ブラック企業の雄叫び!これが黒企業の恐怖…恐怖のお話6つ!

店員Kです!

私の前の勤務先はどちらかと言うと黒い方の企業でした。
勿論、世の中にはもっとトンデモナイ ブラック企業なんて
そこら中にあるとは思いますが、
私の勤務先も、とてもホワイトとは言えない企業でした。

今日は思わず呆れて(?)しまう
私が勤務していたブラック企業の雄叫びをお送りしましょう(笑)

今、思い出すだけでもぞっとします。

スポンサーリンク

①持ち時間は”30時間”

残業申請用紙。
アルバイトから店長にあがった私は、それを初めてみたとき
笑いました。

残業申請欄に
”持ち時間は30時間”と謎の記載が。

何だこれは?と思いつつ聞いてみると、
30時間までしか残業代を出さないという圧力なのだとか。

かつて、先輩店長が実際に残業した分、全部申請してみたらしいですが
「書き間違えですよね?」と言われたそうで(笑)
つまり、30時間以上はサービス残業しろと!

ちなみに、私の勤務先は店舗だったので、
30時間以内に残業を収めることはほぼ不可能です。
どんなに早く、仕事をしても です。

しかも店舗に居ないと本部社員が「もう帰ったの?」みたいな
謎の発言まで。(金くれないなら帰るわ!! 帰れないけど…)

で、実際の残業時間は
店長の中では残業の少ない私でも
月70、80時間ぐらいはしていたのではないでしょうか。

もっとひどい店長だと100時間越えは余裕です!

でも、貰えるのは30時間だけ。
31時間以上で書くと、間違え扱いされて、修正を求められますからw

②朝のサービスネットミーティング

就業時間は原則10時からになっていました。
店の開店時間に合わせた就業時間です。
しかし、何故か本部主催の
「ネットミーティング」というモノが毎朝9時からありました。

もちろん始業は10時からですから。
お金は出ません(笑)

残業申請しても良いのですが、持ち時間が減って行きます(笑)

しかもそのネットミーティング、30分ぐらいで終わります
私の店舗の営業時間は11時からだったので、
完全に無駄な出勤です。

会議終了後、私は始業時間までゲームして開店前の店の中で遊んでましたよ。
サービス残業反対!

さらにふざけたことに、
せっかく1時間も早くやってきたのに、
「今日のネットミーティングは中止します」と5分前に
会社のスカイプにコメントが入ったり

「今日は話すことないや~」と言いはじめたり。

話すことがないなら招集するなや!(笑)

ちなみに、ネットミーティングの担当は遅れるとうるさいのですが、
自分は時々忘れているというどうしようもなさ。
各店店長は早く出勤しているのにネットミーティングは始まらず。

…私はもう退職してしまいましたが、
まだやってるんですかねぇ?あのネットミーティング^^

③見えるけど見えない有給休暇

有給休暇。
就業規則に当然ありました。
”支給する”と。

ほぅ。出るのか…

しかし…
テキストだけでした(笑)

有給休暇を申請しようにも、申請するシステム自体がそもそも存在せず、
加えてほとんどの店舗は社員一人で、有給休暇を取得できる日にち事態が
ありませんでした(汗

週休1日とるのもやっとな店長も多かったですし…

さらに「有給を申請」などすれば、
「今の状況(経常利益的な)考えろ!」と言われるような雰囲気。
とても有給など申請できるシステムにありませんでした。
もちろん、有給の買取システムなどもありません。

有給は都市伝説。
私はそう思いながら仕事をしていましたよ?(笑)

…が、私は勤務先の閉店時(会社都合閉店)に、
今までの有給分を全て申請しましたけどね…
アルバイトさん分も含めて…

その時の話は、
有給分を取り返した話に書きましたが、
「アルバイトに有給でるのは初めてだよ~」だとか
「困ったな~損益的に」とかなんとか言ってました。

払うべきもの払って赤字になるなら
それは赤字なのです!

何が”困ったな損益的に”ですか!(呆)

④いつまでも勝負時…

冬休み、夏休み、春休み…色々な稼ぎ時があります。
そんな時に休もうとしていると
「今が勝負時だ!こんな日に休むのか!」みたいなスカイプが
送られてくることも。
(それでも半分ぐらいの店長はスルーしますけどw)

確かに長期休みが売り時ってのは正しいのかもしれません。
ただ、そういう時に出勤しても、サービス出勤です。
なので、当然 会社に魂を売った店長しか出勤しません。

しかし不思議なことに、この会社、いつも踏ん張りどころなのです(笑)

長期休み期間中でなくとも
「今月は厳しい!今が踏ん張りどころだ!」とか、
「梅雨の時期は、勝負時!雨に負けるな!」とか
なんだかんだ理由をつけて、必死に休みにくい環境づくりを
されています。

結局、いつ休もうとしても、悪い雰囲気の中休む事になります

⑤上層部のやりたい放題

会社は同族経営でした。
そのためか、会社は上層部のやりたい放題。
トップの気まぐれで方針がコロコロ変わることも多々ありました。

トップの店舗視察⇒
貼り紙のデザインが気に入らない。全部貼り直し!
結果…その日は徹夜になったりする

会社の定期会議⇒
直前で日程変更!、そしてまた日程変更!
突然「会議は明日になりました!」
結果…店の人員調整が困難。しかも出ないとキレられる
(アルバイトさんにも都合があるのでそんなに急には
 出られませんよ?)

全体会議の懇親会⇒
お気に入り社員を呼び、大声でゲラゲラ。
謎の一気飲み強要

上層部の暴言⇒
「お前、この仕事やってる意味あるのかー?」
「休みなんか甘えたこと言ってるんじゃねぇよ」
「バカたれが」

まぁ、恐ろしい世界ですね。
上層部の権力が強すぎるのは考え物なのです。

ついでに本部も…

本部のトップは仕事中に居眠り・繰り返す一服。
本部社員同士で悪口の言い合い。
そして、何の罪もないアルバイトスタッフに八つ当たりのTEL。
こういうところに居ると、やはりこういう人間が増えてきて
しまうのでしょう。。
勿論、良い方も中には居るのですが…。

さらに経理部も…

給料明細は遅れて発行、学生バイトから間違えて社会保険料を徴収、
住民税の納付を間違えて行い忘れる、
指摘しても何故かお詫びの言葉も無し。。
腐ったリンゴの話を思い出しますねぇ。

⑥ブラック企業語録

その他の色々な発言をご紹介…

「お前たちは売上を見て泣いたことがあるか?」
会議中に上層部が言った言葉。
そのぐらいの意気込みで、と言いたいのでしょうが、
なんかブラック臭が…。
しかも足組んで偉そうに座りながら言われても…
(実際偉いんですけど)

「ここ1年が踏ん張りどころだ。休みなんて甘えるな」
休みナシじゃないと持たないところは既に破たんしてますよ

「今日は、これが終わるまで帰れないよ」
営業時間終了ギリギリに、私がアルバイトの時代、当時の店長が
言った言葉。。

「権利ばかり主張するんじゃねぇよ」
有給・休日のことを言っているのでしょう。
まずは利益を出せ…と。

「赤字は悪」
まぁ、それはそうでしょうけれど///
人格を否定するような発言をするのはどうかと…
私の店舗はもともと黒字でしたが、
”本社管理費”という謎の費用をどんどん値上げされて
赤字にされちゃいました

「平均年齢が若い」
会社の全体的な平均年齢はかなり若め。
グループ内の別系列は20代店長も多かったです
(私も20代店長…)

「労働組合」
聞いたことないですね~
恐らくなかったのでしょう。

「成績貼りだし」
グループのどこもかしこも、やたらと成績を掲示したがる
会社でした。こういうところもブラックっぽい要素の一つですね…。
もちろん、ビリまで貼りだされて
「ワースト店!」とかそんな感じに大々的に書かれます。

まとめ

まぁ、この程度の黒さはよくあるレベルのブラックだと思います。
私は、なんとかうまく潜り抜けましたが、
ブラック企業で大切なことは
「心までは黒企業に売らない」ということでしょうか。

人間何のために生きているのかー
私は娯楽の為、プライベートの為だと思うのです。

それを失ってしまってはー本末転倒だと思う次第です


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする