店長が気分屋 気分屋店長に悩む方へのアドバイス&対策

店員Kです!

皆さまのバイト先の店長さんはどんな方ですか?
結構”気分屋”の店長さんも多いのではないでしょうか?

機嫌の良い時は、凄く良くしてくれるのに、
機嫌の悪い時は、何もしていなくても怒り出す。

そんな人も居ますよね。

実は私自身、アルバイト時代の時の店長が
とても気分屋でした。

あまりにもひどすぎて、それで内心苦しんだことも
あります。

結局、その店長は異動になったのですが、
数年間一緒だったので、本当に疲れました。

が、一緒にやっていくうちに”気分屋”の人に対する
上手な立ち回り方なども身に着けることができたのは事実です。

今回の記事では、気分屋店長とどう接すれば良いか、
を書いていきますね!

スポンサーリンク

店長が気分屋…

バイト先の店長が気分屋。これは結構あることです。
上でも書いた通り、機嫌の良い時はニコニコ、
機嫌の悪い時は本当に最低な態度…

そういう人も結構いるモノです。
しかも、店長ってそういう人が多いんです(汗

疲れているんだか何だか分かりませんが
不思議ですね(恐らく性格だと思いますけれど…)

気分屋店長対策!

では早速、気分屋店長の対策について書いていきますね。
気分屋の店長との接し方を上手くできないと、
本当に疲れてしまいます…

上手な接し方を身に着けて、
気分屋の店長を”攻略”していきましょうね!

気分屋は治せるの?

これは無理です。
店長の気分屋を治すことはほぼ100パーセントできません。
気分屋はその人間の性格ですし、
店長になるぐらいの年齢(最低でも20は超えてると思います)だと、
今更性格を治すことも難しいので、
気分屋の店長を”治す”ことは不可能に近いです。

なので、上手く気分屋と付き合っていく必要があるわけです(汗

見極めが大切

まず、その店長が気分屋だと分かったら見極めをしましょう。

”今日は機嫌が良い”
”今日は機嫌が悪い”

それを見分けられるようになるだけで、大分違ってきます。

必ず、その店長ごとに何らかのサインがあるはずです。
できれば、怒られたり、つまらない小言を言われる前に
”今日は機嫌が悪い”と分かるようにしておきたいところです。

そうすれば対策もできますから…

よくあるサインとしては
・挨拶の仕方 (機嫌が悪いと挨拶すらしない など)
・口数が減る (雑談してこない など)
・そもそも顔つきが悪い
・仕事の仕方が乱暴になる

この辺りですね。
機嫌が悪い日をすぐに見分けられると、ある程度は
楽になるかと思いますよ

店長との距離感

店長との距離感。
気分屋の店長と接する上で一番大事なのはココです。

この距離感を間違えずに接することである程度は楽に
なると思います。

店長の機嫌が悪い!と感じた日にはなるべく店長に
近寄らないように、会話もしないようにします。

コンビニなど、常に一緒にいるような職場だと
大変だと思いますが、
ある程度大型の店舗だったりする場合は、
いくらでも店長との距離をとることができると思います。

私は狭い店舗でしたが、店長の機嫌が悪い!と感じた日には
カウンターにあまりいないで、店内整理をしに行ったり、
売り場調整をするなどして、なるべく店長との距離を
とるようにしていました。

コツとしては
”とにかく接する時間を減らす”ことです。

店長も機嫌が悪いと近くにいる人に八つ当たりを始めたり
するので、距離をとることこそが自分の身を守ることに
つながります。

で、機嫌が良い日は色々と話しかけてくると思いますから、
その時は、普通に話をすれば良いと思います。

機嫌の良い日はこちらも明るく普通に接し、
機嫌の悪い日はなるべく近づかない。

それがベストです!

一言 言いたい!

ただ、我慢するだけっていうのも嫌なモノですよね。
どうしても店長に1言言ってやりたい!と
思うこともあると思います。

まぁ、できれば言わない方が円滑に進むとは思いますが、
どうしても気持ちが収まらない!という場合は、
”店長が機嫌が良い日”にそれとなく、
機嫌が悪い日の接し方で傷ついている、などと伝えてみましょう。

恐らく、その時は申し訳ない、みたいな感じで
謝ってくる感じの店長が多いと思います。

ただし!
気分屋が治るわけではないので、そこは誤解しないように!
また機嫌が悪くなれば同じことを繰り返します。
それが、気分屋なので…

ストレス発散をするには?

気分屋の店長の元にいると、何かとストレスが貯まると思います。
これは仕方のないことです。

私個人のストレス発散法は他のアルバイトスタッフさんと
店長の話をすることでしたね(笑)
同じ苦しみを味わっている人と、店長の文句を言い合う。

なんか陰険だなぁ と思うかもしれませんが
貯めこむよりも吐きだすことで、少し楽になります。。

まぁ、根本的な解決にはなりませんが、
ストレスに押しつぶされるよりはマシです。。

排除する

どうしても辛い!けれどもその職場に居たい!という
場合は店長を排除(別の店に異動させる)ぐらいしか
方法はありません。

最初に書いた通り、気分屋は治りません。
前の記事で書いた方法を
試してみるのも1つの手段かとは思います。

ただし、上の記事の中でも書きましたが店長を排除しようとするのであれば
”自分がそのバイトを失う可能性”も考えて下さい。

そして、アルバイト一人の力で店長を異動に追い込む、ということは
相当難しいことです。
上の記事の方法でも、何の効果もなく、あなたが解雇されるだけの
可能性も十分にあるので、
基本的には”店長の排除”はかなり困難だと考えてください。

ただ、実際に上のようなやり方で成功した話もあるので、
可能性は0ではありません

”どうせ辞めるぐらいなら”
というぐらいの気持ちで試してみるのは良いかもしれません。

最終手段

どうしても横暴な店長の態度に耐えられない。
体の調子も悪くなる。。
気分屋が酷すぎる…

そんな場合は、そこのアルバイトをザンネンながら辞めてしまうのが
一番の対策方法です。

いくらお金を稼ぎたいとはいえ、気分屋の店長に
精神的に不安定にさせられた上に、体の調子まで
悪くなってしまえば本末転倒です

”これはもう無理”と感じたら逃げるのも一つの方法です!

店員Kの場合

店員Kがバイト時代に遭遇した気分屋の店長は、
”時間ごとに機嫌が変わる”さらに厄介なタイプでした。

1時間前には笑顔でご機嫌だったのに、
今はかなり不機嫌でダンボールを乱暴に投げている(笑)
なんてこともありました。

また、スタッフの”好き””嫌い”が激しく、
嫌いの方に分類されたスタッフは本当に酷い扱いを
されていて、見ていて気の毒なぐらいでした。。

結局、店員Kは↑に書いた距離感に気を付けつつ、
数年間を耐え抜き、その店長が異動、というカタチで
気分屋店長との日々は終わりました;…

気分屋な店長さんへ…

もし、自分が気分屋だと言う自覚があるのであれば
少しでも治す努力をした方が良いです。

アルバイト側を知る立場から言いますが、
気分屋の店長は相当嫌われます。

アルバイトさんは笑顔で接しているかもしれませんが、
ほぼ100パーセント、裏で陰口をたたかれています
そして、気分屋でいることによって
バイトスタッフさんのモチベーション定価にもつながりますし、
離職率も上がります(これは間違えありません)

なので、自覚があるのであれば、少しでも治す努力を
怠らないようにしましょう!

自覚がない…
これはもう、救いようがありません(--)

まとめ

気分屋な店長を治すことはできません。
基本的には上手い立ち回りを身に着けて、ただ耐えるしかありません。
バイトに思い入れが無ければ変えてしまうのも手ですね。

一応まとめると
・機嫌が悪い時、良い時を見分けられるようにする
・悪い時はなるべく店長に近寄らないようにする
・機嫌が良い時は愛想よく会話に応じてあげる

このあたりが大切です。

他に有効的な手段があまりないのが苦しいところですが、
本当にただ、耐えるしかありません…。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする