独身税は効果ナシ!店員Kが考える独身税の無意味さと問題点

店員Kです!

先日、お店にやってきたおばあさん2人組が、
少子化について語っていました。

話の中で(別に聞いてたわけじゃないのですが、大声だったので)
「独身税でもなんでもかけて、もっと結婚させれば良い!」
みたいなことを言っていました(笑)

独身税?

と、いうことで今日はちょっと脱線して(?)
独身税について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

独身税とは何か?

独身税。聞いたことはありますか?
実際に存在する税ではありません。

店員Kも、そこまで詳しくは無いのですが、
調べてみたところ、2004年に国会などで
(実際に議論されているわけではなくたとえ話として)
話題になっていたようですね。

特に今現在のところ、独身税と言うものが課せられる、という
話はありませんし、今後も独身税などと言うものが
出てくることはないかと思います。

あくまでも架空の存在ということですね。。

何のために?

実際に存在するわけではないので、あくまでも仮定の話ですが
独身でいることに対して税を課し、結婚を促すことで
少子高齢化に歯止めをかけること、
そして独身税で得た税収を子育て支援などに使うことで
少子化を食い止め、結婚する人、子供を育てる人を増やそう、、という
ものですね。

ただ、これは理想論にすぎません。
実際に導入されても、ほとんど効果は出ないかと…。

独身税を導入しても効果ナシ!

独身税、、実際に導入されたら果たして本当に
少子化に歯止めがかかるのでしょうか?

お店で話をしていたおばあさんたちは
「独身税かければみんなポンポン結婚して 子供も増えるよ
 ハハハ」みたいな話をしていましたが、
本当にそうなのでしょうか?

せっかくなので真剣に考えてみました。

結婚できない人

まず、独身税を課したところで結婚できない人は
結婚できないでしょう。

何故なら、単にモテない人は税が導入されたからと言って、
モテないままでしょうから、結婚につながることはないでしょうし、
体質面ややむを得ない事情で結婚できない人も結婚できないままでしょう。

加えて経済的な理由で結婚できない人は、
独身税が課せられてしまうことにより、より経済的に苦しくなり
さらに結婚から遠のくのではないでしょうか?

最初からするつもりがない人

今の時代、最初から結婚するつもりのない人、または興味のない人なども
増えてきているのも事実です。

独身税は課したとしても少額でしょうから
(高額だとただでさえ収入の少ない若い世代がさらに苦しむので
高額ということはないかと)
せいぜい月々数千円程度かと。

その程度の値段であれば、最初から結婚するつもりのない人は、
しないでしょう。。
そのまま独身税を払い続けて、そのまま独身を貫く人が多いのではないでしょうか。

色々な問題点

他にも色々な問題点が指摘されているようですね…
独身者と既婚者の間の溝を深めるだとか、
独身税逃れが横行するだとか…色々あるようです。

確かに、独身者だけに新しい税を課してしまえば、
不平不満を持つ方もいるでしょうし、独身税を導入するのは
あまり良い影響は与えないでしょうね…。

あとは独身税逃れ。
偽装結婚などが増えることが指摘されているようです。
確かに、とりあえず形式上だけでも籍を入れてしまえば
税がかからないのであれば、多くの人が偽装結婚してしまいそうな気も。。

組織の資金源になることも指摘されているのだとか。

結婚に結びつく人はごくわずか!

独身税を導入しても「じゃあ結婚するか」となるのは
ほんの一握りの方だけですよね。。

お金に余裕があって、恋人も居る、
そういう感じの方だけではないでしょうか。

結婚しないパターン別にみてみると

・そもそも興味が無い人
独身税が導入されたところで、興味が出るわけは無いでしょうから、
そのまま何の変化もないまま、もしくは偽装結婚などに走り出すか、
そのどちらかだと思います

・相手が居ない、モテない人
いきなり課税されても相手を作ることができない人にとっては
苦痛でしかないでしょうし、どうにもならないかと…
このパターンの方たちは、独身税に対して不平不満を抱くでしょうし、
さらに結婚から遠のくのではないかと。

・体質的、宗教上の理由など…
体質上や宗教上の理由でそもそも結婚できない方。
税が課税されてもどうしようもないですし、結婚に結びつく可能性は0かと。
差別的な問題にも発展する恐れがありますね。

・経済的に結婚できない人
これは逆効果ですね。独身税が課せられることによって、
さらに経済的に苦しくなり、結婚がますます遠のくのではないかと。
結婚したくてもできない人をより増やすカタチになりそうですね。

まとめ

独身税を導入してしまえば、結婚が増えるどころか、ますます減って行くのではないかと
個人的には思います。

なので、少子化を避ける!ということであれば独身にペナルティを科す、という
考え方ではなく、子供を持っている家庭に○○という考え方の方が良いかも
知れませんね。

個人的には…?

私、店員Kの個人的な感想を…

独身税。
私が独身だったとしても、既婚で子供が居る立場だったとしても、
これは反対ですね…。

どう考えてもプラスに転ぶ方策ではないですし、
これで子供が増えることもないでしょう。

今現在でも、扶養控除等、既婚側で得られる恩恵(少ないと言う声もありますが)も
あるので、その上で独身側に負担を強いてしまえば
不満を抱く人も居るのではないかな、という印象です

子供を増したいのであれば、前向きな施策の方がよさそうですね。。

少子高齢化は?

私の個人的な意見ですが、これはもはや覆すことのできない流れではないかと。
どんなに国が子ども手当だのなんだのしたところで
結婚する気が無い人はしないでしょうし、
そもそも相手が居ない人はそのまま結婚できないでしょうし、
プラスになることはないかと。。

時代の流れとしてある程度仕方のないことだと
諦めるしかないのではないでしょうか。

色々と問題があるのは分かりますが、かと言って
結婚など、無理やりするものでもないですし、
”興味が無い人”や”する気がない人””相手が居ない人”が
いるのは仕方のないことだと思います。

結婚する、しないは個人の自由ですからね…。

無理しなくても…

結婚は無理やりするものではないですし、自由なものです。
したい人はすれば良いですし、
したくない人や好きな相手ができない人は
無理してするものでは無いと思います。

時々、婚活などをして、もう行きたくない!と言いつつ、
続けている人などを見かけますが、
結婚しないと死んでしまうわけではないですし、
別に結婚していないからと言って悪いわけでは無いので、
もう少し余裕を持って行動すれば良いかと。

限られた人生を不毛な婚活に使うのは
勿体無いような気がします。。

勿論、積極的に婚活している方はそれで良いと思いますけど。

今の世の中は子供が居なくても、結婚していなくても、
大分生きやすい世の中になっていると思うので、
したければする、できなかったり したくなかったら しない。
これで良いのでは無いでしょうか。

少なくとも、強制させるのは、止めた方が良いとは思います。

(イヤイヤ結婚した家庭の子供はイヤでしょうし、
下手をすると虐待されるかも…)

最後に…

と、いうことで独身税が実際に登場する可能性はほぼ0%
かと思います。
色々と問題が多すぎですし、何より導入したところで効果も
それほどでないでしょから・・・


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする