人生何のためにー?仕事に全てを捧げたとある店長の話

店員Kです!

前々からたびたび書いているように、私の旧勤務先は
分類するのであれば”ブラック企業”の方に入る部類の会社でした。

特に店長たちは休みもなく働いていたり、
休日を返上してサービス出勤していたりもしていたぐらいでした。

他の部署などに関しても、酷かったみたいですね。

今日は、そんな企業のとある店長の話。
私がアルバイト時代の店長の方のお話ですが、
会社に全てを捧げたような人生を送られている方でした。

見ていて「こうは絶対にならない」と思ったものです。
言い方は悪いですがあれじゃあ”人生何のために生きているのか”すら
分からなくなってしまうようなレベルです。
本当に悲しい人生でした。

今回はその店長のお話をしていきます。
こうはなりたくない!皆様もきっとそう思うはずです。

ちなみに、私はその店長ご本人から
「俺みたいになっちゃだめだよ」と
何度も言われています。

スポンサーリンク

会社に全てを捧げる店長

その店長は当時、30代中盤でした(今は40近いかな…)
聞いた限りでは独身の方のようです。

会社に全てを捧げているような方で、
会社から見れば「鏡」のような店長だったはずです。

しかし、その反面プライベートは完全に犠牲になっており、
一緒に居た数年間、
友人の話だとか、そういう話も一切聞きませんでした。
遊びに行った、とかも無かったみたいですね。

…当たり前です。
何故なら、お店に365日居たのですから。

人生の9割以上が仕事!

その方の毎日は、9割以上が仕事でした。
朝9時頃には店に出勤し、それからは、帰ることなく
閉店時までいらっしゃいました。
日によっては休憩すらとらないことも。

そして、お店の閉店時間は21:30。そこから
片づけをして22時には作業終了、という流れです。

ですが、その方は22:00以降も事務作業や発注作業を
行うので、結局店を出るのは0時近くになることが
多かったようです。

そこから家に帰り、入浴などを済ませ、ご飯を食べる。
本人のお話によれば御飯を食べたまま寝落ちしてしまうことも
あったのだとか。

そうです。まともに食事すらとれていないのです。
そのせいか、確かに痩せた体形の方でした。

で、恐らく1時、2時ぐらいには寝て、また翌日の8時ぐらいには
起きて準備して、店に出勤する。
そんな人生を送っていました。

ちなみに、この方は休みも取らず
仕事に来るような方だったので
1年中この生活をしていたことになります。

なので、友達の話なども当然出ませんし(遊ぶ時間が無い)
プライベートの趣味のお話も出ません(趣味が仕事状態)

その店長が異動になる直前には、私や、他のアルバイトスタッフ数名が
「働きすぎ」ということで休ませるようにしていましたが、
その際も
「仕事の日じゃないと調子が悪くなる」と
言っているような始末でした…。

何のために…?

その方にとっては、恐らく仕事こそが人生だったのだと思います。

稼いだお金で食事をとるわけでもなく(最低限は食べてましたが)
遊ぶわけでもなく…。

仕事本来の目的は
”生きる為””楽しむため”のお金を貰う事だと私は思います。

それが仕事オンリーになってしまったら、
一体何のために生きているのか…
少なくとも、店員Kはそう思います。

”プライベート”があるからこその人生。
それが全て仕事で埋まってしまっては…、
生きている意味すら問いたくなってしまうレベルです。

そしてこの店長、
稼いだお金を「店」の為に費やしていました。

店はゲームやカードなどを売っている店舗だったのですが、
売上の低い日は閉店後にその店長が自分のポケットマネーで商品を
購入するのです。
そして売上を調整する。。
そんなことをやっておられました。

ちなみに、購入したゲームソフトは当然、遊ぶ時間がその店長にはなく、
家で積んであっただけとのことです。
つまり、ゲームを買っているのも
”ゲームを楽しむため”ではなく、
”店の売上を調整するため”…と、いうことです

さらに
お店には「ノルマ」というものがあり、
ゲーム機本体が売れた時の長期保証や、
ウイルスセキュリティソフトの販売数などが毎日のようにチェックされ
低い店舗に関しては激しく上から叱責されたものです。

それを防ぐため、この店長はまたしても自分が必死に稼いだお金を
犠牲にします。

本体を販売する際に、長期保証をすすめるのですが、
当然断られることも多いです。
しかし、この店長は、断られた際はポケットマネーでお金を払い、
保証の加入があったものとして、本部に報告していました。

長期保証の加入金は3000円。

この店長は
保証1件 という実績のためだけに3000円をお店に
払ってしまっていました。。
自分の実績のために。会社の為に…

さらにはウイルスセキュリティソフトもそうです。
1個大体4000円ぐらいしたのですが、
店長は度々、それを購入していました。

ある日、店長の机を見ると
そこには大量のウイルスセキュリティソフトが。。

実績作りのためにウイルスセキュリティソフトが
引出の中にいっぱいいっぱいに
入ってしまっていました…。

この方の未来は…?

そして2013年。この店長は異動して、別の県へと
旅立っていきました。
そうです。私の旧勤務先は異動も結構あったので、
その地域に定着することもできません。

異動後、私がそのお店の店長になったあとに
何度か顔を合わせましたが相変わらずな雰囲気でした。

しかし…今、あの会社のあの系列店舗は傾いています。
私の店舗は既に潰れ、そのグループ自体の先も
そう長くはないと私は見ています。

店舗が潰れた時、恐らくその店長にも私と同じように
親会社の別部署からのオファーが来るのだと思います。

しかし、その部署は
(実際に経験したわけではありませんが)
店舗以上にブラックな環境…。

あの店長は今後、どのような人生を送ることになるのでしょうか…
会社に尽くした先に何があるのでしょうか…
(まぁ、人のことなので口出しはしませんけれども…)

ただ、年齢的に会社を辞めるのも苦しい、というのは
分かります。
が、あのまま退職の年齢まで、あの働き方をしていては、
定年を迎えた時、必ず”今まで何やってたんだろう”と
虚脱感に襲われると思うのです。。

この店長から学ぶこと

…と、言うのが私のアルバイト時代の店長の概要でした
まとめると

・365日間休みなし 朝から晩まで働く。
 それが癖となり、休日には逆に調子が悪くなるように。

・プライベートな時間がとれないため
 趣味や、人と遊びに行く、などの時間もとれず
 結果的に人生が仕事に染まって行く。

・稼いだお金は店の為にほとんどを使用。
 そのため、会社からすれば給料を払うけれども、
 給料は戻ってくる状態。

こんな感じですね。

この人生に、意味があるかどうか、です。

皆様はどう思いますか?

会社からすれば、こんなに尽くしても、
恐らく何とも思われていないでしょう。
会社がかたむければ切られるでしょうし、
その時には何の保証もしてくれないはずです。

こういう人生、あなたは送りたいですか?

プライベートもなく、

友人・恋人もなく、

美味しいものを食べる時間も体力もなく、

寝て、起きて、店に行き、閉店して、寝て、起きてを
1年間繰り返す。

お金はあっても、時間は無くて
全てが会社の為にある人生ー。

もちろん、ご本人はそれで良いのかもしれませんし、
こういう生き方に生きがいを感じる方がいるのも事実でしょう。

ですが、私は絶対こうはなりたくありません。

人生1度きりなのです。
こんな生き方をしていては、必ず老後に後悔すると思うのです。
”何のために生きてきたのか”そうとさえ思えてしまうかもしれません。

私は、人生は
”プライベート”があってこそ、だと考えています。

そういう意味ではこの店長は良い勉強になりました。

仕事は”プライベートを楽しみ”生活していくためのモノだと
思います。
それが、プライベートまで捧げてしまい、
自分の守るべきモノが仕事そのものになってしまう…

そんな人生、悲しすぎると私は思います。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする