店舗に用意した方が良い常備薬・救急用品10つをご紹介!

店員Kです!

今回は店舗に用意した方が良い常時薬・救急用品をご紹介します!

お店で働いていると、結構突然体調が悪くなったりすることもありますし、
ひょんなことで怪我をしてしまうこともあります。
なので、常備薬や救急用品は欠かせません。
店舗を運営する際にはある程度、用意しておいた方が良いです。

あなたが店長になった場合や、
自営業を始めた場合は、こちらを参考にして
以下のような常備薬や救急用品を用意しておくことを
おすすめしますよ^^

例えば、怪我をした時、絆創膏が無いと、不便ですし、
風邪っぽい症状が出たときに何も薬がないと、
体調不良の中、無理やり営業を続けなくてはなりません…
大変ですよね?

なので、常備薬や救急用品をあらかじめ準備しておこう!
そういうことです…。

スポンサーリンク

常備薬!

まず常備薬の方から。
薬は人それぞれ合う、合わないがあるので
人に勧めるのはあまり良くないですが、
あなた自身の体調不良に備えて、店舗や事務所に常備薬を用意しておくことを
おすすめします!

いざと言う時に、薬があると、体調不良も回復して
仕事もやりやすくなりますからね…

調子悪い時に無理やり働く!ってことほど
辛いことはないですからね…。

準備しておきたい常備薬!

では、お店に置いておくと良い常備薬を紹介していきましょう。
店員Kはこれらに何回か助けられました。
ただ、上でも書きましたが、常備薬系を人に渡す時は
注意してくださいね。
人によって合わない薬もありますから…。

風邪薬

これは定番です。店員Kはパブロンという薬を常備していました。
接客をしていると、急に喉が痛くなったりすることもありますし、
仕事中に急に熱っぽさを感じることもあります。
そんな時に風邪薬があると、さっと飲めるので安心です。
風邪の倦怠感などを我慢しながら働くのは大変ですからね…。
何らかの風邪薬を用意しておくと良いと思います

胃腸薬

これはあった方が良いです。お腹の方の薬は特に必要な気が。
今、結構お腹の弱い人なども多いですし…
店員Kはビオフェルミンという薬と正露丸糖衣錠という薬を
常備していました。

結構、休憩中に何かを食べて
「おなかの調子がイマイチだぞ?」ってことはありましたし、
急にお腹を崩してしまう時も無くは無かったので…

急な腹痛とかは辛いので、
はら薬は特に用意しておいた方が良い、と
個人的には思いますよ^^

ついでに書いておきますが、
正露丸の糖衣錠じゃない方は、仕事中は止めた方が良いかもです。

何故なら、通常の正露丸はかなり臭うので、
バイト中に使うと、すぐに分かってしまいます
「あ、コイツ正露丸飲んだな…」と。

なので、割高にはなってしまいますが、
ニオイを気にせず飲める「糖衣錠タイプ」がおすすめです!

店員Kは飲んだことがないですが
”ストッパ”っていう薬も効くみたいですね。
あれは水なしで飲めるのでワンオペの時の対策などにも
良いと思います。

頭痛薬

店で働いていると時々、頭痛がすることが私はありました。
しかも、結構痛いんですよね…。
そうなると仕事にも集中できませんし、頭痛薬の類を用意
しておくことをおすすめします。
実は風邪薬にも痛みを止める効果はあるのですが、
やはり風邪じゃない場合は頭痛薬や痛み止めの類を使った
方が良いかと思います

アレルギー薬

これは必要に応じて。花粉などの症状がある方は持っておきましょう。
店員Kは以前、アレルギーで涙が止まらなくなって酷い目に
遭いましたからね…

目薬

目薬…目が疲れたり、痒くなったりする方は用意しておいた方が
良いですね。目がしょぼしょぼしているだけでも、結構働きにくいものですから。
店員Kはスマイル40EXという目薬を使っています。
スースーしてなかなか良い感じ!

リップクリーム類

唇が乾燥する方は用意しておきましょう。
唇から血が出ていたり、今にも切れそう!というような状態で仕事を
するのはあまりおすすめできません…

常備薬として、おすすめ(?)なのはこの辺りでしょうか。
この辺りは自分のロッカーやカバンなどに潜ませておくと
いざという時に助かります。。

ただ、人にあげるのはおすすめしません。
何度も言いますが薬には合う・合わないがあるので、
自分で買った薬は自分で使う。
これが一番安全だと思います。

救急用品!

救急用品、と言っても大それたものではなく、
絆創膏とかそのあたりのものの話です。

これは、飲み薬系統とは違って基本的に誰でも兼用で使えるでしょうから
置いておくと便利だと思いますよ。

常備しておきたい救急用具

それではお店に常備しておきたい救急用具について
書いていきます!いざと言う時にないと困りますから、
揃えておいた方が良いですよ!

救急用品以外も少しだけ書いておきます。

消毒液

何かと手が汚れますから、消毒液を1つ用意しておくと、
衛生的にも良いですし、スタッフさんも結構使ってくれます。
ウェットティッシュなどでも良いですが、
私が雇われ店長をしていた時代には”手ピカジェル”というものを
お店の方に常備していました。

こんな感じのヤツですね。
特に水道などが無く、手洗いをしにくい環境のお店には
必ず置いておいた方が良いかと思います。

絆創膏

最初に例で挙げましたが、絆創膏。これは絶対に用意しておいた方が良いです。
自分自身の為にも、スタッフの為にも。

結構細かい作業をしていると、手を切ったりだとか、
そういう場面にも直面します。
しかし、絆創膏が無いと、止血している間に作業は止まってしまいますし、
何より、傷口から菌が入ってしまう可能性も否定できません。

なので、安いものでも良いので、怪我した時の為に
絆創膏を用意しておくことをおすすめします!

あと、念のためガーゼなども用意しておくと良いかも知れませんね。
怪我が酷い時などのために…。

ティッシュペーパー

救急用品じゃないですが、これも用意しておいた方が良いです。
ポケットティッシュだけだと足りなくなったりもしますし、
やはりポケットティッシュより通常のティッシュのほう
使いやすいものです!
ウェットティッシュも設置しておくと良いかもしれません…

その他

その他、あると便利なモノとしては
ビニール袋、乾燥止めクリームなどでしょうか。
後はスタッフさんの意見を聞くなりして増やしていけば
良いかと思います^^

先に備えておく!

お店の営業中はなかなか外に出れないことも多いですし、
一人営業の時など、なおさらです。
途中で外に出ることなんてできませんからね^^

なので、上でご紹介したような常備薬をお好みで、
そして店舗用に救急用品をスタッフ向けに
そろえておくことも大切ですよ。

途中で買いに行くとなると、急に使いたいときは間に合わないかもしれませんし、
上でも書いた通り、一人営業中なんかだと、店の外に出ることも
ままなりません…。

まとめ

お店に置いておいた方が良い、と個人的に感じる常備薬や救急用品はこんなところです。

いざという時の為にも、ある程度予め準備をしておくのは
大切な事だと思います。

体調不良のまま、無理やり営業するのって結構つらいですし、
腹痛なんかだと地獄です(汗
店員Kは以前、アレルギー薬を持っていくのを忘れて、
くしゃみと鼻水で大変なことになりましたから、
皆様も気を付けましょう(笑)

備えあれば憂いなし、、と言うことで備えておくことをおすすめします!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする