用済みになったら処分!店長は使い捨てのゴミ!雇われの実態ー

店員Kです!

今日は元雇われ店長の店員Kが店長について書いていきますね。

会社にとって”店長”とは何なのか。
答えは
言い方は悪いですが
”使い捨てのゴミ”です。

2年ちょっと雇われ店長をやっていて、そう感じます。

会社に実績を認められて店長になった?
自分が優秀だから店長になった?

違います。

使い捨てのゴミとして利用しやすい人間が店長になるのです。

「ちょっと煽ててやれば、アイツは店長になるだろう」
本部社員の考えることなど、その程度の事です。

故に、店長には変な人がたくさんいます。
会社が選ぶのは優秀な人材ではなく、使いやすい人材。
それゆえ、バイトスタッフさんに暴力や暴言を平気で
振るうような”おかしなヤツ”も簡単に店長になれてしまうのですね。

スポンサーリンク

店長になりやすい人間

まず、店長に出世しやすい人間。
それは会社に従順な人間です。
反抗的な人間は実績を上げていても、なかなか店長には出世できません。

何故なら、扱いが面倒だから。会社の不都合になるから。
そして、いざ捨てる時に面倒だから…。

加えて最近は若い人間が店長になりやすいです。
変にプライドもなく、扱いやすいから、若い人間が選ばれるのです。

早い段階から会社にどっぷりつけておくことで、将来会社の犬として
使えるかもしれませんし、若い人間はイエスマンに育てやすいのです。
また、いざという時に切り捨てるのも用意ですからね…。

店長になるコツ

店長になりたいのであれば、ひたすら会社に従順でいることです。
少なくとも、店長になるまでは。
勿論、従順な”フリ”でも大丈夫です。
私は、会社に全然思い入れもなく、尽くそう!などと言う気は
全くありませんでしたが、店長になるまでは大人しくしていたので、
結果的に店長になることができました(笑)

あとは、ひたすらシフトに入り、顔を覚えてもらう事ですかね。

雇われ店長の待遇

雇われ店長はどのような待遇で働いているのか。
勿論、会社によって、状況は違うと思います。
中には良い環境で働いている店長もいるでしょうし、
もっと悪い環境で働いている店長もいるでしょう。

ですが、総合的に見ると、
悪い待遇で働かされている人が多いのです

当たり前です。
会社にとって、店長など使い捨てなのですから。

勤務時間

これはかなり長くなるはずです。
私の場合は朝9時~夜22時。飲食店や家電量販店なんかも
厳しいと聞きますね。

早く帰ろうものなら「店長としての自覚があるのか」などと
言われることも。

そして、多くの会社では残業代も出ていないでしょう。
俗に言う”サービス残業”ってやつです。

正直、この時間働くなら、アルバイトで時給貰ってた方が
稼げるのでは?と思うようなレベルです。

勤務時間はとても長い割に待遇は悪い。
勿論、本社からのねぎらいの言葉などありません。
何故なら彼らは店長と言う名の”機械”を購入しているという
認識ですからね。

休日

店長の休日。これは各自の采配によりますね。
私は週休2日で休んでいましたし、逆に1年間休んでいない!
等と言う店長も居ました。

しかし、休んでいると本社はこういいます。

「この大事な時期に休むなんてなぁ。
 今踏んばらなくていつ踏んばる」 みたいなことを。

ちなみに、踏んばらなくて良い時期は存在しません(笑)
彼らは何かに理由をつけて、休むな休むな言います。

・土日は稼ぎ時だ!
・夏休み、冬休み、春休みは稼ぎ時だ~
・新作の○○が出たぞ!全員出勤
・今は赤字で苦しい月だから店長が出なくてどうする!
・今日は祝日だ。稼げ!

みたいな感じです。

ありとあらゆるこじつけの理由をつけ
「休んでいる場合か!」そう言います。

上層部からすれば”店長など使い捨てのゴミ”
ゴミに休日など必要ない。そういうことなのでしょう。

事実、私も嫌味を言われたことは多々あります

ですが、それでも実績を叩きつけ、週休2日を維持
してました。
ゴミである雇われ店長のせめてもの反撃です。

休んでも文句を言われない方法

これは簡単です。店の売上やその他で実績を出すのです。
私も、ある程度の実績を叩きだしていたので、
休んでいても、何も言われない場合が多かったのです。

会社に貢献した人間は優遇され、
そうでない店長はゴミを見るような目で見られる
厳しい世界です。

給料…

雇われ店長、多くの場合は給料も微妙でしょう。
アルバイトのフルタイムで入った時よりちょっと良いかな…
ぐらいのレベルではないかと。

勿論、残業代なんてまともには出ませんし
(何故か、私の勤務先では”持ち時間”が決められていた)
休日出勤しても、手当などは出ないでしょう。休み扱いです。

そして、ボーナスは微々たるものですし、私の会社の場合、
有給休暇などと言うものも、会社規定上、存在してましたが
実際に使えた人は居ませんでした。

店長は使い捨て!

とにかく、会社にとって、雇われ店長など使い捨てです。
底辺にしか見られていないでしょう。

会議などでは成績の低い店長は容赦なく叱責されます。
それが店長のせいであっても、そうでなくても。。
鬱になった店長もいると聞くぐらいです。

そして、鬱になればもう用済み。
次の店長が本社から派遣されてくるわけです。

何かが起きれば店長のせい

お店で何かが起きれば全て店長が責任をかぶることになります。
それがお店側の責任であっても、本社側の責任であっても、です。

自分がどんなに会社というものに尽くしたとしても、
何かが起きた際には、雇われ店長は真っ先に切り捨てられます。
本社が店長をかばうことなんてありません。
切り離される後部車両のごとく、何かあれば店長が責任をとらされて、
本社はなるべく会社が無傷であることのみを考えます。

必要とされて…いない

店長になると「自分は必要とされているんだ」と勘違いしてしまう
かもしれませんが、そんな事はありません。

貴方の事など、誰も必要としていません。
ただ、利用しやすい人間だから利用されているだけです。

考えてみてください。
適当に煽てて、適当に褒めるだけで一生懸命働いてくれる。

だったら、あなたが上司の立場だったら、褒めるはずです。
例え、心でそう思っていないとしても。

変わりなどいくらでもいます。
貴方が退職したり、何かあって辞めたとしても、
本社はすぐに後任の店長を”作り出して”その店舗に
送り込んでくるはずです。

また、入院などしてしまったそうです。
恐らく、入院が終わった時に、あなたの居場所はもう
その店舗には無いはずです。

いつでも解雇できる

店長など、その気になれば会社はいつでも「捨てる」ことが
できます。そのお店が閉店になってしまえばそれで終わりですし、
急な異動を命じられるかもしれません。
必要無くなったら、どうでも良い部署に飛ばすことも朝飯前です。

雇われ店長になっても、その店は自分のものではありません。
あくまで貸してもらっているだけです。
そして、いざとなれば雇われ店長のことなど、会社は簡単に処理
できてしまうのですよ。。

雇われ店長に異動はつきもの!

雇われ店長は何かにつけて、異動させられます。
私の知る店長は東北→九州に異動、そしてすぐに閉店させられ東京、
などという店長も居ました。

常に会社に振り回されるので、プライベートなど雇われ店長には
皆無な状態です。

ましてや近所付き合いや、その土地での友人つくりなど出来ないでしょうね。
すぐに異動になるのですから。

雇われ店長は偉くない!

時々、雇われ店長になって、偉くなったと勘違いする人も居ますが、
それは間違えですね。

「都合の良い人間に」本部が選んだだけの話です。
貴方なら都合よく利用できると考えたのでしょう。
私も、都合よく見えたから、店長へのステップアップの話が
出たのだと思います。

雇われ店長は社会的地位の低い仕事です。

未来はありません。いつでも切れます。
そして、待遇も良くありません。
その上、勤務時間だけは長く、仕事は激務。

雇われ店長である限り、安定した生活を得ることなどできませんし、
安心して家庭を作ることもできないでしょう。

「店長と言う仕事はその場しのぎに過ぎない」

これが私のたどり着いた結論ですね。

店長なんて、一生やるものじゃありません。

年を取れば、捨てられますし、感謝もされません。
都合が悪ければ、処分され、補てんもされません。

雇われ店長とはそういう厳しい世界です。

なので、店長昇進の話が来たときには
「自分が使い捨てにされる」ことを覚悟した上で、
引き受けるか、それとも断るかを考えていきましょう。

最後にもう一度、
「雇われ店長は使い捨てです」

信頼されている人間が選ばれるわけではありません。
優秀な人間が選ばれるわけでもありません。

「会社にとって都合の良い、
扱いやすい道具になり得る人物」が
選ばれるのです。

人ではなくーモノ。
モノではなくー使い捨てのゴミ。

その程度にしか雇われ店長は思われていません。

きっと、私もそう思われていたハズですー。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする