場合でも、上で書いた通り熱中症が
起こりうる可能性は十分にあるので注意が必要です。
室内でも水分補給は欠かさないようにしましょう。

また、塩分も多少とっておくとより良いようです。
スイカなども(仕事中スイカを食べるのは難しいと思いますが)
食べると効果的らしいですよ!

他にも、直射日光をよけたり、
帽子をかぶったりするのも効果的のようです。

日々の生活習慣も大事みたいですね…
やはり寝不足だったりだとか、そういう場合の方が
危険は増します。。

ただ、まとめておくと一番大切なのは2つ。
・なるべく涼しい環境に移動する
・水分補給をこまめに行う。

コレですね。
大前提の対策です。

職場環境などで↑を行うのが難しい場合には、
冷やしたタオルなど、別の対策を講じていきましょう!

熱中症の症状が出てしまったら…

熱中症の症状が出てしまったら、軽度な場合は、
応急処置をするなり、休むなりすれば良いと思いますが、
重度な場合は、ただちに病院等の診察を受けた方が確実です。

①場所を移動
症状等が出てしまった場合は、ただちに場所を移動しましょう。
クーラーの効いた室内や、外でそれが無理なのであれば
木陰など、少しでも涼しい場所に移動しましょう。
本人が歩行困難な場合は移動させてあげてください。

②体を冷やす
余分な服を脱がせたり、保冷剤があればそれを使ったり、
無ければ扇風機でもなんでも良いのでとにかく体を冷やします。
まず冷やすことが先決です。
重度であれば並行して救急車を呼ぶなどの対応も。

③水分補給
水分を補給させることも大切です。
スポーツドリンクや水などが良いようです
(色々な意見がありますが、とりあえずこの2点がベストです)
ちなみに、嘔吐がある場合は無理やり飲ませない方が
良いとのこと(詰まる可能性も)

応急処置として出来ることはこのあたりです。
重度な場合は上でも書きましたが、医療機関を利用して下さい。

仕事中・バイト中の熱中症

仕事中やバイト中でも熱中症になる方が居ます。
人間ですから、仕方のないことです。
特に外作業の場合はより危険ですし、
屋内作業だったとしても、その危険は高いです。
水分補給が常に出来るような職場なら良いですが、
そうでない場合だと、室内である程度涼しい部屋だったとしても
熱中症の危険はありますからね…。

仕事中、もしも体調が悪いと感じたのであれば、
ただちに責任者や仲間に伝えて休ませてもらいましょう。

熱中症の症状は放っておくと悪化する可能性もありますし、
上でも書いた通り、最悪の場合、死に至る可能性もあるので、
無理はせず、しっかりと対応して下さい。

・あなたがバイトor部下の立場の場合
仕事の責任者に、体調不良である旨を伝えて
休ませてもらいましょう。
なるべく涼しい場所に移動して、水分補給なども
併せて行う事をおすすめします。
体調が回復してきたら仕事に復帰しましょう。

・あなたが店長or上司などの場合
部下やバイトスタッフさんに体調不良であることを
伝えて、休ませてもらうと良いです。
休み出したら、上でも書いたように涼しい場所に移動して
回復を待ちましょう。

スタッフが辛そうであれば…

辛そうなスタッフを見かけたり、異様に顔が赤らんでいる
スタッフなどを見つけたら、配慮してあげるのも店長や責任者の仕事です。
また”熱中症なんか気合で”なんていう、無知な方も居ますが
熱中症は気合の問題ではありませんから、
その点は勘違いしないようにして、ちゃんとスタッフの健康状態にまで
目を配りましょう。
スタッフが倒れてしまえば、責任をとるのは責任者であるあなたの
役目です。そうならないためにもしっかりとスタッフの健康状態にも
目を配りましょう。

熱中症の経験談

ここだけの話、店員Kは熱中症になったことがあります。
小学生時代なのですが、真夏の朝礼で、
炎天下の中立っていたところ、目眩と吐き気が…。

そのまま保健室に連行(?)されて
1時間目と2時間目を休む羽目になってしまいました。

確かもう小学校高学年ぐらいの時だったと思うので
不覚でした。
あの時の感覚は今でも覚えていますが、
苦しくなる数分前まで何ともなかったのです。。
急に「グラッ」と来た感じですね。
とても恐ろしかった覚えがあります…。

結局、あれ以降熱中症にはなっていませんが、
本当に急に来るのでなかなか恐ろしいものです。

「自分は熱中症にはならない」と言うのは
驕りです。
誰でも熱中症になる可能性はありますので、
しっかりと要注意です。

店員Kの対策

個人的な事ですが、私の対策についても書いていきます。

・職場は室内なので、なるべくクーラーを効かせるように
 しています。屋外を移動するときは帽子を利用しています。

・水分補給。これは相当こまめにしています。
 主にお茶か天然水系(オレンジ水とか)を飲んでいます。

・万一、ふらふらした時は少し休みます

こんなところですね。
初歩的なことですが、大事なことだと思います。

まとめ

熱中症。この季節は特に注意しなくてはなりません。
小学生時代に味わった熱中症…
本当に急に症状が出てきたので恐ろしかったですが
良い経験でした。
熱中症の怖さを知ることができましたからね!
皆様も気を付けましょう!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする