仕事中に実際に体験した体調不良…。耐え抜いた結果…?

店員Kです!

店員Kは接客業を長いことやっていたので、
何度かかなり体調が悪い状態で仕事をしていたことも
あります。。
正直なところ、かなりきつかったです(笑)

ただ、店長になってしまうと、なかなか急に休むことも
できませんし、アルバイト時代も収入の観点から
無理やり押し通して出勤していることは多々ありました。

今回は、そんな無理やり出勤したときの
経験談について書いていきます

店員Kはなんとか乗り越えましたが、
あまり無理しすぎないで下さいね
(私が言っても説得力はない…)

スポンサーリンク

体調不良のときは・・・

体調不良のときは、基本的には無理をしないことが第一です。
・・・が、それはあくまで理想論であって、
私のように店長だったり、アルバイトさんでも人手不足だったり
店長が休ませてくれなかったり、
そしてお金の都合上休むことが困難だったり…
色々な事情で押し通して出勤しないといけないことも
あるかとは思います。

店員Kの経験談

ここからは店員Kの経験談を語っていきます。
今までに何度も苦しい思いをしました(笑)

読み物として、参考資料(?)としてお楽しみ下さい^^
いや~苦しかった…。

高熱の苦しみ!

店長時代。39度の熱が出たことがありました。
流石にインフルエンザで出勤するわけには行かないので
(感染するので)
病院で検査を受けて、インフルエンザではないことは
確認しました。
なので、大丈夫だろう!と言うことで出勤。

当時アルバイトでしたが、金銭的にそれほど余裕が
あったわけではないので…

一応、普通に仕事はできたのですが、
やっぱり倦怠感や体の痛みが強く、
休憩中は死んだ目をしていました(笑)

当時の店長にも「今日は元気ないね…」といわれてしまうほど。
かくしていたつもりではあったのですけれど…

喉がやたらと渇くので、水分補給をしっかりしていたこと、
そして解熱剤を服用していたことで、何とか耐え切りました(笑)

貝にあたった…

前日に食べていた生牡蠣があたったときのこと…
勤務中の夜に突然調子が悪くなりました

このときは原因が分からなかったのですが、
後に、一緒に生牡蠣を食べた人間も同じ時期・同じ時間に
同じ症状になっていたので、恐らく牡蠣だろうと。

これは閉店1時間前ぐらいだったので
時間としては短時間でしたが、相当きつかったです。
今にも、吐きそうでした(笑)

ですが、当時、店長は休日で、私はバイトのリーダー的な
ポジションでしたが、鍵を閉めれる人物が私しかおらず、
鍵だけのために店長(1時間30分ぐらいかかる)を
呼ぶことはとてもできず、
耐えました。

普通にアルバイト仲間の方とも雑談をしていましたが
冷や汗が凄い出ていました…

帰りもきつかったですね…
電車の中で吐きそうでした…(吐きませんでしたが)

帰ったあとは即安静コースでした…
どうでも良い話ですが、この件以降、店員Kは
牡蠣を食べていません!(生では…)
怖くなった…(汗

親知らずの激痛…

これが一番辛かったですね・・・
余分な歯、親知らずが生えてきてしまい(しかも横向きに)
となりの歯を押す+親知らずが生えて邪魔になっている箇所が
虫歯になったことで激痛が。
歯医者での治療も開始していたのですが、
病院で抜歯することになり、1ヶ月ぐらい間が空くことに…

そしてある日、激痛が走り出してしまったのでした…

歯の痛みのはずなのに、肩や背中、頭にまで
痛みが走り出してしまい、
自転車での帰宅中、転倒してしまうかと思うぐらい、
大変な状況でした。。

まぁ、結果的にその日はなんとか乗り越えて
痛み止めを服用、
最終的には抜歯も無事に済みましたが、
もうあんなにきつい思いは2度としたくないですね…

親知らずは早めに抜く…
良い教訓になりました。。
(結局、3本も親知らずを抜く羽目になりました)

胃腸の調子が悪い!

これは風邪だったのですが、
胃腸の調子がとんでも無く悪い日がありました。
前日の夜に吐いているぐらいに…。

ですがこのときは、自営業だったのでもはや休むわけにも
いかず、胃薬とはら薬を飲んで
なんとかお店に行きました。

この日一日は仕事も捗らず、
体調不良だったので睡魔にも襲われるわで
散々でしたね。。

ついでに、仕事中に吐くわけにはいかないので
何も食べることもままならず、
余計に体力が低下してしまい、悪循環でした。
一人の営業だと、こういうのが辛いですね…

方耳が聞こえない…

2016年の春~夏にかけて方耳しか聞こえない状況が続きました。
結局、とある原因であることが判明して直ったのですが
あれは本当に辛かったです。

左耳が聞こえなかったので、左側から何かを話しかけられて
しまうと、本当に何も聞こえず・・・。

で、、この期間中に思ったことですが、
やはり片方聞こえないだけでも相当苦しいですね…
とある治療で両方の耳が聞こえるようになった時には
世界が変わった気すらしましたからね…(笑)

で、この片方しか聞こえない期間中ですが、
本社からの電話なども一苦労でした…
左側で出てしまうと何も聞こえないので…。

体に悪影響も出ました。
元々私は視界に黒い点が小さい頃から少し見えるのですが、
それが悪化しました…
精神的なストレスになっていたのかもしれませんね…
両耳とも聞こえるようになった翌日に治ったので
恐らくそういうことなのでしょう…
不思議なものですね…

腹痛…

これは皆様も良くあることではないでしょうか?仕事中の腹痛。
これはきついですよね…
お手洗いを利用できる環境にあれば良いのですが、
ワンオペだったりするとそれもできませんし…
なので、店員Kは整腸剤や、正露丸(糖衣タイプ)などで
上手く調整していましたね…

あとは、おなかの調子がイマイチなときは休憩中に
食べる量を減らしたり、もしくは食事を抜いたり…
色々と工夫をしていました・・・

めまい…

めまいの酷い日がありました。
めまい・・・というと危険なので病院に行った方が…と
感じる方も多いと思いますが、このときの原因は明らかでした。

それは、前日の深夜、雷雨で、かなり酷く
なかなか寝付けなかったので…(汗
つまり、寝不足ですネ。

原因が分かっていたので耐えていましたが
上を向いたりするたびにふらふら、、
時には急にフラフラ来たりもして、かなり大変でした!

まぁ、上のケースのように原因が分かっていれば良いのですが
原因が分からない場合のめまいは危険なので、ただちに
病院に行くなり、対策したほうが良いと思います。
脳の関係だと危ないですからね…

それにしても、寝不足って怖いですね…

我慢しすぎに注意…

体調不良を我慢して仕事をする…
店長や自営業など、責任ある立場になってしまえば
ある程度は仕方のないことかもしれません。

ですが、無理をしすぎて倒れてしまったり、
最悪の場合死んでしまったりしたら本末転倒です。

私のケースのように、明らかに原因が分かっている場合は
良いのですが、
例えば謎の頭痛だったり、胸の痛みなど、
命に関わる可能性のある症状などが出ている場合は無理をせず、
店を閉めてでも診察を受けたほうが良いです。

自営業の場合、貼紙をするなどすればよいですし、
雇われ店長の場合も、本社などに連絡するなどして、
本当に危険な場合は閉めてしまっても良いのです。

雇われ店長の場合、上が無情な会社だと
ピーピー言い始めるかもしれませんが
それでも倒れたり、死んだりするよりはマシです。

命より大事なものは無いと、個人的には思うのです。。

まとめ

体調不良での仕事…
大変ですよね。
しかし、店長や自営業など、代わりが聞かないようなポジションに
なってしまうと、それでも仕事に行かなくてはいけない…
なかなか辛いところです。
こればっかりはどうにもならないのですけれどね…。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする