バイト先店長から殴られた!店長から暴力を受けたらどうすれば?

店員Kです!

時々、上司・店長から暴力を受けている!なんて話を聞くことがあります。
ミスをしたら殴られた、遅刻したら殴られた・蹴られた。
ひどい場合だと、何の理由もなく殴られた…などなど。

私が雇われ店長をしていた時代にも、
アルバイトスタッフさんの一人が言ってました。
「前のバイト先では蹴られたことがある」…と。

今回はそんな上司や店長からの直接的な暴力を受けたとき、どうすれば良いか。
そして、暴力をなくすことはできるのか、
そのあたりについて書いていきましょう。

なお、言葉の暴力(暴言)については以前に別の記事でまとめましたので、
「暴力は受けてないけど…暴言が…」という方は↓の記事、
バイト先店長の暴言に悩む皆様へ!元店長の店員Kが語る対処方法!
ご覧ください!

スポンサーリンク

店長・上司からの暴力 悪いのは…

店長・上司から暴力を受けた場合。
悪いのは「100%暴力をした側」です。

よく、「自分がミスをして迷惑をかけたのだから…」と思い、萎縮してしまう
人も居るみたいですが、それは間違いです。
そういう怯えた態度が「暴力店長」をさらに思い上がらせるのです。
暴力に対しては毅然とした態度で対応しなければなりません。

理由はどうであれ、人に暴力をふるった時点で
悪は100%、その暴力をふるった人間です。

なので、自分が悪いのだから…などと、遠慮しないでください。

…で、これが大事なことですが、
「1度暴力を振るうものは繰り返す」 です。

「今回は、自分も悪かったし…」ではなく、行動するのであれば、
早めに行動しましょう。

そのうち、逃げられない雰囲気を作り出されて、
貴方の身も心もダメになってしまいます。

暴力をやめさせることはできるのか?

暴力を振るう店長に暴力をやめさせることはできるのか?

答えはNoです。

暴力をふるう人間はもともとそういう性格です。
そして、店長ともなれば、最低でも20歳は超えているハズ。

20歳を超えた人間の「基本的な部分」を治すことなどできません。

だから、1回は収まっても、何かがあれば再び暴力を繰り返すのは
目に見えています。

「暴力をふるう人間は、死ぬまで暴力をふるう」

これ、大事な事です。
「店長もいつかは分かってくれる」などと思っている人は
甘いです!なおりません!ゼッタイに。

暴力をなくすためには…

もしも、あなたがその店長のもとで、暴力をなくしたいのなら方法は一つ。

「あなた自身がその店長のお気に入り」になることです。
これ以外には方法はありません。

お気に入りになれる雰囲気がないのであれば、諦めて別の手段を使いましょう。

ただし1つだけ。
あなたが店長のお気に入りになる=暴力を振るわれなくなる というのは
暴力が無くなるわけではありません。

店長や上司の”暴力の矛先”は別の部分、
つまりあなた以外の誰かが代わりに犠牲になるということです。

暴力をふるう人間が、暴力から足を洗うことはできません。

逃げるのが一番良い!

バイトなど、この世の中にはいくらでもあります。
何もわざわざ、そんな暴力をふるう店長のところで
働く必要などないのです。

バイトを辞められる状況にあるのであれば、さっさと辞めてしまい、
次のアルバイトを探してしまうのがベストです。

が…、アルバイトを簡単に変えられない事情や、
店長が怖くて、辞めることもできない…

そんな場合は”別の手段”を使うしかありません

暴力を受けた場合の対応

では、どうすれば良いのか。
そのまま泣き寝入りするのか?

答えは否です。

暴力店長・上司に対して絶対にやってはいけないこと、
それは泣き寝入りです。

黙っていれば相手はつけ上がります。

なので、こちらも相応の対応をしなくてはなりません。

①会社に相談する

まず、会社に相談する、これは簡単にできますし、
暴力を振るわれたのであれば、相談してみるのは良いと思います。

ただ、証拠が無ければ会社もなかなか動かないでしょうから、
証拠を用意することが大切です。

例えば怪我をしたのであれば、病院等で”診断書”を貰う事ができますし、
そうでなければ、スマホなどで会話の様子などを録音しておくだけでも
ある程度の効果はあるはずです。

とにかくまず会社に相談してみましょう。

場合によっては、店長に厳しい指導が入ったり、
店長自身が降格・移動になることも考えられます。

そうなれば、店長も無事ではすまないでしょう。

ただし、暴力をふるう店長を野放しにしているような会社は
”ブラック企業”であることも考えられます。

相談しても、何も動かない可能性もありますし、
最悪の場合、逆にあなたが悪にされてしまう可能性も0では
ありません。

なので、会社の反応が好意的でない場合は、
この方法で解決するのは諦めましょう。

②診断書を貰って警察に行く

会社も頼れず、店長の暴力は続く。
そんな場合は、怪我をした際に医療機関で受診して、
「診断書」を貰いましょう。

それを手に警察署へ行くのです。
そして、被害届を出す。

面倒ではありますが、これが一番確実な方法です。
ここまでされて、大きな態度をしている店長はなかなか
いないかと思います。

恐らくは、店長自身が想像しなかった事態に事が
発展して、暴力店長本人も狼狽えるハズです

大抵の場合、大事にしたくない会社や店長側から
示談金、というカタチで解決にはなると思います。

で、、この方法で注意したいのは
「必ず警察への被害届」が先!ということ。

「警察に言いますよ?言いますよ?
 嫌なら示談金を。」

みたいなことを個人の判断でしてしまうと、
逆に自分が恐喝していることになってしまいかねないので、
その点は勘違いしないように気を付けましょう。

③どうしても行き詰ったら…

店長からの暴力。辞めることもできず、
被害届を…というのも怖い…

そうなってしまったら、もう方法は一つです。

退職願を置いてバックレです。

本来はダメな事ではあるのですが、
暴力を振るわれているというのなら話は別です。

ただし、バックレする前に、暴力を受けている証拠
(音声でも診断書でも)
は用意しておきましょう。

バックれの件で、万が一何か言ってきたときのために
必要です。(大抵な何も言ってこないとは思いますが)

また、辞めた後に家に乗り込んできた!
などという場合は遠慮なく警察を呼んでください。
正直なところ、アルバイトスタッフさんの家に乗り込んでくるような
店長にまともな人間は居ません。
これは断言します

大抵の店長は
「お前の家に行くからな」などというのは脅しで、
実際に来るような人はまずいませんが、
ごくまれにおかしな店長もいるので、
そういう場合は通報して下さい。

実例…

私の経験上、暴力をふるう店長はあまり見たことはありませんが、
それでもやはり居ました。

飲食店店長から蹴られた、という旧勤務先のアルバイトスタッフさんの
話もそうですし、

私自身、他の店長が腕を強く握ってるのを見たことがあります。

どんなに小さなことでも、暴力は暴力。
そして職場での暴力は罪でしかありません。

暴力を振るわれたら、怖いとは思いますが、そのまま居ると、
ズブズブと黒い世界へと沈んでいってしまいます。

逃げるか。訴えるか。
これが大切なのです。

まとめ

何度も言いますが、理由は何であれ、職場で暴力をふるうのは
絶対にNGです。

一度でも暴力をふるった店長・上司はそういう人間です。
何をしても治りません。

なので、あなたにできるのは「逃げること」もしくは
「訴えること(本社か警察)だけです。

暴力をふるうような責任者の下で苦しむ必要はありません。
逃げるか、撃退するか。
道は二つに一つです。

暴力職場で我慢する。
これは絶対にやってはいけないことですよ!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする