バイトの面接に落ちた!理由は?面接担当者が明かす理由!

店員Kです!

アルバイトの面接で、何件も落ちてしまうと辛いですよね?

そして、たいていのところでは
「あなたを落とした理由」を教えてはくれません。

何故、落とされたのか?
気になる方も居ると思います。

今回は店長として、何人も面接して、
それなりの人数を落とした(採用人数的に落とすのは仕方ないのです)
店員Kが「どうして落としたのか」を語っていきます。

採用されないのには、色々な原因があるとは思いますが、
参考までにどうぞ。

スポンサーリンク

面接に落ちた!その理由が気になる

面接に落ちてしまうと
「自分はダメな人間なのか…」そんな風に思ってしまう方も
いるかと思います。

ですが、そんなことはありません。
面接で落とされる理由を知れば、そういう理由もあるのか。。。
と少しは納得してもらえるかと思います…

では、今までに店員Kが面接終了後
”落とした”理由について話していきます。

①条件が合わなかった

私(面接担当者)が考えている条件と合わなかった場合。
この場合はあなた自身の人間性に問題があるわけではありません。
単に週に入れるシフトの日数や、長期間働けるかどうかの条件、
あなたが掛け持ちしているかどうかや、
〇〇曜日に入れない、などそういう条件が
店長のお気に召さなかった場合。

例えば、私は火曜日・金曜日に主に休んでいたので、
その2日間とも出れない!と言う方は、
「ちょっと厳しいかな」ということで落としたりしていましたし、
人手不足の曜日に入れない!という方は、
どんなに人間がよさそうな方でも落としていました。

こればっかりは仕方がないです。

「あの人、採用したかったな~…けれど…」
と言う方もたくさんこの理由で落としています。

②人数が多かった…

面接に来た人数が多かった場合。

「この人とこの人、どちらの方もよさそうな感じだったけどどうしよう…」と
迷うことも。
正直、条件的にも人間的にも印象では五分五分な場合も結構あるのです。
でも、採用枠は一人。

そんな場合はもう、直感で選ぶしかありません。
私も、何人かから直感で選んで、その結果”落とした”方も居ます。
この場合も、落とされた方には何の問題もなかったのですが、
強いて言うのであれば「運」が無かった…という表現になるのでしょうか。

また、あなたの事を採用しよう!そう思っていても、
後から来た方をあなた以上に気に入ってしまい、
結果的にあなたは落とされる、そういうパターンもありますね^^

③人間性に問題があった

勿論、この理由で落とす場合もあります。
言葉づかいに難があったりだとか、ちょっと不安な事を面接で言っていたりとか、
一般常識とずれた発言を面接中にされたりとか(24時間ゲームやってる)
そういう場合は、やはり落とします。

人間性に問題がある場合は”面接が終わった時点”で、もう不採用だと
心の中に決めている場合が多いです。
面接担当者が”採用後の話”をあまりしてこなかった場合、
もう、担当者の心の中では”不採用”が決まっている可能性もあります。

④一緒に働きたくないと思ってしまった…

これは完全に店長と面接に来た方の相性の問題なのですが、
店長も人間なので
「この人とは雰囲気が合わなそう…一緒に働きたくない」と心の中で
思ってしまうことがあります。

私も現に何回か、
”この人とは働きたくないなぁ”と思ってしまったことがあります。

これは、〇〇だったから、とは上手く表現できませんが、
面接者との相性が合わなかった!ということです。
そことは縁が無かったと考えて下さい

「あの人とは友達にはなれない」
そんな感じです。
友達になるわけでは無いですが、何の非の打ちどころがなかったと
しても、「働きたくない」と感じてしまうことはあるのです。

やはり店長も人間ですからね…

⑤実はもう半分決まっている

貴方が面接に行く前に、面接をした人の中で
”この人にしよう”と店長が半分以上、心の中で
決心してしまっている場合。

ですが、そんな場合でも、既に面接の約束を入れていた場合、
基本的に面接は実施します。
ただ、もう心の中では
”あの人を採用しようかな”と決めてしまっている段階。

こういう場合は、失礼ながら面接の基準も厳しくなりますし、
とりあえず面接をして落とそう、ぐらいにしか
考えていない場合もあるかもしれません。

⑥他の人に反対された

会社の上層部や、店で働くスタッフに反対された場合。
これも落とす可能性があります。
その面接担当者個人としては採用したかったのですが、
周囲に反対されて、採用を見送った、というケース。

反対されるパターンとして
採用候補者が学生で、本社が反対した場合や、
既にそこで働いている他のアルバイトスタッフさんから
「あの人はちょっと」と言われ、
職場の雰囲気の悪化を避けるため、採用を見合わせる、など
周囲の人間の意見によっても、落とされる可能性は0ではありません。

これは私ではありませんが、実際に系列店の
店長がこの理由で落とされています。

⑦職場との相性を疑問視

これは面接担当者との相性ではなく職場との「相性」を疑問視
された場合。
例えば接客業への面接で「人と話すのが苦手」と言われれば
その人がどんなに優秀な感じの方でも、
「う~ん ちょっと不安だな」と採用担当者側は感じ、
そのまま落とす可能性もかなり高いです。

また、職場に既にいるアルバイトスタッフさんとの相性なども
考えて「ちょっとトラブルになりそうだな」と判断して落とす
場合や、ちょっと変わった理由だと、
店の男女比バランスを考えて、
ちょっと女性スタッフが増えすぎているから、
こちらの男性の方を採用するか、など、
バランス維持を理由に落とされる可能性もあります。
(ある程度バランスが取れていた方が良いので、
そういうこともあります)

こんな感じでしょうか。
落とす理由としては、私はこんなものです。
「自分は完璧に面接をやった!」と思うのにもかかわらず
落とされた場合は、
”条件に問題があった”
”応募者が多すぎて運悪く落とされた”
”面接担当者があなたとの相性が合わないと判断した”

などの理由が多いかと思います。

これは落とそうとしているの?

面接担当者のこの発言は落とそうとしているの?と
よく気にしている人が居る、発言内容についても
ついでなので、書いておきます。

・結果は〇〇日以内に電話連絡します
よく、その場で”採用”にならなかったから不採用なのか…
と言っている人も居ますが、これは間違えです。
後々にも面接に来る予定の方が居たり、
もう少し色々な人と話してみるか、と思う時に使う
時間稼ぎの文言です。
なので、「後日採用の場合は電話連絡します」と
言われた場合でも=落ちた と考えるのは早計です。

・事前に慰められた
合格の場合は連絡します、と説明された後に
「もし連絡が無くても落ち込まないでください」みたいに
先に慰められた場合。
私は何度か言われたこともありますし、言ったこともあります。

が…コレは落とそうとしているわけではなく、
店長の性格によるものです。

本当に「もしも落ちても落ち込まないでくださいネ」という気持ちから
言っているだけの場合がほとんどなので、気にしない方が良いですよ!

私は↑を言われた職場で採用されていますし、
↑を言った相手を採用したこともあります。

まとめ

面接で相手を落とす理由は様ざまですが、
大体上のような理由に分類されるかと思います。

特にバイトの場合は、直感で落としたり、
気分で落としたりしている店長なども多いので
あまり深く考えすぎないことです!

運が悪ければ10件以上受けても面接に受からないことも
あります。
落ち込む気持ちも分かりますが、大した理由でないことが多いので、
あまり深く考えすぎずに「次」へ行くことをおすすめします!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする